沖縄でLaugh & Peace。もっとゲンキにな〜れ、オキナワ

c0193396_11143045.jpg

一昨日、沖縄に戻ってきました。
台風22号の影響で、風が強く、思いのほか、さぶ〜。
今月は東京滞在が長かった分、久しぶりの南国陽気を期待していたので、ちょっとガッカリ。
空港まで妻とファルが迎えにきてくれた。
ひとしきりファルに顔をぺろぺろなめられる大歓迎にあった(笑)。

c0193396_11145056.jpgその後に、「アウトレットモールあしびなー」に向かった。
妻から、何日か前にクリスマスイルミネーションの点灯式があったみたいだよ、と聞いていたので見たいなと思ったからだ。
行ってみると、あれれ。各ショップのクリスマスデコレーションもほとんどなし。イルミネーションもこじんまりとシンプル。観光客の人たちもほとんどいなくて、なんか全体的に活気がなくてさみしげだった。

不況のせいとは思いたくないが、やっぱりここにも影響が出ているんだね。
観光立県と銘打ってるのなら、観光客が集まるこういう場所こそ、もっとハデハデにクリスマス〜!っていうディスプレイをしていてほしかった。そう思ったのでした。
c0193396_11151435.jpg


昨日は、来年3月に行われる「第2回沖縄国際映画祭」の開催発表会見に行ってきた。
「沖縄国際映画祭」は、Laugh & Peace(笑顔と心の安らぎ)をコンセプトに、映画・映像と通して国境や人種を超え、万人のココロが通じ合う映画祭を目指し、お笑いの老舗「よしもと」が主軸となって企画運営。今年3月に第1回を北谷で行い、大盛況だった映画祭だ。

c0193396_11152977.jpg

そういえばこの映画祭のコンペティションに参加していた「鴨川ホルモー」(山田孝之主演)や「BABY BABY BABY!」(観月ありさ主演)、特別招待作品「CROWS II」(小栗旬主演)、「おっぱいバレー」(綾瀬はるか主演)、「BURNAFTER READING」(ジョージ・クルーニー、ブラッド・ピット主演)など、その後のヒット作品も多数この映画祭では上映されていたな。

c0193396_11223234.jpg昨日の会見ではガレッジセールや山田花子、しずちゃん(南海キャンディーズ)ら、よしもとの芸人たちも参加。宜野湾市長らにまじって、ちょっとキンチョー気味に(笑)抱負を語っていた。

第2回は、来年3月20日から28日までの予定で開催されるとか。メイン会場は、沖縄コンベンションセンターを中心にした周辺エリア。
c0193396_1122503.jpgいつも僕らが泳いでいるトロピカルビーチにはステージが設置され、よしもと芸人たちによるお笑いライブや、ミュージシャンによる音楽ライブが行われるという。

c0193396_1123279.jpgまたサブ会場として、那覇の国際通り周辺や桜坂劇場、北谷町などを予定しているようだ。


この映画祭のように沖縄発信のイベントが企画され、オキナワがもっと元気になればいいな〜。ちょっとさみしげな「あしびなー」を見て、そう感じたのだった。
[PR]

by mahalohilo | 2009-12-02 11:35 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://mahalo39.exblog.jp/tb/13123638
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 沖縄で、ハワイのリゾート気分を... ポカポカ陽気に誘われて、今日は... >>