近況と、「マハロな音楽」(Anly、wacci)

c0193396_18321811.jpg
今日も晴天の沖縄です。
台風以降、海はずっと濁っていたが、今日は割と澄んでいて、魚たちが自由に泳ぎ回っている姿を見ることができた。

海に入るたびに、いつも新しい発見がある。
この時季になると、ミジュンが大群で泳いでいることもそのひとつ。
帯のように連なって、いつまでも途切れないミジュンの群れの中に入ってしまった時は、実に神秘的だ。
僕の身体をぎりぎりかすめながら泳ぎ去るミジュンたちと、たまに目が合ったりして。
そんな経験はなかなかできるものではない。

入水したら目の前で泳ぐハブクラゲに遭遇した時は驚いた。もう一歩後で海に入っていたら、ハブクラゲと接触して大変なことになっていたはず。すれすれセーフだった。
あとは僕の近くをエイが猛スピードで泳いで行ったり。
槍のように長いダツや、縞しまの海ヘビと出逢ったり…。

なんと言っても、驚いたのは、タツノオトシゴをビーチ近くの海底で見かけた時。
今まで水族館でしか見たことのなかったタツノオトシゴが、海底から生える草のようにゆらゆら揺れている姿を見た時は、正直感激した。

今日は、新たに大きなイソギンチャクを発見した。
5匹の親子のカクレクマノミと一緒に。



近況。
沖縄県出身のシンガーソングライター、Maicoのインタビューをした。
イクマあきらサンがプロデュースしたミニアルバム『Beautiful World』について話を訊いた。
「悲しみをのりこえて」に、胸が熱くなった。いい曲だ。




ポニーテールリボンズにも会ってきた。
ほかのアーティストのライブ会場などで、プライベートのユイチンにばったり出逢うことはあるが、ポニーテールリボンズのポカ=ユイチンと取材で会うと、なんか照れくさい(笑)。
扁桃腺が腫れてて、熱っぽい中、時間をとってくれて、ありがとうね。







c0193396_18334481.jpg
8/11は、沖縄発のガールズ・スリーピースロックバンド「オモイトランス」のファーストワンマンライブを、那覇Outputに観に行ってきた。
オールスタンディングの会場は、ほぼ満員。
おもいおもいにオモトラの音楽を楽しんでいた。
3人体制になって、まだそれほど時間が経っていないオモトラ。
ギターが減った分、ボーカル&ギターのりーこの負担が増えて、かなり大変なはず。
アレンジも3人用に組み立て直さなければならないだろうし。
実際、ギターのリズムやセクションは粗さが目立った。
でもそのラフさを吹き飛ばすほどのパワフルなボーカルや、メンバーのパフォーマンスに魅力を感じた。
アンコールで歌った新曲「HELLO」も良かったので、速攻、会場でCDをゲットした。


c0193396_17155730.jpg
c0193396_17161004.jpg




8月に入ってからの週刊レキオ「マハロな音楽」を転載します。
県外の方もご覧ください。


c0193396_15522150.jpg
8/3掲載は、Anly。
ニューシングル「北斗七星」について話を訊いた。
亡き兄についての歌。これまで語ってこなかった曲に込めた想いを、「北斗七星」では語っている。
僕は、彼女が17歳の時、インディーズで発表した『Sixteen』のライナーを書くためのインタビューで、お兄さんの話は訊いていたが、いつか「北斗七星」がリリースされるまで心の中にとどめておこうと思っていた。
今、やっと公開できてうれしく思う。
取材場所は、東京・市ヶ谷のソニーミュージックの六番町ビルにて。






c0193396_15524190.jpg
8/10掲載は、wacci。
セカンドフルアルバム『感情百景』についてのインタビューだった。
とにかくポップなだけじゃない、ロックで、フォークで、ジャジーなwacciの新たな一面も見事に表現したアルバムになっている。
ぜひ聴いてほしいと思う。
取材場所は、東京・恵比寿のオフィスにて。







[PR]

by mahalohilo | 2017-08-14 15:53 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : http://mahalo39.exblog.jp/tb/26889461
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 虹との遭遇、そしてオモイトラン... VAMPSの音が海風にのって >>