DJ SASA、LOW IQ 01、遊佐未森、スタ☆レビ…充実した東京ライフ

c0193396_13263063.jpg

ずいぶんブログを更新していなかった。

昨日、東京から沖縄に帰ってきた。
東京滞在中は、沖縄と同じぐらい暖かい日があったかと思えば、
急に寒くなったり、朝晩が冷え込んだりと、身体が驚く毎日だった。
それも昨日まで、今朝は暖かい沖縄で、久しぶりにのほほんとした時間を過ごしている。

東京では、うれしい再会があったり、楽しいライブを観たりと、充実した東京ライフだった。



c0193396_13330928.jpg
まずは、DJ SASAさんと4年ぶりの再会。
2タイトル同時発売した『ISLAND SOULS REGGAE〜でーじヒッツやさ!』(DJ SASA with THE ISLAND SOULS)と、『琉球カフェ・ラヴァーズ』(DJ SASA with CHURA LOVERS)について話を訊きたいと思い、取材のオファーをしたのだ。

25度近い暖かい日。待ち合わせたのは、横浜の山下公園。
現場に早く着いたので、気持ちのいい海風を受けながら、久しぶりに横浜を堪能できた。

山下公園の木の下で撮影。
場所を移して、SASAさんの知り合いの店で取材をした。
好きがこうじてパクチーの卸業も始めたというSASAさんだけに、お店もそれ系のレストラン。
まずは再会を祝して、パクチービール!(ビールにパクチーが入ってる!)で乾杯。
パクチー春巻きなど、パクチー料理を食べながらの楽しい取材だった。
SASAさんは、この翌日から沖縄に入り、沖縄国際映画祭のレッドカーペットを歩いたのだとか。

沖縄でのレコ初ライブも決まっていて、
5/20(土)@タワーレコード那覇リウボウ店 13時〜と、15時からの2回。
5/21(日)@イオン那覇店 13時〜 16時〜の2回。

また20(土)、21(日)ともに、国際通りの屋台村でも、19時半〜ライブを行うので、当日観光で沖縄にいる方、もちろんウチナーンチュも観て行ってください。







c0193396_13201343.jpg
翌日は、LOW IQ 01のマハロインタビュー。
場所は、市ヶ谷のディスクユニオン本社にて。
7枚目のソロアルバム『Stories Noticed』(5/24発売)について話をうかがった。
スピード感のある、ごりごりのバンドサウンドが気持ちよいパンキッシュなアルバムだ。

細美武士(The HIATUS)やTOSHI-LOW(BRAHMAN)、Tokyo Tanaka(MAN WITH A MISSION)らをフィーチャーした作品。


ライブツアーも決定。
LOW IQ 01 & MASTER LOW(7人編成)と、LOW IQ 01 & THE RHYTHM MAKERS(トリオ編成)の2パターンでのツアーとなる。詳細はWEBをチェックしてください。






そして翌日が、遊佐未森さんの『cafe mimo』@青山・草月ホールに行ってきた。
今回が17回目。
たぶん半分は観させてもらっているが、毎回、スペシャルなゲストが参加して、遊佐坊とのコラボや楽しいトークで和める。
今回もそれはまったく変わらず。
僕は1日目にうかがった。ゲストは、新居昭乃さん。
おふたりのほんわかしたトーク。でも歌い始めると、難しいハーモニーをなんなくこなすふたりのスキルに脱帽。
tico moonの演奏によるアコースティックな音色で聴かせる音楽に、とてもあたたかい気持ちになったライブだった。






c0193396_13203130.jpg
次の日は、スターダスト☆レビューのライブ@中野サンプラザホールの2日目。
先日沖縄公演@沖縄コンベンション劇場を観たばかりだったが、スタレビのライブは何度観ても楽しい。
3時間半のライブをメンバーも全力で楽しむ姿勢とエネルギーに、観ているこちらも元気とパワーをもらった。
このツアーは、4/28(金)の名古屋国際会議場センチュリーホールを残すのみ。
約1年2ヶ月に及ぶ全国ツアーも、これでファイナルとなる。
ご苦労さまでした!
このツアーの5枚組のライブCDもリリースされるという。しかも5,000円!
楽しみにしていよう。










