wacciが新曲「東京」の発売日に行ったレコ発記念イベント@立川

c0193396_9585444.jpg

最近、僕内ヘヴィーローテーションの曲が、wacciのニューシングル「東京」だ。

「東京」は自分の居場所を探しながら都会の片隅で寄り添い生きる恋人同士の心情を描いた歌。wacciがインディーズの頃から大切に歌ってきた曲を、新たなアレンジで録り直したバラードだ。

「どこで会ったのかも忘れてしまうような人でも携帯やメールでつながりをもてる時代。
たくさんの人に囲まれて生きてるのに、さみしいとか一人ぼっちだと思うことありますよね。
小さなつながりの中では、もしも僕が死んでも、その瞬間は驚くけど、すぐに日常に返っていけちゃう。切ないことだけど、でもよく考えたら僕もそうだなって思ったんです」
とボーカルの橋口は言う。

人との繋がりを求めつつも、薄い関係でも手軽に繋がり続けることができてしまうこの時代ならではの視線の歌に考えさせられることも多い。
メールやラインで繋がっていると思っていても、それが本当の心と心の繋がりなのか、ということを。

「聴いてくれた人が、日常生活の中で感じるうれしいこと、楽しいこと、悲しいことを僕らの歌に重ねてもらえたら」と橋口。それがwacciの大切にしていることだ。

c0193396_9592222.jpg昨日は「東京」のリリース日。
wacciは都内のレコードショップへ挨拶まわりをした後、午後6時半から立川でレコ発ライブを行った。
場所は、2FにHMVが入っている立川パークアベニューのエントランスホール。
橋口が15歳から路上ライブを行っていた思い出の地、立川で、wacciがCDリリースのたびに行っているところだ。

雪の降りそうな寒い屋外で、集まったファンの人たちを前に、彼らはあたたかいライブを行っていた。

降り続いていた雨はライブが始まると、いつしかやんでいた。
最後に歌った「東京」が、寒空に溶けていく。そして凍えていた身体も解けていった。

wacciの「東京」、しばらく僕のヘヴィーローテーションは続きそうである。

c0193396_1881849.jpg
        ▲ここが昨日のイベントの場所
[PR]

by mahalohilo | 2014-03-06 10:03 | music | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://mahalo39.exblog.jp/tb/21781266
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< DEEN二十歳最後のライブツア... 夕陽に向かって、アリ、かんぱ〜い! >>