PEACEFUL2012と遊佐未森の初沖縄公演に行ってきました

c0193396_22233860.jpg


時差8時間、ロンドンと沖縄の温度差19℃。
ヨーロッパから帰ってきて2日目、時差ボケと温度差に身体が追いついていけていない。
帰った翌日は昼近くまで寝てしまい、昨夜は夜中に起きてしまった。
頑張っていつもの生活に戻そうと思って、今朝は早起きして眠い目をこすりながら朝遊泳に行ってきた。
波が高くて、海水の透明度も悪かったが、エンジェルフィッシュをはじめ様々な魚たちが迎えてくれた。
二週間ぶりだったが、海の水もあたたかくなった。

c0193396_22241667.jpg昨日(7/7)は今年で30周年を迎えた沖縄のレジェンドライブ「PEACEFUL LOVE ROCK FESTIVAL2012」を観に行った。今年も2日間行われるこのコンサート。
例年は1日目が若手、2日目がベテラン勢という出演アーティストだったが、今年は若手、ベテランと分けずにチャンプルーした出演者の構成だった。
昨日はZUKAN、D-51、CIVILIAN SKUNKなどの若手に、かっちゃんバンドや喜納昌吉、DIAMANTESなども出演。オキナワンロックの歴史を感じられる日となっていた。
なかでも、かっちゃんバンドはインパクト大。
ライブ直前の舞台転換時になんと、かっちゃんは会場の売店前に突然現れ、通りかかった人たちを歓ばせていた。こういうかっしゃんが、僕は好きだなぁ。
ヒヒの面に毛皮のパンツ。で、お尻のところは丸く切られていて、しっかり露出! 六十?歳とは思えぬ元気さに脱帽だ。


そして夜からは6/28の週刊レキオにインタビューを掲載させてもらった遊佐未森さんのライブを観てきた。デビュー二十?年の彼女にとって今回が初の沖縄公演だという。
新都心のライブハウスTOPNOTEは、満席状態。立ち見の人もいたようだ。

遊佐さんの奏でるピアノとギターのアコースティック編成によるライブ。生音の響きの中で聴く遊佐さんの透明感のある歌声が溶け合って、そこは時に爽やかな風の吹く高原に、時に水面に太陽の光がきらきらと映る海水の中にいる感覚を味わうことができた。

彼女が歌い始めると、瞬間的に異空間に誘われるような錯覚がするのは僕だけだろうか。
気持ちよい空間の中で、ニューアルバム『淡雪』を中心に、懐かしい「街角」なども聴くことができた素敵な時間だった。

またぜひ沖縄でライブをやってほしい。できれば次は桜坂劇場で観てみたいなと思った。


それと会場でうれしい出逢いがあった。
たまたま相席になった方たち(ご夫婦と男性)が、僕が執筆したレキオの遊佐さんの記事を見てライブに来たのだと話してくださったのだ。その言葉がとてもうれしかった。僕の記事で会場に足を運ぼうと思ってくださったことに感激してしまった。
ありがとうございます。引き続きレキオを愛読してくださいね。

c0193396_2223545.jpg

[PR]

by mahalohilo | 2012-07-08 22:27 | music | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://mahalo39.exblog.jp/tb/18202524
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 春ー at 2012-07-09 22:08 x
お帰りなさい~~っ!
疲れた・・とは言いつつ、もうお仕事だなんて・・・やっぱり流石です!!(尊敬)
お留守だとは知りつつも 覗きに来ては「いつごろお帰りですか?」とのコメントもできず(笑)
旅のお話、写真、楽しみにしています!
あ・まずはゆっくりしてください(笑)
Commented by mahalohilo at 2012-07-09 23:15
ハイサイ、春一さん。
ただいま〜。ちょっと疲れたけど、楽しい旅でしたよ。ピースフルも遊佐坊も仕事じゃなくて観たくて行ってきました。やっぱ僕はライブが好きなんだなぁ〜。たくさん元気と癒しをもらったライブでした。
これから、よんなーよんなー(ゆっくりゆっくり)旅日記を綴っていこうと思ってまーす。

<< 明日から東京です。初日は馬場俊... 昨夜ヨーロッパ自由旅から帰って... >>