[PR]

# by mahalohilo | 2017-04-26 14:01 | Trackback | Comments(0)  

SOAKワンマンライブ、明日3/25開催

c0193396_21065724.jpg
今年に入って、毎月行われているSOAKの北谷・ライブハウスMOD'Sでのワンマンライブ。
先月のワンマンでは、新曲を披露したり、客席の人たちと一緒に踊ったりと、とてもフレンドリーなライブだった。

聴いている人たちの気持ちを一瞬にして掴み、取り込んでいくパフォーマンス。
それは、ほぼ毎日行っている、北谷のストリートライブで培ってきたものだろう。

明日、SOAKの3月のワンマンライブが、MOD'Sで行われる。
今回はどんなパフォーマンスを見せてくれるのか。

ぜひこの目で確かめたいと思う。


昨日3/23の「マハロな音楽」@週刊レキオ、を転載します。

取材場所は、北谷にあるHORIZON CURRY WORKS OKINAWA。
とても美味しいカレーが食べられるお店。
目の前が海、夕陽が海に沈むのが見られる絶好のロケーションなので、ぜひ一度行ってみてほしい店だ。






















[PR]

# by mahalohilo | 2017-03-24 21:09 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

the youのライブにテンションが上がった夜、そしてjimama@マハロ

ここ最近はずっとぐずついていた天気がやっと過ぎ去り、
今日は朝から太陽が姿を見せてくれました。
風が心地よくて、とても気持ちの良い日です。

jimamaとG-KENたちとの新春会の後の近況を書いてみたいと思います。
新春会の翌日11日は、the youのライブを北谷のライブハウスMOD'Sに観に行ってきた。



c0193396_11195714.jpg

the youはずっと気になっていたバンドでした。
以前、ブログでも紹介したが、tidanomiyukiさんが主催した『星と音楽とアート』@浦添インターナショナルデザインアカデミー屋上でthe youの演奏を初めて聴いてから、いつかマハロでインタビューをしたいと思っていました。
しかし連絡をとるにも、まったくあてがない状態。
そこでレキオの編集者に相談したら、知り合いにボーカルの伊禮さんをご存知の方がいて、その人つながりでコンタクトがとれたというわけ。
さっそく直接伊禮さんに連絡を入れ、3/12のMOD'Sライブの後にインタビューのスケジュールを出してもらいました。

ライブ当日に写真撮影を行い、17日にあらためて伊禮さんに取材をしました。
初めてのインタビューだったけれど、おたがい音楽ルーツに近いものを感じて、話が弾み、とても楽しい時間でした。
ありがとう。

c0193396_11104028.jpg





15日には、沖縄のダンスボーカルクルー「DEVIL NO ID」の取材を、浦添てだこホールのレッスン室で行った。
県外でのTV出演の翌日にも関わらず、この夜もレッスン前の時間を出してもらい、2時間近く話を聞いた。
十代の女子パワーを受け取ることができるインタビューだった。

c0193396_11122074.jpg





20日は、7!!とSky's The LimitのツーマンライブをMOD'Sに観に行った。
オリオンビールのCMに出演しているオリオンつながりの2グループ。
今年の初荷式の時に、一緒にライブができたらいいね、という話がとんとん拍子で決まり、実現。
なんとチケットは即日完売となったと聞く。
同世代の沖縄のグループが、こうやって一緒に音楽シーンを盛り上げていこうとする姿勢がうれしかった。
オープニングアクトのSOAKも含めて、7!!もスカリミも、とてもかっこいいパフォーマンスを観せてくれた。


今週末25日には、そのSOAKのワンマンライブがMOD'Sで行われる。
8月のミュージックタウン音市場でのワンマンも決まったSOAK。
今後が期待されるボーカルユニットなので、時間がある方は観に行ってください。



