週刊レキオのインタビューで、イクマあきらさん宅にうかがいました!

c0193396_2150059.jpg

週刊レキオの「マハロな音楽」のインタビューで、アーティスト/プロデューサーのイクマあきらさんのお宅にうかがった。
同じ市内で町名も一緒。いつもウチのファル娘の散歩コースにも近い、いわばご近所さんである。

D-51のヒットソング「No More Cry」の作者であり、D-51や伊禮俊一を育ててきたプロデューサーとしても著名なイクマさんのご自宅にうかがったのは今回が初めて。
インタビューはご自宅のスタジオで行った。

クリエイティブな空間には、独特の空気がある。
僕の仕事場に通じる同じ空気を感じる。
とにかくモノが多い(笑)。器材に囲まれている。
でも、僕はその空間にいると、やけに落ちつくのです。

インタビューのテーマは、8/5にリリースされたニューアルバム『花城(はなぐすく)』について。
東京・原宿・表参道で活動する「よさこいチーム・しん」のために書き下ろしたオリジナルよさこいソング「花城」のほか、ラテンフレーヴァー溢れる「Round Midnight」(この曲、サイコー!)やオールドスクールなロックンロール「Lovely day Happy day」など、バラエティーに富んだ楽曲が収められたアルバムだ。

アルバムについてたくさんお話が聞けた。
そして、ほかにも移住者同士の会話もいろいろすることができた。

もっともっと話をしたいと思った。
今度は、ビールでも飲みながら、おたがいのルーツミュージックなどの話をしてみたいなぁ。
近々お付き合いくださいね。

イクマさんのレキオ「マハロな音楽」インタビューは、10/11の掲載です。お楽しみに!

(PS)みどりさん、いろいろありがとうございました!

c0193396_21502734.jpg
        ▲イクマさんの愛用ギターを持って歓びの笑顔
[PR]

by mahalohilo | 2012-09-18 21:52 | music | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://mahalo39.exblog.jp/tb/18468402
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< DEENの沖縄公演@那覇・桜坂... 安室奈美恵の20周年ライブの会... >>