週刊レキオ「マハロな音楽」1/17掲載(笹川美和)

今日の沖縄は曇り時々晴れ間が見える1日でした。
朝方はカタブイ(局地的な雨)があったりして。
海浜公園では横なぐりの強い雨なのに、妻に聞いたら「こっちではぜんぜん降ってないよ〜」という感じ。ま、沖縄ではよくあることだけど…。

今日も週刊レキオの「マハロな音楽」をアップします。
1/17掲載号。登場してもらったのは、笹川美和さん。

取材は東京・青山にあるエーベックス・エンタテインメントの取材ルーム。担当は木村さんでした。


c0193396_18582571.jpg




☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

c0193396_18594180.jpg


「マハロな音楽」笹川美和


女性の間で共感の輪が広がって


〈profile〉
 新潟県出身のシンガーソングライター。学生時代から地元・新潟を拠点に音楽活動を始め、2003年にSG「笑」でメジャーデビュー。独創的な世界感をもつ歌が話題を集め、数々のCMやドラマ主題歌に起用される。1/16発売のミニAL『都会の灯』収録の「午前4時36分」もWOWOWドラマW『天の方舟』の主題歌に。また柴咲コウの新作に楽曲提供も。新潟に在住しながら音楽活動を続ける。HPはhttp://avexnet.or.jp/sasagawamiwa/



 『身体の真ん中をわしづかみにされて あたしはのたうちまわる…』
 強烈に胸を突き刺す言葉から始まる「泣いたって」は、あなたを失い、身体を温かくくるんでいた愛の毛布がもうないことを知ってしまった女性の歌。

 歌うのは笹川美和。心の襞に触れるデリケートな感情を丁寧に紡ぎだしてきた女性シンガーソングライターだ。日常の中で生まれる心の軋みや本音をまっすぐに歌う彼女の歌は女性たちの間で共感の輪が広がっている。

 「私はもうすぐ30歳になるアラサー。たぶん私の前後の世代は、恋愛だけでなく人生における身の置き方みたいなことで悩みが出てくる頃だと思うんです。会社では中堅になってきて、このままでいいのかな、この先どうなるんだろうと考え始める。そういう方にはわかってもらえるかなって」

c0193396_192261.jpg 先出の「泣いたって」も収録した新作『都会の灯(まちのあかり)』でも、彼女は女性の繊細かつ鋭い感情や心の呟きを歌にする。夜明け前の7分間の心の動きを描いた「午前4時36分」。キスの後のあなたのわずかな表情の違いで終わりを悟る「都会の灯」。
 どんなに辛いことがあっても今日は過ぎていき、明日はやってくる。だから「歩みを止めないで」という前向きな思いが隠れている「今日」。
必要最小限のバンドの音とともに、決して声を張り上げるわけではない淡々と歌う声がよりリアルさを呼び寄せる。

 「どれも実体験がもとになっていて。たとえ映画や本や絵に刺激を受けたとしても自分の経験に重なる思いを掘り下げて書いています。それはずっと変わらず大事にしているところ」

 生まれも育ちも新潟。「純粋な越後っ子」という彼女がライブで沖縄に来たのは3年ほど前。
 「雪の新潟も美しくていいけど、暖かい沖縄は気持ちも解れ癒されました。また沖縄でライブがしたいです。その時は遊びに来てくださいね」




『都会の灯』笹川美和
午前4時36分(WOWOWドラマW『天の方舟』主題歌/都会の灯/プリズム(映画『ゆめのかよいじ』主題歌/晴れてくるだろう/泣いたって/今日
(エーベックス・エンタテインメント 1/16発売)
●Live Information
『笹川美和 TOUR 2013 都会の灯』
3/10(日)大阪、3/15(金)東京、
3/23(土)新潟。詳しくはHPで。
[PR]

by mahalohilo | 2013-01-31 19:08 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://mahalo39.exblog.jp/tb/19209776
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 週刊レキオ「マハロな音楽」1/... 週刊レキオ「マハロな音楽」1/... >>