3/16の「マハロな音楽」を転載します。
この日は、jimama。
現在、限定3万無料ダウンロードを実施中の新曲「私の中のあなた」について話をうかがった。
DLのURLは、http://やーなれーokinawa

取材場所は、北谷の「Horizon Curry Works Okinawa」。
目の前に海が広がる素晴らしいロケージョンと、オリジナルのラー油をたらして食べるカレーが絶品のお店です。

c0193396_11161659.jpg











[PR]

# by mahalohilo | 2017-03-22 11:18 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

jimamaとG-KENとナルとSOAKと、笑いっぱなしの新春会

c0193396_18161073.jpg

気の合う仲間と一緒に、楽しい時間を過ごすほど、幸せなことはない。
まさに一昨日は、そんな時間だった。

jimamaと、旦那でカメラマンのG-KENと、友達のギタリストのナル(中嶋成臣)と、沖縄出身のコーラスデュオのSOAKと自宅での新春パーティー。

前々からウチで一緒にメシでも食べようよ、という話から、もう沖縄では桜も散っちゃったけど、花見気分で楽しもうぜ!的なノリで集まってもらった。
いつも家飲みはしないというjimama夫妻だけど、んなことはおかまいなしに(笑)、まずはビールで乾杯!

ウチのかみさんが作った手料理を食べながら、G-KENの地元・名古屋時代の武勇伝や、金縛りにあったことはあるか?という話、近所に住んでいた二重人格者!?の話題へと話は進んでいく。
ディープな話題だけど、アルコールのせいか、なぜかみんなで大笑いしながら大盛り上がり。



そのうちに、北谷の美浜でストリートライブを終えたSOAKの二人を迎えて、あらためてカンパーイ!!
SOAKとは、その2日前に「マハロな音楽」のインタビューをした時に初めて話をしたばかり。
あまりに気持ちのいい爽やかな二人だったので、時間があったら新春会に遊びにおいで、と気軽に声をかけたら、うれしいことにライブ終わりで来てくれたというわけ。
ナルとは前から一緒にライブをしたりして、知り合いだったみたい。


c0193396_18243580.jpg

杯を重ねるうちに、ビールが、芋焼酎の白霧島にかわり、さらに中休みで(笑)jimamaが持ってきてくれたスパークリングワインへ。
ここらでG-KENの天然キャラが爆裂(笑)。
SOAKのナーリー(仲宗根)に、「この角度から見るとお笑いの「誰々」(名前忘れた)に似てるよねぇー」とカメラマン目線で、長々トーク。

さらに今度は視線をナルに変えて、「福山雅治に横顔が似てるじゃん!」と告げた瞬間、調子に乗ったナル(笑)は、いきなり「桜坂」を物まねで歌い始めると、全員が、「声まで似てるー!!!」


ギター弾きながら歌って!というみんなからリクエストに、さらに調子に乗って(笑)福山の曲を2曲熱唱。ほんと似てるんだよね、これが。


さらにさらに、今度は調子に乗った観客たちから、SOAKにも「なんか歌ってみて」とムチャぶり。
そこはいい子たち。ちゃんとリクエストに応えて、「夏恋」を歌ってくれました。

目の前での生歌に、みんなから、「いいねぇー」の声と、あたたかい拍手が湧き上がったのでした。



気づけば、深夜2時過ぎ。
仲間との楽しい飲みは、時間を忘れさせてくれる。
ほんと、ほんと楽しかったなぁ。
笑いすぎて、しゃべりすぎて、翌日は朝起きたら、がらがら声でした(笑)。


次は初夏会か? それこそ「夏恋」が似合う季節にやりたいね。



















[PR]

# by mahalohilo | 2017-03-12 18:30 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

「Anly+スキマスイッチ=」と「スターダスト☆レビュー」


c0193396_10050078.jpg

今日の沖縄は、まるで冬に逆戻りしたような寒さだ。
気温15度。
朝遊泳に行ったら、海風に吹かれて、体感温度はさらに2〜3度は低い感じ。
あまりの寒さに、遊泳仲間とのゆんたくもそこそこに、速攻家に帰って、あったかーいコーヒーで暖まったところです。



