馬場俊英ツアーファイナル@渋谷公会堂。「ラーメンの歌」で発見した事

c0193396_0205552.jpg

僕がなぜ馬場俊英の歌が好きなのか。
今夜、渋谷公会堂で「ラーメンの歌」を聴いて、おぼろげながらその理由がわかった気がする。

「一瞬のトワイライト」もそうだが、主人公がかつての若い頃の出来事を思いだすストーリーに触れた時、僕は胸がぎゅっとなって涙腺がゆるんでしまうことに気づいたのだ。

カーラジオから流れてきた聴いた瞬間に、かつて彼女と一緒に歩いた道や風景が甦ってくる「一瞬のトワイライト」。
ちっちゃなラーメン屋で一緒にラーメンをすする彼女の嬉しそうな笑顔を見た時に、これからもずっと一緒の時間を過ごしていきたいと思う「ラーメンの歌」。
どちらもふと気づくと、若い頃に重ねている自分がいるのだ。

若い頃は時間はあるけどお金がないのがフツーだった。
お金はなくても、そばにいる大切な人の笑顔さえ見れたら幸せな気持ちになれた。
高級なレストランじゃなくても、街の定食屋さんで肩を並べてカツ丼を食べていれば、心は幸せで満腹だった。
若い頃は仕事もなくて決して裕福じゃなかったけど、そんな時代から苦労を苦労と思わずに前向きに笑いながら一緒に同じ道を歩んできてくれた妻に感謝だな。
「ラーメンの歌」を聴きながら、僕はそんなことを思っていた。

馬場君、ツアーファイナル、お疲れさま。
終演後の笑顔を見て、次の作品、そして4年ぶりの日比谷野音が楽しみになったよ。
良い師走を過ごしてください。
また会いましょう。
[PR]

by mahalohilo | 2012-12-13 00:22 | 馬場俊英 | Trackback | Comments(2)  

トラックバックURL : http://mahalo39.exblog.jp/tb/18995092
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pippimay at 2012-12-15 18:24
渋谷ファイナル、行かれたんですね!

私もラーメンの歌を聴くと昔、主人と付き合っていた頃、一人暮らしの主人のアパートの近くの定食屋で食べた野菜炒め定食を思い出します。お金なかったけど楽しかったなぁ~
今、主人と二人で馬場さんのライブに参加できる幸せ、共に歩んでくれてる主人に感謝です。
日比谷野音ほんと楽しみです♫

今日は一日雨でPippiもメイも短めの散歩で退屈そうです。
Commented by mahalohilo at 2012-12-16 09:59
ハイサイ、Pippi&メイMamaさん。
渋谷ファイナル行ってきました。ノドの調子がちょっとつらそうだったけど、精一杯想いが伝わってきたライブでしたよ。終演後は大きな声が出せずに囁くような声で。そこまで全力で歌いきったのだなと、彼の精神力に頭がさがる思いでした。少し休めそう、ということだったので、しっかり休んで次に進んでほしいですね。
Pippiママさんにとって来年も素晴らしい1年になりますように…。

<< 栄喜(ex.SIAM SHAD... 高橋優のライブ@中野サンプラザ... >>