DJ SASA with THE ISLANDERS、癒されすぎに注意!

c0193396_11523027.jpg
    ▲ふたりの間にスカイツリーが見えてます   photo by mahalohilo

一昨日、東京にやってきた。
梅雨入りした沖縄にくらべ、東京は快晴。
気温も沖縄とほとんど変わらない暖かさだ。
今月の東京での予定はこんなカンジ。
インタビューは、FLiP、LOW IQ 01、川嶋あい、ジン、MEGARYU。
ライブは、シベリアン・スカンクだけかな。
けっこうばたばたした8日間になりそうだ。
その後、大阪に1週間ほど行って、6/1に沖縄に戻ろうと思っている。

今週の週刊レキオ「マハロな音楽」は、DJ SASAさんと、彼の『んちゅシリーズ』全作品に島唄三線と歌で参加しているあびこめぐみさんに登場してもらった。
取材場所は文京区音羽のキングレコード本社。担当は末永女史。


c0193396_11445572.jpg


マハロな音楽

※マハロとは、ハワイ語で“感謝”“ありがとう”を意味する言葉
http://mahalo39.exblog.jp


DJ SASA・あびこめぐみ

取材・文・撮影/マハロヒロ



〈profile〉
 沖縄のミュージシャンにも人望が厚い音楽プロデューサー。これまでにスカリズムで島唄歌手の三線とボーカルによる『SKA LOVERS』やコンピレーションCD『琉球レアグルーヴ』などヒット企画をプロデュース。2011年夏の『ジブリんちゅ』からは『んちゅ』シリーズをリリース。最新作『癒しんちゅ』と『アニソンちゅ』を4/10に同時発売。お土産ショップが並ぶ那覇の国際通りでヘビーローテーションされ、大ブレイク。ロングヒットを続ける。



 国際通りを歩いていると、ときおり店内から聴こえてくる心地よいリゾートミュージックに出会うことがある。
ゆるいレゲエやスカのリズムに三線とおはやし、こぶしの効いた歌声が新鮮に聴覚を刺激する。
ジャマイカやカリブと沖縄が出会ったチャンプルーミュージック。それがDJ SASAのプロデュースする『んちゅ』シリーズである。
 ジブリ映画のテーマ曲をカバーした『ジブリんちゅ』に始まり、『ラブソンちゅ』『夏ソンちゅ』『冬ソンちゅ』とリリースを重ねてファンも多い『んちゅ』シリーズの最新作が『癒しんちゅ〜三線上のアリア〜』。
 バッハ「G線上のアリア」やホルスト「ジュピター」などクラシック曲から、チャップリン作の「スマイル」や坂本龍一の「エナジー・フロー」まで、一度は耳にしたことのある名曲を沖縄が香るアレンジで聴かせる珠玉のリラクゼーションミュージックだ。

 「『癒しんちゅ』はこれまでのシリーズとは違いインストゥルメンタル中心なので、カリブのスティールパンという沖縄テイストじゃない島楽器を入れることで癒し効果を増してみました。なかでも『スマイル』は三線と笛とスティールパンの音色がいい感じでラバーズ感を醸しだしてると思います」(DJ SASA)

 ボーカル曲「アヴェ・マリア」を歌っているのが、あびこめぐみ。『んちゅ』シリーズ全作品に参加する三線唄者だ。

 「最初SASAさんから、大げさなくらいにこぶしをまわしてほしいといわれた時は戸惑ったけど、今はいくらでもまわして歌えます(笑)。『アヴェ・マリア』はライブで歌うと寝ているお客さんがいたりして。聴いていると癒されて眠たくなっちゃうみたいです(笑)」(あびこ)

 「ドライブ中に聴くと睡魔が襲ってくるので気をつけましょう(笑)」(DJ SASA)





c0193396_11451853.jpg『癒しんちゅ〜三線上のアリア〜』
DJ SASA with THE ISLANDERS
①ジムノペディ第1番
②パッヘルベルのカノン
③アメイジング・グレイス
④G線上のアリア ほか全10曲
『アニソンちゅ』(同時発売)
① 天才バカボン
② ドラえもんのうた
③ はじめてのチュウ ほか全10曲
(キングレコード 発売中)
[PR]

by mahalohilo | 2013-05-18 11:55 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://mahalo39.exblog.jp/tb/20225287
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< スタレビのツアーのプレファイナ... 人生のサウンドトラックのような... >>