Monkey Majikと馬場俊英の東京ライブを観て…

c0193396_1614064.jpg


只今、上京中。
先月末にAnlyの東京ワンマンライブ@渋谷eggmanを見た翌日、沖縄に戻ってから1週間後に、また東京にやってきた。
Monkey Majik@中野サンプラザホールと馬場俊英@めぐろパーシモンホールを観るのが、今回の目的。Monkeyは、彼らの沖縄公演の後、ウチの近くの沖縄居酒屋で一緒に楽しく盛り上がった時に、「東京公演も観に行くからね」と言った約束を果たすため。沖縄でのライブハウス公演もスペシャルだが、ホールでのライブも観たいと思ったからだ。
『southview』のダンサブルな曲に合わせて、広い会場に埋まった人たちが揺れる感じは、やはりライブハウスとはスケールが違う。楽しいライブだった。


そして昨日は、馬場俊英のアコースティックライブ『ME AND MY STORY』。馬場にとって初めての会場、めぐろパーシモンホールでのライブを観に行った。ここにこんなに立派な会場があることを僕も初めて知った。
二階席もたっぷりあって、音の抜けも良かった。

ツアーが始まって5公演目。
1曲1曲丁寧に歌を届ける姿勢が伝わるライブだった。
背後のスクリーンに歌詞を映し出し、その歌詞から浮かぶ情景をさらに彼の歌声で色づけをしていく感覚。それに普段あまりライブでは聴けない曲も歌ってくれて、BABAHEADSの方たちも嬉しかったと思う。
途中でウェブ上で募集したMY STORYを、馬場君も出演しているテレビ埼玉『マチコミ』のアナウンサーさんが朗読するくだりにはグッときたな。

未発表の新曲もたくさん歌っていた。
来年50歳を迎える馬場君が、今の自分自身の立ち位置でどんな夢が見れるのか、を歌った新曲「I Have a Dream」が良かった。諦めたら、そこで夢は終わる、というけれど、いくら齢をとっても、その時なりの夢を持つことはできるんだ、ということを教えられた気がする。

またひとつ勇気をもらえたライブだった。

9/19にデビュー20周年のシメとなる日比谷野外音楽堂でのコンサートも発表された。
周年企画のシメをぜひこの目で見たいと思ったのだった。

明日は、中村一義君のインタビュー@レキオ マハロな音楽、だ。ヨースケ@HOMEが繋いでくれた縁。楽しみです。ヨースケ、ありがとう!

c0193396_1615892.jpg



[PR]

by mahalohilo | 2016-07-10 16:02 | 馬場俊英 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://mahalo39.exblog.jp/tb/25778935
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 中村一義『海賊盤』。さりげなく... “The Deep Blue ... >>