偶然に見つけたEric Kazの28年ぶりのソロCD

c0193396_18143291.jpg


i Podを手に入れた。
なにをいまさら!?と言われても仕方がないけど、なぜか今まで必要としていなかったのだ。
音楽はMDで聴いていたし、インタビューもMDが便利(原稿に使うところにポイントをつけて、後でそこだけを聞き直せばいいから)なので、MDレコーダーが一台あれば、すべて間に合っていたからだ。
でも、使い始めると、やっぱりi Podは実に便利だった。
デスクの上のMacに接続した途端に、i Tuneに入っている音源がすべて自動的に取り込まれた。これまでレギュラーで取材しているアーティストの音源は一気にすべて収められ、これからは取材に向かうまでに既発売の音源を聴き直すことができる。
今までのように、いちいちMDに録音しなくていいのも便利だ。
それになんといっても小さくて軽い。上京中の日課の多摩川ウォーキング中も手軽に持っていける。
さっそく今日は、i Podを聴きながらウォーキングを楽しんだ。

c0193396_18112937.jpg今日聴いたのは、山中さわおの『ディスチャージ』(6/23発売)。
the pillowsのフロントマンが満を持して発表する初のソロアルバムだ。
全編英語詞で、サウンドは実にポップ。

初っぱの「Music Creature」で、〈さよなら最初のギター グッバイ懐かしのロックスター(訳)〉と始まるから、ネジレてるのかと思いきや、〈俺はただ歌うだけの生き物〉と音楽家としての自己確認からアルバムは始まっている。

それは3曲目の「DAWN SPEECH」で、より明確に綴られる。すぐに口ずさめそうなメロディと、超ポップなサウンドで彩られたこの曲では、〈僕はあらためて音楽が好きだ これ以上にフィットするモノがあるだろうか? たぶんないとだろう 見つからないだろう〉とか〈あの初めての熱い衝撃 わかるだろう? もう眠れないんだ 限界までギターを弾くよ〉と歌う。
これは個人的にはアルバム中で一番好きな曲。途中のさわおのギターソロがなんとも言えずシブい!

ほかにも遊び心にあふれたアレンジの「Deep Story」とか、ギターのアルペジオで歌われる「Birthday」もイイ。ポップスって、ロックって、音楽ってこんなにも生活に密着していたんだと実感させてくれる珠玉のアルバムに仕上がっている。

最小人数のロックなアプローチで、ポップなバンドサウンドを追求し続けてきたpillowsの基本姿勢は残しながらも、他のアーティストとのセッションから生まれる化学反応を楽しんでいる感じ。元エレルガーデンの高橋宏貴やThe Birthdayのクハラ、チャットモンチーの福岡らが参加。

c0193396_1825259.jpgそして、ほかにウォーキング中聴いていたのは、Eric Kazのアルバム『1000年の悲しみ(1000 years of sorrow)』。今回の上京中に中野のレコードショップで偶然見つけて、即買いしたCDだ。

The Eaglesをはじめとする70年代アメリカ西海岸系、そしてOrleansなどのウッドストック〜ベアズヴィル(レーベル)系が好みの僕にとって、Eric Kazや後に彼が在籍したバンド「American Flyer」は、まさに僕の音楽のストライクゾーンのド真ん中に位置するアーティストだ。

彼がこれまで発表した2枚のソロアルバム『If you're lonly』('72年)『カル・デ・サック』('74年)、American Flyer時代の『アメリカン・フライヤー』『スピリット・オブ・ア・ウーマン』、そして元ピュア・プレリー・リーグで、American Flyerのメンバーでもあったクレイグ・フラーとのデュエットアルバム『クレイグ・フラー/エリック・カズ』も、すべて僕のCDラックに大切に収まっている。

c0193396_18541896.jpgその彼が、2002年の時点でソロ名義としては28年ぶりとなるアルバムがこの『1000年の悲しみ』だ。ほとんどがピアノ弾き語り中心。デモ音源のようなシンプルさだが、メロディも歌もしっかりEric Kazしていたのが、うれしかった。
28年ぶりだけど、その時間をまったく感じさせないレイドバックさ。元々、彼は昔からレイドバックした音だったけれど(笑)。変わらぬことが彼のアイデンティティなのだ。

American Flyerのアルバムにも入っている「Gambling Man」や「Such A Beautiful Feeling」も収録。特に「Such〜」はデモヴァージョンとベアズヴィルスタジオでの2ヴァージョンが収められている。それに3曲のライブ音源もある!

信じられない偶然の出逢いに、歩きながらニコニコ顔だった、かも(笑)。

(PS)それともう1枚、中野でザ・ビートモーターズの1stアルバム『気楽にやろうぜ』もゲットしたぜぃー!

c0193396_18123441.jpg

[PR]

by mahalohilo | 2010-06-19 18:28 | music | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://mahalo39.exblog.jp/tb/14618897
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 春ー at 2010-07-19 12:07 x
いかがお過ごしでしょうか?
やっとこちらも梅雨があけたもようです。
にいにいぜみの鳴き声に、あぶらぜみとひぐらしも混じって「夏かぁ・・」ってな感じです(笑)
今GLAYさんは ホールツアーの終盤です。私はといえば、八戸まで遠征、パワーもらってきました。冬を迎えるにあたって(??ちと早い?笑)アリーナも~~と 密かにたくらんでいます。
夏もこれから本番です。毛皮を着ているファルちゃん、いっぱい水浴びして 乗り切ってくださいね。
音楽に関係ない話ですみませんでした(汗)
Commented by mahalohilo at 2010-07-19 14:38
春一さん。梅雨明けの連休、ゆっくりとされていますか?
沖縄は昨日も今日もあまり天気がよくありません。今、窓の外では強い雨が降っています。観光で沖縄に来た人はちょっとかわいそうだな。青い空と海を期待して来ていると思うから。でもこんな日もまた静かでいいかも。考え方次第ですよね(笑)。ファルは机の下でのんきに寝てます。

<< 2億5千年前の地球へタイムトリップ! 大波打ち寄せる嵐の海のようなザ... >>