週刊レキオ「マハロな音楽」1/1掲載(ジミー・ペイジ/レッド・ツェッペリン)

c0193396_17221559.jpg

今日の沖縄は快晴だった。
青い空とやわらかい陽射しに誘われて、北谷の砂辺海岸に行ってきた。
きれいに整備された遊歩道から海に下りる途中、遊歩道下の日だまりで海を見ながら手作りのサンドイッチをファル娘とほおばり、のんびりと過ごした。
たまにはこういう時間も大切、大切。
ゆるやかに流れる時間と、波の音と、優しい陽射し。ただそれだけなんだけど、幸せを感じる時間だ。

c0193396_17224764.jpg目の前の景色とはまったく関係ないけれど、そこでふと思ったのだ。
沖縄の週刊レキオで毎週掲載している「マハロな音楽」をこのブログ上にもアップしていったらいいんじゃないか、と。

以前、編集長のT浜さんが話してくれた「内地のファンの方からレキオを送ってほしいと連絡をもらったんですよ」という言葉を思いだしたのだ。
あれはスターダスト・レビューのファンの方だったかな。

沖縄に住んでいる方、琉球新報をとっている方は見ることができるけれど、内地の方でも読みたいと思ってくれる方もいるんだな。だったら僕のブロクで紹介していこうと思ったのだ。

というわけで、これからレキオに掲載後の記事をここにアップすることにしました。
記事全体の雰囲気を見てもらうために「マハロな音楽」インタビューページと、原稿のテキストの両方を添付しておきます。
ひとまず今年1月1日号から…ご覧ください。

c0193396_17274213.jpg




c0193396_11424310.jpg
   ▲L to R ジョン・ポール・ジョーンズ、ロバート・プラント、ジミー・ペイジ




「マハロな音楽」
ジミー・ペイジ(レッド・ツェッペリン)

一夜限りの再結成ライブを収めた映像作品

 1968年11月9日、ロンドンのミドル・アース・クラブで行われた初ライブでレッド・ツェッペリンが始動して44年。80年に解散してからもすでに32年が経った。これほどの歳月が流れた今でも老若男女を問わず聴き継がれ、愛され、アーティストたちにリスペクトされてきたバンドは、ロック史でも稀だろう。

 この伝説のロックバンド「レッド・ツェッペリン」が、2007年12月10日にロンドン「02アリーナ」で行った一夜限りの貴重な再結成ライブを収めたDVD・CDが『祭典の日(奇跡のライヴ)』だ。この映像作品のプロモーションのために来日したジミー・ペイジに話をうかった。

 「ライブの日まで数週間かけて入念なリハーサルをやったんだ。その前にウォームアップライブもやっていないし、2度目のステージもない。本当に1回限りだったからね。リハーサルを重ねるうちに徐々にメンバーが同じ意識で集中してきて、結果的に納得のいく最高のパフォーマンスができたと思うね」

 ロバート・プラント、ジミー・ペイジ、ジョン・ポール・ジョーンズに、オリジナルメンバーの故ジョン・ボーナムの息子、ジェイソンが加わり、「ツェッペリンのキャリアの中から幅広く選んだ」という16曲をたて続けに披露する。そのステージは筆者が72年に日本武道館で観た全盛期を思わせるものだった。

 ときおり演奏中にメンバーが顔を見合わせて笑顔をみせる。この一夜限りのライブを彼ら自身が心から楽しんでいる様子も写しこまれている。

 「演奏している時も思ったけど、何年か経ってこういうかたちで見返してみると、本当に楽しかったなとあらためて思う。みなさんにもその時の会場の熱さや雰囲気も感じてもらえたらうれしいね」
 「昔からのファンはもちろんだけど、当時ツェッペリンのライブが観れなかった若い人たちにも観てほしいと思うんだ」
 奇跡のような瞬間が写しとられた『祭典の日(奇跡のライヴ)』。必見です。


c0193396_11431532.jpg『祭典の日(奇跡のライヴ)』

レッド・ツェッペリン
収録曲:グッド・タイムズ・バッド・タイムズ/ブラック・ドッグ/貴方を愛しつづけて/幻惑されて/天国への階段/永遠の詩/胸いっぱいの愛を/ロックン・ロールなど全16曲。
(ワーナーミュージック・ジャパン 発売中)
※2CD+DVD(orブルーレイ)+ボーナスDVDのデラックスエディションほか、全5タイプ同時発売!
[PR]

by mahalohilo | 2013-01-29 17:29 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://mahalo39.exblog.jp/tb/19200095
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by まにまに at 2013-01-29 21:30 x
先日取材された地球三兄弟の記事も是非アップして下さい!楽しみにしてます。(もし過去に奥田民生さんに関するものがあれば見てみたいです)
Commented by mahalohilo at 2013-01-30 09:08
ハイサイ、まにまにサン。はじめまして、ですよね。コメントありがとう。地球三兄弟の記事、そのうちアップしますね。ただこの記事はレキオじゃなくて、今沖縄で書店の店頭に並んでる「おきなわ倶楽部」という情報誌用にとったインタビューなので、編集の方に確認してからになります。ちょっとお待ちを…。
民生さん、YO-KING、桜井さん、3人のインタビューはずっと笑いっぱなしでした(笑)。楽しかったなぁ〜。
Commented by まにまに at 2013-01-30 19:08 x
ありがとうございます。3人だと話が止まらなくて話疲れるとOしゃんも言ってましたw アップ楽しみにまってます!
Commented by mahalohilo at 2013-01-30 21:41
まにまにsun。確かに! いろんな話題に飛び火しながら3人だと話がとまらなーい。それも楽しいね。2/24の地球三兄弟の沖縄ライブ@ナムラホールが楽しみだなぁ〜。絶対観に行くぞーっ。

<< 週刊レキオ「マハロな音楽」1/... ピンクの桜が花開く沖縄は春の足... >>