渡辺美里さん、人生二度目のライブハウスツアーが4/3からスタート!

c0193396_1143193.jpg

只今、上京中です。
毎朝、あたたかい布団から出たくない〜と思いながらの起床。
東京で暮らしていた頃の冬はいつもそうだったなぁと、懐かしく思いだしたりして。
顔を洗う時の水の冷たさも、夜空の下の帰り道の肌をさすような大気の冷たさも、なんだか懐かしいんだよね。
懐かしいといえば、昨夜は渡辺美里さんに会って、いろいろな話を聞かせてもらった。
彼女と取材の現場で初めて会ったのは、デビューアルバムの時だから26年前になる。
それ以来、時あるごとにインタビューをさせてもらった。

c0193396_1152224.jpgライブもたくさん観てきた。
昨夜1985年に行った初めてのライブハウスツアーの東京公演、新宿ルイードの話になった。
僕が美里のライブを初めて観たのはこの新宿ルイードだった。
超満員で人で溢れかえった会場で、酸欠になりそうだったことを思いだした。
その話の中でマネージャー氏が、その前に尾崎豊のルイードを観に行った時も、「入口のドアを開けたら人がいっぱいで尾崎がちらっと見えただけだった」と言っていたが、実は僕もその時に同じ経験をしていたひとりだった。僕もその日、尾崎をちらっと観ただけで、ずっと入口の外で彼の歌を聴いていたことを思いだした。

尾崎が美里を抱え上げてステージ上を走り回った広島平和コンサート(1987)、初フルオーケストラコンサート「misato '99 春 うたの木」(1999)@オーチャードホール、「美里祭り 2006 in 山中湖」@山中湖シアターひびき(2006)、15年ぶりの沖縄ライブ「クリスマスディナーショー」@パシフィックホテル沖縄(2008)、三つ星団@沖縄ナムラホール(2010)、そして20回の西武球場ライブの半数以上は、同じライブ空間の中で一緒に時間を過ごしてきた。

思えば、それは自分にとっての大切な宝物だと思う。
もう長い時間が経ったにも関わらず、どのライブについても、その時の風景や空の感じまでも瞬時に思いだすことができる。それだけ記憶に深く刻まれている体験だったということだ。

想い出がたくさんあることは自分にとっての財産であり、宝物だと思う。
だからこれからも美里のライブはできるかぎり観たいなと思っている。
彼女のライブを観るたびに、音楽の楽しさを再確認することができるから。
そして元気になれるから…。

渡辺美里の人生二度目のライブハウスツアーは、4月3、4日@渋谷duo MUSIC EXCHANGEからファイナルの9月13日@沖縄ナムラホールまで全国37ヵ所をめぐるロングロードだ。
ツアータイトル『セレンディピティー〜人生はステージだ!!〜』が表わしているように、美里の人生を彩ってきたステージを通して、このツアーで彼女がたくさんのセレンディピティー(幸せな偶然が見つかるチカラ)に出逢えたらいいなと願っている。
僕もどこかのステージを必ず観ようと思う。
自分にとってのセレンディピティーな瞬間のために。
[PR]

by mahalohilo | 2012-02-10 11:11 | music | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://mahalo39.exblog.jp/tb/17434670
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by BIG SALT at 2012-02-12 01:46 x
上京中ですか?
東京は寒いのと地震が多いですからご注意下さい。
次回は食事でもしませんか?
Commented by mahalohilo at 2012-02-12 22:15
ハイサイ、BIG SALT
東京に来てますよ〜。たった今、植村花菜さんのライブから戻ってきました。アコースティックな音で、とっても歌が伝わってくるライブでしたよ。「トイレの神様」、初めてちゃんと聴いたなぁ〜。
Commented by BIG SALT at 2012-02-13 23:21 x
私も忙しくて(-^〇^-)
マハロさんの写真を拝見しましたが、変わりませんネ。
びっくりしました!!
Commented by mahalohilo at 2012-02-14 11:03
BIG SALTさん。でへへ。心身ともに変わってますよ。っていうか、やっぱ年相応にへたってます(笑)。おたがいに身体いたわってあげましょうネ。

<< TOKYO No.1 SOUL... 明日から東京。気合いを入れて行... >>