Do As Infinity LIVE TOUR 2010〜ETERNAL FLAME〜@アミュー立川

只今、上京中です。

梅雨に入った沖縄だけど、一昨日、昨日と晴れてエアコンつけるほどあっつーい日だったので、東京は少し涼しく感じます。
でも僕はこの時季の東京が一番好きかな。
朝晩が涼しくて、昼間はちょうどいい気温だから。

c0193396_1652429.jpg昨日、さっそくライブを観に行ってきた。
再活動後、取材をしているDo As Infinityのライブ。しかも地元に近いアミュー立川でのライブだった。
たまたま上京時とライブのタイミングが重なり、実家の近くというのでマネージャーのH氏に連絡して急遽観に行くことにしたのだ。

空港から一度実家に行き、チャリで会場に向かった。心地よい風に吹かれて15分、会場に着くと、すでに人でいっぱいだった。

今回のDo Asのツアーの東京公演はNHKホールを除けばここ立川ライブだけ。すでにソールアウトのNHKのチケットが手に入らなかった人がこの公演に流れてきたのかもしれない。

アミュー立川にライブを観に来たのは何年ぶりになるんだろう。まだ立川市民会館と呼ばれていた時代。最後に観たのは尾崎 豊。しかも彼が日比谷野音でPAからジャンプして足を骨折したツアーの時だったから、いつ以来かは推して知るべし!?

いやー、久しぶりに入った会場に、変わってないなぁーというのが最初の印象だった。

そしてライブはいうと、ツアー3本目ということで、まだ修正や確認しながらやっている感じはぬぐえないけど、幅をもたせた選曲で、新旧のファンも満足できる内容だったと思う。
6/16にリリースされるニューシングル『∞2』からの新曲も2曲披露していた。なかでも伴ちゃんの意向で急遽ツアーメニューに組み込んだという「HARUKA」は胸をうつ曲だった。

なにより伴ちゃんがライブをココロから楽しんでいる姿に、観客も途中から気持ちが溶けて、中盤以降はステージと客席が一体化していた。亮くんも、「今日は、お客さんたちと自分たちの気持ちの波が一緒だった」と言っていたしね。

ただ伴ちゃんが前半から、まったくセーブしてない全力のボーカルに、ノドは大丈夫なのか、最後までもつのかな、とちょっと心配だった(笑)。結局、そんな心配はまったく無用だったけれど。

ライブ終了後に楽屋で会った伴ちゃんは、「明後日から地方です。楽しんできまーす」と笑顔で言っていた。アルバム曲や新曲がライブでさらに練られて、熟成した姿を、今度6/20のNHKホールで見せてもらおうと思っている。

会場に来ている人たちも、みんな幸せそうだった。
地元に来てくれて、Do Asに感謝です。

c0193396_2337113.jpg

[PR]

by mahalohilo | 2010-05-14 15:53 | music | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://mahalo39.exblog.jp/tb/14377805
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 春ー at 2010-05-22 00:13 x
沖縄にお帰りでしょうか・・。
私はといえば、GLAYさんのチケットをとることに 必死になっておりました。(汗)
基地問題のことも コメントするには言葉がみつからず・・すみませんでした。ただひとつ 私個人として言えることは、人を人間を信じて、自分の命は自分で守る。自分で守れない部分は・・えとせとら・・ですか・・。(基地はいらない派)
怖い人がいるのも 事実ですから 難しい問題ですね。

あっ GLAYさんのチケット 自力ではとれませんでした。
が、G友さんが誘ってくださいました!(今日の誕生日プレゼントになりました)mahalohiloさんのどれくらい前を歩いているのでしょうか 私(爆笑)
また 落ち着きましたら写真 お願いいたします。彼女のも!!
これは 余談なので 承認しないでください(ぺこり)
Commented by mahalohilo at 2010-05-22 10:43
春一さん、イイG友さんですね。この誕生日プレゼント、サイコーです。僕のかなり前を歩いてますよ。僕はまだしばらく観れそうにないから。Gライブ観たら報告してください。よろしく。明後日、沖縄に帰ります。

<< 虹の橋の向こうで…きっと大きな... 激変する北谷町砂辺エリアには米... >>