今日木曜日は、週刊レキオの発行日。
先週分と一緒に今日の「マハロな音楽」を転載します。
県外の方もご覧ください。





まずは、先週3/2号に登場してくれたのは、「Anly+スキマスイッチ=」。
沖縄県伊江村出身のAnlyと、スキマスイッチがコラボしたシングル「この闇を照らす光のむこうに」についてのインタビュー。
話を聞いたのは、東京・世田谷にある某スタジオ。
このシングル曲が、テレビドラマ『視覚探偵日暮旅人』のエンディング曲ということもあり、ドラマを撮影しているスタジオでのインタビューでした。
インタビューの前には、Anlyとスキマスイッチが、主演の松坂桃李さんに挨拶に行くというので、一緒にスタジオ内へ。
ドラマのセットの中で3人で撮影。松坂さんにもコメントをいただいた。そちらで書いた記事はWebニュースとして配信されたので、ご覧になった方もいるのでは?
和やかで楽しいインタビューでした。


c0193396_10053558.jpg




そして本日3/9号のアーティストは、スターダスト☆レビュー。
去年から続く35周年のコンサートツアーの沖縄公演について話をうかがった。
沖縄が好きだという根本要さんへのインタビュー。
ご両親のことなどプライベートな話までしてくれた親孝行な要さんに、さらに惹かれた。
沖縄公演は、4/1(土)沖縄コンベンション劇場で行われる。


c0193396_10062646.jpg



「マハロな音楽」のインタビューは続行中。
先週は、jimamaさんを、そして昨日はSOAKのインタビューを北谷で行った。
その記事は近々掲載予定なので、お楽しみに。


▼jimama
c0193396_10151513.jpg



c0193396_10152736.jpg
▲SOAK

[PR]

# by mahalohilo | 2017-03-09 10:17 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

モトクロスレースに興奮! そして「マハロ」はHYのインタビュー!

昨日はポカポカ陽気の晴天だったのに、今日は曇天でかなり寒い。
三寒四温というけれど、沖縄は二寒三温なのかも。
朝遊泳でも海水温は例年よりも低いし、風も冷たい。
だからか、いつも一緒に泳いでいる仲間たちも泳ぐ人が少なくなった。
3月は上京しないので、僕はよんなーよんなーしています。
早く暖かくならないかなぁ。


c0193396_10434370.jpg

25日(土)は、名護で行われたモトクロスの大会「ALL STAR MOTOCROSS in OKINAWA 2017」を観に行ってきた。
若い頃から僕はバイクが好きで、一時はバイクレースの取材をしていた時期もある。
ヨシムラ、モリワキの全盛期だった。
毎年、鈴鹿8時間耐久レースの取材に行っていた。
鈴鹿に会社があるモリワキエンジニアリングで、森脇さんのインタビューをしたり、神奈川にあるヨシムラの工場に出場するレースバイクを取材、その後、ポップ吉村さんのインタビューを自宅で行わせてもらったりもした。
嗚呼、懐かしい想い出だ。

友達のデザイナーのカッサイが、名護のモトクロス大会に関わっていることもあって、今回誘ってくれたのだ。
この日は、レース前日のフリー走行だったが、それでも間近で見る迫力に心が踊った。
イグゾーストノイズの爆音と、オイルの匂い、ジャンプやドリフト、本番さながらの走りに血がわいた。

IA1やIA2のライダーたちの走行もすごかったが、かつてモトクロスシーンを牽引してきた50〜60代のマスターズ選手たちの走りも見物だった。
ゼッケン130 伊田井佐夫さん(60)の走りは圧巻だったな。

翌日、僕は行けなかったが、雨。
コンディションが悪い中で、迫力のレースが行われた様子。
優勝は、フリー走行でも圧巻の走りを見せていたIA1のゼッケン1 成田亮さん(36)だと新聞は報じていた。

