かりゆし58@マハロな音楽 4/25掲載

c0193396_8461469.jpg
まだまだ上京中です。

今日の東京は暖かい初夏のような1日でした。
気温は22℃、少し風が強いけれど、過ごしやすかった。
朝食後には上京中日課にしている多摩川ウォーキングに行ってきた。
新緑の木々、河原はタンポポの黄やイヌフグリの紫が緑の中に点在していて、とても癒された。


東京デイズはあと4日。
その間にDJ SASAのインタビューと東方神起のライブ取材@WHAT's IN?、Sing Like TalkingとKOKIAのコンサートに行こうと思っている。


☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆   ☆

今週も週刊レキオ、マハロな音楽を転載します。
今回登場してくれたのは「かりゆし58」。
ボーカル真悟に第一子が生まれた2日後のインタビューだった。



c0193396_1616127.jpg



マハロな音楽

※マハロとは、ハワイ語で“感謝”“ありがとう”を意味する言葉


かりゆし58

取材・文/マハロヒロ


まだ君に見せたい続きがある


〈profile〉
 前川真悟(Vo.&Ba./八重瀬町出身)、新屋行裕(G./糸満市出身)、中村洋貴(Ds./糸満市出身)、宮平直樹(G.&Ba./糸満市出身)の4人組バンド。2005年に沖縄で結成。06年2月にミニAL『恋人よ』でCDデビュー。同年7月に発表した、母への感謝の気持ちを歌った「アンマー」が共感を呼び日本有線大賞新人賞を受賞。沖縄音階にロック、レゲエをチャンプルーしたサウンドと飾らない言葉でメッセージを発信し、世代を超えて人気を得ている。


c0193396_1617315.jpg



 沖縄で生まれ育った友達同士が、同じ夢をみて始まった「かりゆし58」。
デビューして7年、「アンマー」や「ウクイウタ」「まっとーばー」などの曲が世代を超えた人たちの心に響き、多くの共感を得てきた。
 しかし曲作りを手がける前川真悟は、「ベスト盤が出てからの2年は、この先何を歌えばいいんだろうと考えては悶々としていた」と話す。

 「中学生の頃のように感動できてない自分を感じて。それが歳をとってくことなんだけど、恐かった。感動を見いだす、心の中の敏感さをもち続ける、そのためにはどうすればいいのか。そんなことばかり考えてた」

 そんな中で、「この際自分に言いたいことを言っておこうと思って作った」という最新シングルが「青春よ 聴こえてるか」だ。
ここでは、たとえ夢を見失ったり、夢に敗れたとしても自分を信じて…〈まだ君に見せたい続きがある〉と歌う。自分の中の『青春』に語りかける応援歌だ。

 「いくつになっても何回でも勝負できるよ!と言いたかった。自分が枯れていく恐さを知って、この言葉がどんなに大事かを今一度自分に言い聞かせようと思った。今までは少しでも聴く人の救いになるものがあればいいなと思いながら作ってたけど、こんなに自分自身へ向けて喝を入れるように作った曲は初めてですね」

 このインタビューの2日前、真悟に第一子の長男が生まれた。
「今までいじったことのない心の部分から言葉にできない感情が湧いてる」と話す彼に、「今なら青春になんて言いたい?」と最後に尋ねてみた。

 「青春というヤツがいて、それが中学生の俺だとしても、ぜんぜんオマエがうらやましくないと言えるし、これからの俺はハンパねぇーよと言いたいですね(笑)」

 父親になり、新たな意識の芽生えを感じるこの頼もしい言葉に、かりゆし58の未来が見える。



c0193396_16164612.jpg『青春よ 聴こえてるか』
かりゆし58
①青春よ 聴こえてるか
②ゆくれベイベー
③青春よ 聴こえてるか(カラオケ)
④ゆくれベイベー(カラオケ)
(LD&K 5/8発売)

オフィシャルHP
http://kariyushi58.com/
[PR]

by mahalohilo | 2013-04-26 16:21 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://mahalo39.exblog.jp/tb/19906113
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 行ってくるね、行ってこいよ@「... 馬場俊英くんのインタビュー、ス... >>