2017年 07月 10日 ( 1 )

 

森山直太朗 沖縄公演


c0193396_16234432.jpg
          ▲開演直前の会場。まだ十分青空


昨夜は、森山直太朗くんの沖縄公演を観に行ってきた。
会場は、沖縄コンベンションセンター劇場棟。
チケットはソールドアウト、さらに立ち見もびっしりという大盛況だった。

これで今回の15周年記念ライブツアー『絶対、大丈夫』は、全会場でソールドアウトになった。
それだけ15周年を一緒に祝いたい全国のファンが待っていたということだろう。



じっくり歌を聴かせるところは演奏の音を抑え気味に、そして盛り上げるところでは精いっぱい楽しく。
全国をまわってきたバンドとの息もぴったりだ。

c0193396_16242844.jpg
           ▲楽屋前には、使用された楽器たちが休息中


ステージ前におりたスクリーンに映し出された映像が歌にリンクしたりする。
なかでも、15周年を森山自身が振り返るパートでは、インタビュー映像の髪型に当時のヘアスタイルを重ねて、ファンを楽しませる。

きわめつけは、巨大アフロヘアにベルボトムパンツという70年代サタデーナイトフィーバー的衣装で、ディスコダンスを披露するパートには、会場が大盛り上がり。

凛とした姿で「桜」を歌うイメージを抱いているファンには、MCも含めて、その落差に驚愕したのでは(笑)。
とはいえ、そういったエンターテイメントの部分と同時に、凛として歌う彼もいて、最後まで笑顔で盛り上がったり、ぐっと胸をうったりと、忙しいライブだった(笑)。

c0193396_16252325.jpg
          ▲終演後の撤収




アンコールでは、僕がもっとも好きな曲「12月」を、ベストCD『大傑作撰』の初回限定盤にのみ収録されたニューアレンジで聴かせてくれたのは、嬉しかった。


ツアー終了後のことが気になる。
もしかするとニューアルバムの制作に入るのかもしれない。
ニュースが届けられる日が、とても楽しみである。

c0193396_16255181.jpg
        ▲終演後、ディアマンテスのパーカッショニスト、チカさんと



c0193396_16282550.jpg
           ▲週刊レキオ「マハロな音楽」(6/15号)








[PR]

by mahalohilo | 2017-07-10 16:26 | music | Trackback | Comments(0)