また来年も観たいと思った。

c0193396_10480791.jpg
c0193396_10475063.jpg
       photo by mahalohilo





そして、「マハロな音楽」。
今週木曜日2/23に掲載されたのは、「HY」。
12枚目のアルバム『CHANCE』について。
インタビュー場所は、沖縄市にあるスタジオで、リハーサル前の時間をもらって話を聞いた。

個人的には、新里作の「あの日のまま」と名嘉作の「BLUE」、そして仲宗根本人出演のライザップのCMソング「DEBUと言われて」(初回盤特典CD)。
CMはまだ見れていないけど、イズいわく、before〜afterをドキュメンタリータッチで構成したものらしい。楽しみです。

c0193396_10494075.jpg





[PR]

# by mahalohilo | 2017-02-28 10:51 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

Anly、そして馬場俊英のインタビュー


c0193396_09135793.jpg

母の四十九日の法要も無事に終わり、ひと息。
でも母のいない、がらんとした部屋にいると、色々なことが思い出されて、母の存在の大きさを改めて感じます。



一昨日、沖縄に帰ってきました。
上京中は雪が降ったりと、毎日寒い日が続いていたので、まだまだ沖縄も寒いとは言っても、暖かいなぁ。
かじかんでいた身体の筋肉や細胞が、ゆっくり開いていく感じ。
やっぱり過ごしやすいなぁ、沖縄は。





2月の「マハロな音楽」(週刊レキオ)の記事を転載します。

2週目(2/9)は、Anly。
20歳になったばかりの伊江島出身のシンガーソングライター。
取材をしたのは1/23。沖縄に帰ってきた時に、プロデューサーの首里の実家でインタビューをした。
東京に戻る前の貴重な時間を出してもらい、感謝です。
Anlyと初めて会ったのは、インディーズ時代のミニアルバム『Seventeen』のライナーを書くためのインタビューで。当時18歳の高校生は、音楽シーンに飛び出して、今では本格派シンガーソングライターとして成長中。
ウチナーンチュの活躍に、これからも期待したいと思う。


c0193396_10202550.jpg







そして本日(2/19)に記事が掲載されたアーティストが、馬場俊英。
レコード会社を移籍した第一弾シングル「I HAVE A DREAM」について話をうかがった。
この新作には、すでにアコースティックライブで披露されていた曲たちを収録。
昨年、目黒パーシモンホールで初めて聴いて、心に深く残っていた「I HAVE A DREAM」は、聴くたびに胸をうつ曲だ。
記事でも触れたが、必要なものだけをもって、残りの日々を生きよう、と歌う歌詞に、今の馬場君の想いと自分の想いが重なって、ぐっとくるのだ。

このシングルには、ボーナストラックに6曲もライブ音源が収められているスペシャルな内容なので、ぜひ聴いてほしいと思う。

c0193396_10194194.jpg


c0193396_10281557.jpg










[PR]

# by mahalohilo | 2017-02-16 10:23 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

7!!のいろいろ

c0193396_10381955.jpg

只今、上京中。
つい2日前は東京でも小雪がぱらついたり、
今日は晴れているけど、ものすごく寒かったり。
沖縄もかなり寒い!と妻から連絡があったし、
寒気の影響で、日本列島は真冬に逆戻り。

少しでも春を感じてもらいたいので、
先月自宅近くの公園で撮った桜の写真を載せます。
この時は五部咲きぐらいだったけど、
僕が東京にいる間に、たぶん満開は過ぎちゃったはず。




c0193396_10391392.jpg


週刊レキオの「マハロな音楽」、2月の1週目(2/2)に登場してくれたのは、7!!(セブンウップス)。
ニューアルバム『セツナエモーション』について話してもらった。

インタビューは、昨年12月、那覇にある練習スタジオで行った。
なお、アルバムのスペシャルサイトに掲載されているメンバーによる各曲の解説(セルフライナー)も、この時に取材したものだ。
ぜひ読んでみてください。みんないいこと話してくれてるので。
スペシャルサイトは、http://www.sonymusic.co.jp/Music/Info/7oops/setsunaemotion/



