NEENEEの4人揃った初インタビューと土岐麻子さんのジャズアルバム

冬空に雨模様の1日だった昨日から一転、今日の東京は青空の広がる気持ちの良い日になった。
午前中は時間があるので、これから多摩川ウォーキングに行ってこようと思っている。
BGMは、wacciの「キラメキ」にしよう。
こんな青空の下のウォーキングにはぴったりの曲だろう。
大切な人と繋ぐ手のぬくもりに、「僕が繋ぐ手は君のものだったよ」と歌われる「キラメキ」を聴きながら、ひとりで歩くことにしよう(苦)。

しばらく「マハロな音楽」を転載していなかったので、まとめて載せようと思う。

11/13は、「NEENEE」。
ORANGE RANGEのヤマト、MONGOL800のタカシ、RYUKYUDISKOのテツシ、このバンドをまとめたベース兼マネージャーのセイジの4人によるダンス/エレクトロロックバンドだ。
NEENEEのツイッターやフェイスブックにもアップされていたように、この取材が4人揃っての初めてのインタビューだった。
沖縄のビッグネームたちが揃ったインタビュー、4人の和気あいあいとした雰囲気でとっても楽しい取材になった。
取材場所は、琉球新報本社。

c0193396_10161451.jpg


続いて11/20は、土岐麻子さん。
Cymbalsのボーカルとして活躍し、ソロ後はアダルト&アーバンミュージックの作品を発表してきた女性シンガー。
実父でジャズサックス奏者の土岐英史氏がプロデュースしたジャズアルバム『STANDARDS in a sentimental mood〜土岐麻子ジャズを歌う〜』について話を訊いた。
「Stardust」や「In a Sentimental Mood」「Round Midnight」など、ジャズのスタンダードをカバー。細野晴臣氏とデュエットしたクリスマスソングも収録した、大人の空気感あふれるアルバムだ。
取材場所は、六本木のエーベックス本社。

c0193396_10165677.jpg







[PR]

by mahalohilo | 2014-11-21 10:19 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://mahalo39.exblog.jp/tb/23087068
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< SKY Fes.直前。HYのマ... 只今上京してます >>