カクレクマノミには再会できず、メタボリアンに感動の再会!?(笑)

c0193396_14475892.jpg

昨日、沖縄に帰ってきました。
もうすぐ梅雨が明けそうな気配!?。
窓の外には、青空ににゅきにょきと入道雲が立ち上っています。
もう十分に真夏の空。
それにしても風がやけに強い。これは中国大陸に上陸して熱帯低気圧になった台風3号の影響だな。

c0193396_1449021.jpg今朝、さっそく沖縄にいる時の日課にしている早朝水泳に行ってきた。
いつも一緒に泳いでいる早朝水泳歴十数年のオヤジスイマー(失礼・笑)と二週間ぶりに再会。
春も夏も秋も、そして冬も。一年中泳いでいるこのメタボリアン・スイマー(重ねて失礼)は、年間360日は泳いでるんじゃないかな。だから六十代も半ばなのに健康的なんだな。見習わなくちゃね。

僕も年間を通して泳ぐようになって二年半、寒い冬の海も二度経験した。
沖縄といえども、さすがに冬の海は“ひえぇ〜”と声を上げちゃうほど冷たい。
でも僕は冬の海が嫌いじゃないんだよね。なぜかというと、海水の透明度が夏とは全然違うから。
冬の海は、ホントーに透き通っている。めちゃキレイだ。


c0193396_14501158.jpg今朝は、東京に発つ前に見つけた熱帯魚が群れで遊泳しているポイントに行こうと思った。
ビーチから直線距離にして50mぐらいの所にある珊瑚礁のポイント。
その近くの紫色のイソギンチャクの中に隠れる数匹のカクレクマノミを見つけていたからだ。
こんなにビーチの近くにいるの!!??と、見つけた時はチョー驚いた。

でもそのすぐそばの珊瑚礁には、数えきれないほど色とりどりの魚が…。
きれいな青、黄色、白と黒と黄色の縞模様、蝶々魚も、エンゼルフィッシュも、いる!
青空を映したブルーの海に大小様々な熱帯魚たちの優雅に泳ぐ姿に感動した。

c0193396_14513663.jpgでも今日は…風が強いせいで波が高く、海水も濁っていて、まった見えず。ザンネン。
ま、こんな日もあるよね。
明日また行ってみよう。

そういえば、沖縄本島のシュノーケルやダイビングのメッカ、真栄田岬にもずいぶん行ってないし、カヤックも海に出してないなぁ。少し時間ができたら、絶対に行こう!



c0193396_14544084.jpg今週の土曜日(27日)は、年に一度の「うたの日カーニバル」だ。うたに感謝する日。
BEGINが提案したこの「うたの日」も今年で8年目。一昨年からは無料ライブになり、ピクニック気分で歌を楽しむ一日になっている。今年はBEGIN、THE BOOM、All Japan Goith、多和田えみ、しゃかりのほか、明石家さんまやガレッジセールもやって来るという。カーニバルの最後はみんなでカチャーシー!で終わるんだろうな。僕も行ってみよう〜っと。  ▲07年の「うたの日カーニバル」の模様▲


(PS) 6/21馬場俊英のライブ@日比谷野外音楽堂を観てきた。小雨まじりだったが、まるで優しいシャワーのような雨はかえって心地よくすら感じられた。元気をもらえるエールソングも、普段の日常を歌った曲もあった。7/1に発売される新しいアルバム『延長戦を続ける大人たちへ』の中からも何曲か歌っていた。そして懐かしい「鴨川」も歌ってくれた。この歌を聴くと、いつも涙が出そうになるのはなぜなんだろう…。
ココロがあたたかくなる素敵なライブをありがとう。

c0193396_14551870.jpg

[PR]

by mahalohilo | 2009-06-23 15:05 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://mahalo39.exblog.jp/tb/11807816
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 島特有のスコールが気持ちイイ。... 真夏の太陽を浴びながら爆音で聴... >>