7!!とは、一緒にBBQをしたり、LINE仲間だったりと仲良くさせてもらっている。
先日は、新年うっぷす会!と、勝手に名づけた新年会も我が家でやったばかり。


KEITAが持ってきてくれた宮崎の芋焼酎がめちゃうまくて、僕はただの酔っぱらいになって、どうやらメンバーに、初めてインタビューしたアーティストのことや、大好きなアルバムなどについてアツく語ってたようです(笑)。

いっぱり飲んで、いっぱい話して、いっぱい笑って、楽しい夜でした。

2017年は、楽しい年になりそう!
ありがとうね、みんな。

c0193396_10441912.jpg






[PR]

# by mahalohilo | 2017-02-11 10:50 | 沖縄 | Trackback | Comments(2)  

心機一転、レキオ「マハロな音楽」1月分、一挙!?掲載

c0193396_16193749.jpg

沖縄に暮らし始めて今年で13年、沖縄の程よい時間の流れが僕には合っているようで、
すっかりヨンナーヨンナーした生活になってる今日この頃(笑)。

ずーっとずーっと滞っていた週刊レキオ「マハロな音楽」のブログへの転載。
ちゃんと県外の皆さんにも読んでいただきたく、
今年から、心機一転、滞らないようにしていきたいと思います。


まずは今年に入ってからの1月分を一挙転載します!



1月の第1週目(1/5)は、ブルースギタリストのレジェンド、内田勘太郎さん(憂歌団)に登場していただきました。
インタビュー場所に選んだのは、北中城村にあるホテルコスタビスタ沖縄の1Fのカフェ。
このホテルには、ランチを食べによく行きます。有機野菜を使ったサラダや料理がとっても美味しいので。
勘太郎さんとは年齢が近いこともあって、取材が終わってからも、2時間以上いろんな話していました。楽しかったなぁ。

c0193396_16125342.jpg



2週目(1/12)は、遊佐未森さん。
取材場所は、横浜のベイシェラトンホテル&タワーズ内のカフェ。
彼女の飲み物は、やはり今回も、紅茶でした。紅茶が似合います。
ニューアルバム『せせらぎ』について、じっくり話を訊くことができました。
「心のせせらぎに耳を澄ますひとときを持つのも大事だと思うんです」という彼女の言葉に、ぼんやり生きてる自分に気づいたりして(笑)。“心のせせらぎ”っていい言葉だな。

c0193396_16133792.jpg




3週目(1/19)は、シンガーソングライターの藤田麻衣子さん。
CDデビュー10周年のベストアルバムについて。
そして、デビュー時からの夢だった4/1のオーケストラの演奏で歌うソロコンサートについて話をうがかいました。
余談ですが、ついこの間、wacciのライブ@豊洲PIT(2/4)の楽屋で、ばったり再会! wacci橋口君とお友達だそう。

c0193396_16141346.jpg




そして最終週(1/26)は、フルカワユタカさんに登場していただきました。
フルカワさんは、スリーピースロックバンド「DOPING PANDA」(2012年に解散)のボーカル、ギタリスト。
ここではセカンドソロアルバム『And I'm a Rock Star』についてインタビューした。
クールでアツい、大人のロックスターでした!

(掲載データが手元にないので、後日UPします。ひとまず彼の写真を)

c0193396_16240508.jpg












[PR]

# by mahalohilo | 2017-02-08 16:27 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(2)  

安らかに…

c0193396_16344014.jpg


気づけば、もう2月。
2ヶ月以上、ブログの更新をしていなかった。



昨年の大晦日、母が急に空に旅立ってしまった。
94歳だった。
人は皆、94歳と知ると、大往生だね、という。
しかし、前日の朝までは普段と変わらない生活をしていたというし、その10日ほど前に沖縄に戻る僕に手を振って見送ってくれた元気な姿を思い出すと、あまりの突然の旅立ちがまだ信じられない。

前日の朝、デイサービスの玄関で足が縺れて、転倒。
大腿骨上部を骨折したのが、原因だった。
齢をとったら、骨折しないように気をつけること。
いつもそう告げて、本人も僕らも気をつけていたのに。
ふとした気の弛みや日常の慣れで起こってしまったのかもしれない。
骨折の耐えきれないほどの痛みが心臓の大きな負担となって…。


