『MONGOL800 ga FESTIVAL What aWonderful World!! 11』

c0193396_17502121.jpg
    ▲ この草むらの向こうがモンパチフェスの会場 ▲


モンパチ主催の島フェス『MONGOL800 ga FESTIVAL What aWonderful World!! 11』について、少し書いてみたいと思う。

開催されたのは、10月1日と2日の2days。
開催地は、沖縄県読谷村の自然ビーチ沿いに位置する「ヨミタンリゾート敷地内」の特設会場だった。

僕は2日目に観に行った。
会場に着いたのは午後12時すぎ。たくさんの人たちが会場に向かって歩いていく。
僕が歩いていると、眼の前にHYマネージャーのNさんがいるではないか。不思議な偶然。おたがいに「おお」という顔をしていたはずだ。「今、英之がタクシーで着いたので迎えに…」というNさんの言葉が終るか終らないうちに、タクシーがスタッフ駐車場に到着。車内の後部座席に座る英之に、「おたがいに楽しもうね」と告げて、僕は会場に向かったのだった。

歓会門のような体裁の赤瓦の門を抜けると、海に向かって左右に「ハブステージ」と「マングースステージ」が設けられている。まだオープニング前だというのに、かなりの人が集まっている。

c0193396_17571974.jpg

天気は曇り。野外フェスの場合は天候が楽しさに影響する。頭上にまだ雨雲はないから、しばらく雨の心配はなそうだな。

会場のすぐ横に広がる海からは湿った海風が吹き流れてくる。この読谷の自然ビーチは、僕らがよくファル娘を泳がせにくる大好きな場所だ。

僕とかみさんはハブステージの「リラックスゾーン」の海の方にシートを敷き、のんびりモードでライブを楽しむことに決めた。

c0193396_17594753.jpgまずは腹ごしらえ。反対側のマングースステージで始まった「HAWAIIAN6」の演奏を聴きながら、かみさんの手作りサンドを完食。
そうこうするうちに、こちらのハブステージでは「HY」のライブが始まった。
英之も泉も俊も信介も悠平も、みんな元気だ。ここ最近は新作のプリプロでスタジオに詰めていた環境から一気に解放的な野外ライブである。思わず笑顔になるのも当然だよね。
新曲も演ってくれた。「ホワイトビーチ」も演ってくれた。
琉球國祭り太鼓との「時を越え」は、やはり胸をうつ曲だった。

その時、スターダスト・レビューのオフィスのO社長から携帯があった。
「今、那覇空港に着いたので、これから会場に向かいます」とのこと。昨夜、静岡でライブを終えた後、そこから沖縄に入ってきたのだという。彼らのタフさと、仲間から誘われたら何をおしても出演しようという心意気には、ホントに脱帽だ。

マングーズステージの「locofrank」、そしてアコースティックギターをかき鳴らしながら歌う「細美武士」のライブの後で、バックステージに行ってみることにした。
すでにHYメンバーの姿はなかったが、もうスターダスト・レビューのメンバーたちが到着していた。みんなリラックスモード。先日東京で取材したスタレビのサポートメンバー2人が結成したユニット「INSIDE OUT」の添田さんと岡崎さんと2週間ぶりに再会。
アコギを抱えて楽屋から顔を出している要さんに、「さすがにベテラン勢は余裕ですね」と言うと、大きな笑顔を返してくれる。もうその笑顔が答えだね。

しばらく要さんと話していると、隣りの楽屋から小田和正さんが姿をみせたので、話に行った。
「今週はツアーで大阪、東京ドームをやって、ここに来たんだ」「今年沖縄に来たのはこれが三度目。アルバムのレコーディング、ツアーで宜野湾野外をやって、今回。沖縄はやっぱりいいね」と言いながらブルーシールアイスをほおばっていた。

スタレビのステージは要さんのMCに会場が爆笑。「スタレビはヒットというヒットはないけど、知ってる人は、嗚呼この曲ねと思ってほしいし、知らない人は新曲と思って聴いてください」と言って「木蘭の涙」を歌った。最後の曲を歌う頃には会場全体がステージに引きつけられていたのだから、さすがだな。

小田さんの時は、ステージの近くまで行って観た。
1曲目は「東京の空」だった。
ついさきほど、この曲を宜野湾野外のライブで初めて聴いた時のことを本人に話したばかりだった。今の自分の心境をそのまま代弁してくれている歌だということ。大事な人は大切にしたいとね、ということ。「それに気づいたなら、なるべく早く大切にしてあげた方がいいよ」と話してくれた小田さんの言葉が今流れている歌に重なった。
オフコースの「秋の気配」も歌われた。この曲はほとんどライブでは歌ったことがないんじゃないかな。ほかにもモンパチ清作とのデュエットや、ステレビをコーラス隊に迎えてた曲など、充実のステージだった。

「Dragon Ash」、そしてラストの「MONGOL800」まで9時間におよぶ夏フェスは大成功のうちに終了した。モンパチ3人の満足の笑顔が、フェスの成功を映していた。

c0193396_183294.jpg

[PR]

by mahalohilo | 2011-10-05 18:03 | music | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://mahalo39.exblog.jp/tb/16936040
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by はるー at 2011-10-07 12:42 x
こんにちは!
今日は 冷たい雨風が・・寒いです。(笑)

フェスの様子と 写真 ありがとうございます。
・・・TERUさん・・・(あちこちから情報流れてきています。楽しかったらしく・・いいことです!!ぶぶ)

ほんとうに、楽しそうな「お祭り」ですね!!
沖縄って、お祭りがとっても似合う場所なんですね!!
G友さんたちの間でも、「今度沖縄ライブあったら 行きたいね!」という話で 盛り上がりました。
奥様とmahalohiloさんが フェスを楽しんでいらっしゃる姿が 目に浮かんできました。いいなぁ~~。

ストーブの燃える部屋から~でした!(笑)
Commented by mahalohilo at 2011-10-07 16:40
ハイサイ、はる一さん。
ストーブの季節になったんですね。こちらも朝夕がたいぶ涼しくなってきましたよ。フェス1日目のTERUのライブに行きたかったんだけど、どうしても外せない用事があって…(苦)、残念です。いつの日か、Gさんたちが沖縄でライブをやってくれることを願いつつ。その時は一緒に観ましょう!

<< 第41回那覇大綱挽まつりが始まった 金武町出身の「ZUKAN」に直撃! >>