スタレビ根本+ギタリスト佐橋+美里+VOH=本日のおすすめ@音市場

一昨日、沖縄では梅雨開け宣言があった。
例年よりも早い梅雨明けである。
これから本格的な夏!を迎える沖縄で、昨夜とっても爽やかな音楽が奏でられたライブに行ってきた。
『本日のおすすめ』。場所は沖縄市のミュージックタウン音市場。
スタレビ根本要とスーパーギタリスト佐橋佳幸が、ここ数年、夏に湘南のOTODAMAで行っている一夜だけのライブを、沖縄でも開催してくれたのである。
はじめに2人が演ってみたい曲をリストアップして、そこから厳選した十数曲をプレイする。
今回はたがいに4〜50曲ずつ出したリストの中から18曲をチョイス。
バッドカンパニーの「Can't Get Enough」からラズベリーズ(僕の大好きなエリック・カルメン!がボーカルで在籍していたバンド)の「Let's Pretend」、ジミー・クリフの「Many Rivers To Cross」、ポリスの「Every Breath You Take」、U2の「I Still Haven't Found What I'm Looking For」、CSN&Yのスティーヴン・スティルスの「Love The One You're With」、James“JB”Brownの「I Feel Good」など、70〜80年代のロックスタンダードの名曲たちをアコースティックギターを中心に表現。僕のルーツミュージックが次々と披露されて、僕は青春期の記憶とともに笑顔が止まらなかった。
それにしても大好きなスティーリー・ダンの「Peg」をアコースティックアレンジで聴けるとは…。あの曲が聴けただけでも、この日行ってよかったぁ〜と思った。次は「aja(エイジャ)」を演ってほしいなぁ。


途中、スペシャルゲストで佐橋の高校(都立松原高校)の後輩! 渡辺美里が登場。彼女の選曲による山下達郎の「ライド・オン・タイム」や、石川セリ!の「ムーンライト・サーファー」、そして気づくとよく口ずさんでいるという「てぃんさぐぬ花」、さらに「My Revolution」などを圧巻のヴォーカル力で歌い上げていた。
それにしても松原高校はアーティストが多いなぁ。アレンジャーの清水信之、EPO、サザンオールスターズでサックスを吹いている山本拓夫も同校出身だ。僕もちょっと自慢しちゃうけど(笑)、僕の出身高校(都立日野高校)の先輩には、あの忌野清志郎、三浦友和(俳優)、それにアンジャッシュ(お笑い)がいます。

またその場で、かつて佐橋が在籍していたバンド「UGUISS」のデビュー30周年ツアーにヴォーカルとして美里が参加することも発表され、会場からあたたかい拍手を受けていた。9/7の渋谷duoでのライブ、観に行きたいなぁ〜。

デビュー30年を超える根本、佐橋、美里、そしてこの日パーカションでサポートしていたVOH林(from スタレビ)。ベテランならではの余裕と音楽を楽しむ姿勢に、心がほっこりとした素晴らしいライブだった。

ライブ終了後、本当に楽しそうに話すメンバーたちを見て、観る人も演る人も音楽からパワーをもらっているなと思った。
次の日(本日)スタレビの「ライブがあるんだから、早く帰って寝た方がいいんじゃない?」と話す美里の言葉に、根本は「いや、とことん飲んだ翌日の方がいいライブができるんだよ」と言って笑いを誘う。どうやらこの日の前日も、川満せんせぇいのお店でしこたま飲んだらしい(笑)。
この日のライブを観たかぎり、根本の話もまんざらウソではないのかな。

今日のスタレビのライブ@沖縄コンベンション劇場も、きっと3時間超えのライブになることでしょう(笑)。僕も観に行こうと思っている。


         ▼Live Set List
c0193396_10532062.jpg

[PR]

by mahalohilo | 2013-06-16 10:32 | music | Trackback | Comments(4)  

トラックバックURL : http://mahalo39.exblog.jp/tb/20375866
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ユノマ at 2013-06-17 01:41 x
伊藤さんはじめまして。
レキオの連載も時々拝見しております。
「本日のおすすめ」、観にいきましたー。
普段は逗子のOTODAMAで演っているイベントだったこともあるのか衣装も夏仕様で梅雨明けの沖縄にちょうど良い感じでしたね。
アコースティックスタイル(佐橋氏はエレキも使ってましたが)ならではのアレンジの感じとか、歌い手の良さがストレートに伝わってくる楽しいLIVEでした。
スタレビや美里さんのオリジナル曲も好きですが、カヴァー曲メインなのが新鮮だったし、その曲への愛が溢れだす感じがすごく伝わってきたように思います。
私はこの時代の洋楽には明るくないのですが原曲はどんな感じなんだろうって気になりつつも全部を覚えきれなかったのでセットリストも紹介してくださったことに感謝です〜!私はOrleansのDance with meが聴けて嬉しかったなぁ。

美里さんが歌い上げたてぃんさぐぬ花、力強く優しい歌声が印象的でした。発音にもまったく違和感なく耳に心地良かったです。

今日のLIVEも、三時間半が長く感じないあたりがさすがスタレビだなぁと(笑)

レポ嬉しかったので書きこませていただきました。ではでは。
Commented by mahalohilo at 2013-06-17 10:17
ハイサイ、ユノマさん。
コメントありがとう。「本日のおすすめ」はこれからも続けてほしいライブですね。どの曲も原曲を大切にしながら、彼らの楽曲への愛情を注ぎ込んだアレンジで、ホントにこの時代の音楽へのリスペクトを感じました。
美里の「てぃんさぐぬ花」へのユノマさんのコメント、彼女が聞いたらきっと喜ぶはず(実は本人ウチナーンチュの前で方言の歌を唄うことを心配していたので)。本人に伝えておきますね。
またレキオ見てください。よろしく〜
Commented by ユノマ at 2013-06-17 20:15 x
お返事ありがとうございますー。

てぃんさぐぬ花は子どもの頃から耳馴染みのあるうたですが方言の歌詞はフルで聴く機会が案外なくて3番くらいまでしか知らない上にちゃんと歌えるのが1番だけだったりで、あんな風に最後までしっかり歌われてる美里さんすごいなぁと思います。
普段から口ずさむことがある、と仰っていたのにも納得。慣れ親しんできた地元のうたをあんなに心地良く歌ってもらえる嬉しさなかなかないです。またどこかで聴けたらいいなぁと思いました。

そうそう、スタレビの林さんはお名前の表記はVOHだと思いますー。
Commented by mahalohilo at 2013-06-17 22:13
ユノマさん。
そーですよねぇ、確かに「VOH林」でした。
ご指摘ありがとう! さっそく直しておきました。
スタレビが出演する秋のイベント@読谷も楽しみにしてましょーね。

<< スタレビ沖縄公演@コンベンショ... ZARD坂井泉水への記憶 pa... >>