昨年9月の終わりに、姉と一緒に遊びに来たのが、最後の沖縄になった。
実は今年、沖縄で暮らすことを考えて、動き始めた矢先の出来事だった。
もう少し早く進めていれば…と悔いが残る。
今更言っても、時は後戻りできないのだけれど。



遺影には3年前、沖縄の我が家に2ヶ月ほど暮らした時に、浜比嘉島の浜辺で撮った写真を使った。
沖縄が大好きだった母に、いつまでも沖縄を感じてほしいと思ったからだ。

碧い海と、波打ち際の澄んだ水辺を背景にした笑顔の遺影の中で、
静かに時間が止まっている。


c0193396_16210834.jpg












[PR]

# by mahalohilo | 2017-02-05 16:37 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

星と音楽とアート

c0193396_18094137.jpg
心地よい空間。
昨夜、夜空と街の灯、やわらかな海風を感じながらの『星と音楽とアート』は、そういう気持ちの良いイベントだった。

場所は、沖縄・浦添の58号線沿いにあるインターナショナルデザインアカデミー(IDA)の屋上。

シンガーソングライターtidanomiyukiが企画、出演。の生徒達がプロジェクションマッピングやアート作品などで参加した、まさにイベントタイトルどおりの空間。

美味しそうなスープのかおりと綺麗な夜景とともに聴く素敵な音楽に、幸せな気持ちになったライブだった。

[PR]

# by mahalohilo | 2016-11-27 17:29 | music | Trackback | Comments(0)  

サメ騒動も一段落…そして9月の「マハロな音楽」



北谷のビーチ付近にサメが出没した影響で、近郊のビーチでの遊泳禁止が続いていたが、
宜野湾トロピカルビーチは、本日から遊泳禁止が解除された。
ここ数日で数頭のサメが捕獲されたことで、解除が決まったのだろう。
北谷の宮城海岸の沖にはサメがいる、と聞いたことはあるが、今回はビーチのすぐそばだったので遊泳禁止は当然の措置だった。
今月いっぱいは遊泳期間中なので、また泳げるのは嬉しい限りだ。



c0193396_12244576.jpg

昨日は、沖縄の現役女子高生シンガーソングライター、安次嶺希和子さんのインタビューをしに、那覇まで行ってきた。
取材場所は、取材のアテンドをしてくれたPMエージェンシーのO城女史が見つけてくれたカフェ。
ハロウィーンの季節にぴったりの、なんともメルヘンチックなお店だった。

安次嶺さんは試験を終えた足で、そのまま取材場所にやってきた。
もちろん制服のままだ。
10/26にリリースされる初のミニアルバム『TROPICAL GREEN』について色々な話が訊けた。
明るくて元気な笑顔に、逆にたくさんパワーをもらった気がする。
ポップで爽やかなトロピカルポップミュージックを収録した『TROPICAL GREEN』。
ぜひ聴いてほしい。





今日も、週刊レキオ「マハロな音楽」を転載します。
今回は9月分。
県外の方もご覧ください。(他への転載禁止)



         ▼9/1号 我那覇せいら(元ティンクティンク)
         取材場所:アジマー
c0193396_12255301.jpg





         ▼9/8号 DIR EN GREY 薫
         取材場所:那覇 PINE TREE BLESS
c0193396_12262929.jpg










▼9/15号 Manami
取材場所:天久テラス
c0193396_12265860.jpg









         ▼9/22号 上地 等(BEGIN)
         取材場所:那覇りゅうぼう
c0193396_12272858.jpg







        ▼9/29号 ハルカトミユキ
        取材場所:那覇りゅうぼう
c0193396_12275846.jpg






















[PR]

# by mahalohilo | 2016-10-22 12:36 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

青空とトンボと、マハロな毎日


c0193396_11420059.jpg

沖縄に帰ってきた。
10℃台だった東京にくらべて、こちらはまだ29℃〜30℃オーバー。
この暖かさに、いい意味で心身ともに緩んでます(笑)。

朝、近くのトロピカルビーチに行ったら、またトンポが大量に飛んでいた。
台風が発生するのかな!?


