沖縄のきれいな海を子供たちにも残したい。いつまでも守りたい…

c0193396_10523975.jpg
all photos by mahalohilo

毎年ゴールデンウィーク恒例の那覇ハーリーが終わった途端、
沖縄は昨日から梅雨入りしました。
梅雨と聞くと、これからずーっと雨模様の日が続くのかな、と思いがちだが、
おじぃやおばぁによると、沖縄では梅雨の方が晴れる日が多いさぁ、とのこと。
確かに、1日中雨が降ることはないかも。
ざざっとスコールのように降るか、午前中はしとしと雨、午後からは晴れ、
なんてもことも多いにある沖縄だから。

c0193396_111292.jpg雨が降りだしたら、軒先を借りて、あがるまで雨宿り。
そのうちあがるさぁ、というのが沖縄流です。
結局は、なんくるないさ〜(=なんとかなるよ)が
ベースにある島なんですね。

ちなみに梅雨入り初日の昨日は、26度のあっつい晴れ日。
今日は一転して、朝からしとしと雨です。
風が少しある。その風が、もやぁっと生暖かい。
空は雨雲が覆っているけど、こんな風のある日には雲が流れて、午後から晴れ間が見え隠れするかもしれないな。
今日は原稿書きで部屋にカンヅメだから、雨でもいいか。


c0193396_10531143.jpgc0193396_10534058.jpg普天間問題が全国レベルで取り上げられるようになった。国外・県外移転を願う県民の想いがこれまで全国に伝わらなかったことを思えば喜ばしいことだが、また県内移転という最悪のシナリオに向かっている。毎日毎日頭上を飛び交うヘリコプターの爆音にさらされ、いつ大事故になるかもしれない恐怖の中で生活する宜野湾市民。小学校の真上をすれすれに着陸する軍用機。いつになったらこの危険が取り除かれるのか。今回の政権交代に期待した県民の願いは、また裏切られるのか。
もうこれ以上、基地は必要ない。海をこれ以上汚染してほしくない。
海兵隊を受け入れたいと申し出ているグアムやテニアンなどの国外に即時出ていってほしい、と県民は願っている。

それでも抑止力という言葉に惑わされ続ける政府。居心地の良い沖縄に居座りたい米軍。彼らが沖縄から出たくない理由は、沖縄は気候はいいし、環境もいい。さらには日本政府から「思いやり予算」という名の巨額のカネまで米軍に支払われているからである。米軍人の住居費や水道光熱費などのすべてを、我々が支払う日本の税金でまかなってくれるこんなにイイ国、島から出て行きたくないと考えるのはあたりまえだろう。

それにしても、この「思いやり予算」が日本政府から支払われていることを、米軍上層部は一般の軍人は知らせていないらしいのだ。ひどい話である。だから一般軍人は、「カネももらわずに自分たちは日本を守ってやってるんだぞ!」という意識を持ち、それが態度にあらわれているのである。

まずは「思いやり予算」を廃止することを考えるべきだと思う。
そして、地元が望んでいる国外の地に即刻移転してほしいと願う。

2004年、宜野湾市の沖縄国際大学にヘリが墜落した事実を、もう一度思いだしてほしい。
普天間基地周辺の住民にとって、危険は常にとなりあわせなのだ。
ヘリが墜落した日、我が家の頭上を飛び交っていたのが墜落したヘリだった。
バタバタとうるさいローターの音が今でも耳に残っている。
朝から上空を旋回していたヘリの音が急に聞こえなくなったなと思った時、基地の反対側にある大学に墜落していたことを後で知った。

沖縄に暮らしているからこそ知る事実。恐怖。米軍人の破天荒な振る舞いや態度。この島にいなければ、わからないことだ。だからこそ一刻も早くこの負担を取り除く国外移転を県民は望んでいるのである。

それにしても政府の人たちが普天間基地を視察する時は、なんで休日なのだろうと思う。
そんな日にはヘリや軍用機は飛んでいないのに。静かな普天間を見に来てもなんの意味がないと思うのだが…。

c0193396_10541384.jpg

このきれいな海を守りたい…。
[PR]

by mahalohilo | 2010-05-07 11:15 | 沖縄 | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://mahalo39.exblog.jp/tb/14327542
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by のり at 2010-05-09 00:20 x
お久しぶりです。
ファルとは感動の対面になりましたか?
そちらは梅雨・・・こちら札幌はようやく桜が咲き始めてきたばかり。
遠いですね~。そして毎日のように普天間のことがニュースで流れていますね。。。難しいことはわかりませんが、口先だけの言葉って人には伝わらないのにな・・
と思ってみていました。
沖縄の海ってほんときれいですよね~
Commented by mahalohilo at 2010-05-09 09:56
のりさん、こんにちは。沖縄は今日も朝から雨になりました。札幌は桜の季節ですか。北海道は確か梅雨がないんですよね。これからイイ季節ですね。普天間問題はまた米国の思い通りに進んでいきそう。NOといえない政府の弱腰に県民の怒りはピークに達していますよ。基地移設先にあがったいる辺野古は、本当にきれいな海が残る場所。GLAYの某メンバーも家族で訪れるという素敵なホテルのすぐ近く。この自然が壊されたら観光県と銘打っているこの島の意味がまたひとつ失われると思う。言ってることと逆行してるよなぁ。なんで、来てほしい!と懇願しているテニアンやサイパンに移転した方がいい!という政治家がいないのか。米国のいいなりなんだよなぁ。
Commented by のり at 2010-05-09 21:56 x
テレビのコメンテーターの方とかがいろいろとテレビで話すことってなるほど~って思うことがたくさんあるのですが、それが実現されることってなかなかないですよね。いいことなのに実現されない・・・口で言うほど楽じゃない世の中なのでしょうが、みんなの意見を集めて本当にいい決断をしてくれることを望みます。
↑のブログを見てちょっとびっくりしました。
そんなに近くに米軍の人たちがいるんですね・・・・
Commented by mahalohilo at 2010-05-09 22:41
のりさん。僕も沖縄で暮らすようになって知ったことがたくさんあります。観光客として来ていた時は、ただ気持ちのいいリゾート地だなと思っていたけれど、実際暮らしてみると米軍人がらみの事件も多いし、それが中央までニュースとして届いていない事実を知りました、最近ですね、全国放送で沖縄の基地問題や米軍人の事件が伝えられるようになったのは。日本にある基地の90%以上が、この小さな島に集中していること自体、異常なことだと思います。戦後、今までずっと沖縄県民がこの差別をしいられてきたのですよ。他県が基地を受け入れたくないこともわかります。だから国外に撤去してほしいと県民は願っているのです。その心からの叫びも政府は無視して、県内移設を強行しようとしています。辺野古に移るということは、また新たな基地を作るということです。どこまで…。沖縄の人は性格的に強く言い返せないことを政府の役人はわかっているのかもしれませんね。心配です。

<< 激変する北谷町砂辺エリアには米... ポッカポカ陽気に多摩川散策ウォ... >>