人の道はどこかで繋がっている

c0193396_1972874.jpg


沖縄は連日猛暑が続いている。
移住して11年になるが、今年の夏が一番暑いんじゃないかと思うほどだ。
もしかすると、これ、自分が暑さに弱くなっているから?(苦)それもアルかも。

昨日は、レキオ「マハロな音楽」の取材が2本。
沖縄出身のバンジョーシンガー「BANJO AIさん」と、沖縄が誇る肉食系エンターテイメントユニット「ポニーテールリボンズ」の2アーティストのインタビューだ。

BANJO AIさんは、日中の12時に、まずはフェリー乗り場の埠頭で撮影。
強い陽射しとうだるような暑さの中、重いバンジョーを持っての撮影にこころよく応じてもらい感謝です。
7/27にリリースされたばかりのファーストミニアルバム『Love My Love』についてお話をうかがった。
c0193396_1995274.jpg

もうずいぶん前のことになるが、僕の犬友達(ファル娘を世話してくれた方)を通して、彼女のお父さまを紹介してもらったのが、彼女を知るきっかけだった。
写真家でもあったお父さまの写真教室に犬友達の夫婦が通っていて、那覇のRYUBOで行われた写真展を観に行った時、お父さまに出会ったのだ。
ちなみにその写真展で友達は、ゴールデンレトリバーのシンディー母の子供たち(チャコもいる)の写真を出展していた。

その時、娘さんが歌手をしていて、ちょうど今ラグナガーデンホテルで歌っているんですよ、とうれしそうにお話されていた。心から娘さんの活躍を喜ばれていたことが思いだされる。

昨日、BANJO AIさんに初めてお会いしたのだが、初めてな気がしなかったのは、お父さまから彼女のお話をたくさん聞いていたからなのかもしれない。
そのお父さまが今年天国に召されたと、昨日彼女から聞いて知った。
優しい笑顔が思いだされる。
きっと空の上から彼女の活躍を見守ってくれているはず。

犬友達と知り合って、お父さまと繋がって、昨日BANJO AIさんと出逢えた…。
人の道はどこかで繋がっているんだなと、改めて思った日だった。


インタビューの記事は、8/13の「マハロな音楽」に掲載します。
また後日、このブログで転載したいと思います。





c0193396_1974787.jpg

そして19時からは「ポニーテールリボンズ」の2人、ポカ=ユイチンと、リトル=コフスキーに来てもらった。
最近では県外、特に名古屋で人気を集めるポニテ。
破天荒なパフォーマンスの中に、明るいエロさと嫌味のない毒と、ちょっぴりの哀愁を滲ませる絶妙のライブは必見だ。
9/20(日)に行う、久々の沖縄でのワンマン「モアイミュージック in 沖縄〜おひさし鰤でおめで鯛〜」@那覇Outout、について話を訊いた。

マハロな音楽は、8/20掲載!


今度のワンマンでは新曲も聴かせてくれるはず。
きっとこれまでのポニテとはひと味違った面を見せてくれるかも!?
必見です。







[PR]

by mahalohilo | 2015-07-30 19:11 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://mahalo39.exblog.jp/tb/24469969
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< HYの「てぃーちなー×2」の収... 毎日新聞で高橋君の記事が載りました >>