中村一義『海賊盤』。さりげなく爽快な刺激と元気がもらえる名盤

c0193396_10322352.jpg

     ▲中村家の愛犬「魂(ゴン)」とビクター犬「ニッパー君」
     ▼ウチのファル娘もご一緒させてもらって(笑)
c0193396_10503567.jpg





昨日の東京は半端なく暑かった。日中34℃ぐらいになったのかな。ビル&アスファルト路面の反射熱でさらに気温は上がっているはず。沖縄に移り住んで12年、暑さに慣れているはずなのに、昨日は東京ってこんなに暑かったっけと思った1日だった。


そんな中、昨日、中村一義君のインタビューが実現した。
ヨースケ@HOME君の取材の際に、中村君のツアーバンド「大海賊」のメンバーでもあるヨースケ君を通してお願いしていたインタビューだ。
繋いでくれたヨースケ君に感謝だね。

六本木・飯倉のレトロな喫茶店での取材。
約4年ぶりにリリースしたニューアルバム『海賊盤』のこと、8/10に配信限定でリリースされるシングル「世界は変わる」について話を訊いた。

なんかゲンキのない今の音楽シーンの中で、『海賊盤』は、まるでRedBullのように潔くて爽快な刺激と元気を与えてくれる作品だと思う。
“たまんねぇな おもしれぇな 生きるってことは”と明快に歌い放つ「スカイライン」、10年で終わった4人バンド(ビートルズ?)だけど、“終わる毎日を 変わる未来に変えたんだ”と伝える「世界は笑う」、それにポップなメロディと言葉の表現の面白さで独特の世界観を構築する「こうでこうでこう」など、どれもこれも何度聴いても、その時々で惹かれる新たなポイントが発見できるアルバムだ。

愛犬「魂(ゴン)」への愛を感じる最後の曲「魂の子守唄」にほっこり。
で、終わりではなかった。
なんと40分近いインターバルの後、シークレットトラックが…。
こんなに待たせんのかよ(笑)と思うくらいのインターバル。その曲は、ひみつ。みなさん、自分で確かめてみて。



配信シングル「世界は変わる」は、現在、日テレ系アニメ『エンドライド』のエンディングテーマ曲として流れているので、そちらもチェックしてほしい。
この配信シングルには、ほかにもツアー『RockでなしRock'n Roll 2016〜海賊大祝祭〜』の最終日、5/31に行われた赤坂BLITZのライブ音源3曲も収録。
その中には、「(2002年に)発売した当時とは(テンポも)まったく別ものになってる」という「キャノンボール」のライブ音源も収められているので、ファンは必聴だ。



この夏はイベントやフェスへの出演も決定!
8/10(水)には、佐野元春が20年ぶりに開催するイベント『THIS! 2016』@国際フォーラムホールAに、GRAPEVINEと共に出演する。
また8/14(日)には、『ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2016』のSOUND FORESTステージの出演も決まった。


デビュー20周年アニヴァーサリーイヤーの中村君は、なんか楽しいことをやってくれそうだ。

c0193396_10332373.jpg

[PR]

by mahalohilo | 2016-07-12 10:36 | music | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://mahalo39.exblog.jp/tb/25783995
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 新しい出逢い。そして虹との遭遇... Monkey Majikと馬場... >>