映画『ラブセッション』に心が動いた!


c0193396_1851162.jpg

沖縄国際映画祭が昨日幕を閉じた。
最終日に、観たかった映画を観てきた。
それは、『ラブセッション』。
ミュージシャンが憧れのアーティストにオファーして、セッションをするというドキュメンタリー映画だ。
OKAMOTO'Sと、さかいゆうが、オファーした憧れのアーティストは……。
OKAMOTO'SがRIP SLYME、さかいは槇原敬之、クリスタル・ケイ、島袋寛子(SPEED)、そしてスペシャルが、あの吉田美奈子だった。

c0193396_188647.jpg
    ▲さかいゆう@週刊レキオのインタビュー記事


セッションアーティストを挙げる打ち合わせから、初顔合わせ、選曲とアレンジの打ち合わせの後で初セッション……。
台本のない、リアルドキュメントだ。

初めのぎこちない雰囲気が、徐々にアーティスト同士の音の会話を通じて心が近づいていく。
ラスト30分のセッションライブは圧巻だった。
アーティスト達の笑顔が、セッションの出来を表していた。

そしてライブ後に収録された、さかいゆうと吉田美奈子のセッションに鳥肌が立った。
さかいの弾くピアノで歌う吉田の魂の入ったヴォーカル、そこにさかいのインプロビゼーションが加わり、なんとも言えない空気が生まれていく。
感動的なラストだった。

映画が終わってから会場入口で、島袋寛子のお母さんにばったり会った。
以前、宜野湾マリーナをファル娘と散歩している時に会って以来の再会。
また一緒にワンコの散歩しましょうね、と言ってわかれたのだった。

c0193396_1854291.jpg

















[PR]

by mahalohilo | 2014-03-25 16:04 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://mahalo39.exblog.jp/tb/21888613
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 幸せな気持ちになった県総での昼下がり 沖縄国際映画祭3日目、HEY!... >>