『祭典の日(奇跡のライヴ)』試写会でジミーに会えた!

c0193396_12211384.jpg
      ▲Stairway to Heaven !?

ついにその日がやってきた。
招待の連絡をもらってから、ずーーっと楽しみにしていた10/16。
そう、レッド・ツェッペリンが2007.12/10にロンドンの「02アリーナ」で行った一夜限りの再結成コンサートの模様を収めたプレミア試写会へ行ってきた。
同様のコンサートを収めた、11/21にリリースされるCD&映像作品(DVD、Blue Ray)に先行して行われた試写会だ。
会場はTOHOシネマズ六本木ヒルズ。
会場はマスコミ関係者と、映像作品を先行予約した方の中から選ばれた限定300名で満員。このコンサート映像作品を期待するゼップファンがいかに多いかがわかる。

c0193396_1220551.jpg

開演が迫る。とその時、進行のMCがサプライズを告げる。
「今日はジミーが公開前にぜひみなさんにご挨拶がしたいというので、この会場にみえています!」
会場のファンから大歓声がわき起こる。

そしてジミー・ペイジが登場した。
モノトーンのスーツにサングラス。オーラがハンパじゃない。
終始優しい微笑みを絶やさず、ゆったりとした仕草。
あのライブ時の激しいプレイスタイルとの落差に驚かされる。
ジェントルマンだ。

c0193396_12313868.jpgそしてコンサート映像が上映された。
「Good Times Bad Times」から始まり、アンコールの「Rock and Roll」まで、全16曲。
時にプレイ中、たがいに見合って笑い合う姿。
余裕。貫禄。そしてメンバー誰もが楽しみながらプレイしている姿が微笑ましい。
ドラムスは、故ジョン“ボンゾ”ボーナムの息子、ジェイソン・ボーナム。彼のダイナミックなドラミングは、父親を彷彿とさせる。彼の存在もこの再結成コンサートを決意させるにあたって大きな役割を果たしていたにちがいない。

僕はレッド・ツェッペリンの二度目の来日コンサート(1972年)を日本武道館で見たが、全盛期のその当時のライブとくらべてもまったくパワーが衰えていない、素晴らしいプレイだった。

『祭典の日(奇跡のライヴ)』は11/21に5形態で発売される。
オーディオ商品:CD2枚組、スタンダードエディション:2CD+DVD、2CD+Blue Ray、デラックスエディション:2CD+DVD+ボーナスDVD、2CD+Blue Ray+ボーナスDVD。

ゼップファンには、ぜひこの再結成コンサートをDVD or Blue Rayで観てほしい。
興奮間違いなし!



※all photos by mahalohilo
[PR]

by mahalohilo | 2012-10-17 12:32 | music | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://mahalo39.exblog.jp/tb/18572750
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< シクラメンと8ヶ月ぶりに再会!... Led Zeppelinジミー... >>