上間綾乃、伝えたい沖縄の唄


c0193396_19405057.jpg

那覇に行ってきた。

6/22に発売されたばかりの上間綾乃の通算5枚目のニューアルバム『タミノウタ〜伝えたい沖縄の唄』のリリースライブと、「マハロな音楽」のインタビューをするためだ。

リリースライブは、りうぼう那覇前の広場で行われた。
気温も湿度も高い、まさに沖縄の夏!という中でのステージ。
蒸し暑かったけど、吹く風の涼しさと、彼女の涼しい歌声であっという間の時間だった。

ザ・フォーク・クルセダーズの「悲しくてやりきれない」や「さとうきび畑」、「島唄 南の四季」などを、ピアノ伴奏で歌っていた。
どれもウチナーグチ(沖縄方言)で歌われる唄は、彼女が歌い継いでいきたいと思う曲。

『タミノウタ』は、たくさんの方たちに聴いてほしいアルバムだ。

c0193396_19433829.jpg


c0193396_15382549.jpg





[PR]

by mahalohilo | 2017-06-25 19:33 | music | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://mahalo39.exblog.jp/tb/26766910
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 美ら海に癒されて うたの日コンサート2017 >>