15日には藤田麻衣子さんの初の沖縄ワンマン@桜坂セントラルを観てきた。
ピアノ弾き語り。以前にくらべると、力みがとれて、演奏もボーカルととても自然体な感じを受けた。聴いている方もリラックスできる分、歌詞が胸に届いてくる。
県外からもたくさんのファンが会場に来ていた。
藤田さんのご両親もいらっしゃっていた。
両親への感謝を歌った「手紙」も歌われた。
その時、ご両親はどんな想いで聴かれていたのだろう。
そう考えるだけで、うるうるきた。

ライブ終了後、楽屋でご両親にお会いした。
とても優しそうなお父さんと、明るく元気そうなお母さんだった。
元気で明るくて、涙もろい藤田さんだが、このお二人を見て、なるほど、と納得できた。

ライブの翌日から2日間、ご両親と沖縄旅行をすると言っていた。
2日間とも天気が良くて本当によかった。
楽しんでくれただろうか…。




週刊レキオ「マハロな音楽」の8月掲載分を転載します。
(他への転載不可)



▼8/4号 ORANGE RANGE

取材場所:FM沖縄
c0193396_11253423.jpg




▼8/11号 中村一義

取材場所:神谷町の昭和レトロな 喫茶店
c0193396_11174549.jpg





▼8/18号 7!!

取材場所:沖縄市のレコーデングスタジオ

c0193396_11224774.jpg








▼8/25号 スクガラス

取材場所:北谷の「北谷海辺のバルカフェ」
c0193396_11245902.jpg












[PR]

# by mahalohilo | 2016-10-18 11:33 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

wacci、シクラメンのライブ、そして久しぶりの「マハロな音楽」

只今、上京中。
今回は1週間の東京ライフなので、ライブやインタビューなどで、あっという間だった。

wacciのツアーファイナル@渋谷duo MUSIC EXCHANGEも観れたし、イベント@渋谷O-Crestでは久しぶりにシクラメンにも会えた。
シクラメンのアゲアゲのライブでは、思わずフロアのみんなと一緒に手を振り上げたりして…。ホント、楽しい時間だった。

c0193396_17411287.jpg




明日、沖縄に帰ります。
東京は急に秋になったけど、沖縄はどうだろう?
まだ暑いのかな!?
また報告します。


ところで週刊レキオ「マハロな音楽」の転載がかなり滞っていました(苦)。
すみません。
徐々にUPしていきますね。
ひとまず7月分から。


c0193396_17464682.jpg





c0193396_17494428.jpg




c0193396_17502372.jpg














[PR]

# by mahalohilo | 2016-10-12 17:51 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

約束の地で…


c0193396_1752888.jpg



ハルカトミユキ、約1年ぶりの日比谷野音ライブが昨日行われた。

その間に全国47都道府県をライブで巡り、心身の面でも確実に成長した二人を観たいと思った。

そして沖縄でインタビューをした時に二人と約束した通り、約束の地、日比谷野音のファイナルを観てきた。

感動。
使い古された言葉だけれど、会場を後にしながらこの言葉しか思い浮かばなかった。

「夜明けの月」の歌が心に沁み、「DRUG & HUG」で身体の細胞が騒ぎ、この日のために新しく歌詞を書いたという「LIFE」に心がザワつき、胸が熱くなった。



素晴らしいライブだった。



いつの日か、沖縄のハルカトミユキFanと共にライブが観れる日を願って…。



c0193396_1841819.jpg

[PR]

# by mahalohilo | 2016-09-25 17:57 | music | Trackback | Comments(0)  

日比谷野音。馬場俊英、ハルカトミユキ

只今、上京中。

馬場俊英君の日比谷野音で開催された「20th ANNIVERSARY SPECIAL NIGHT〜野音でピース!2016」に行ってきた
本人はステージで、なにげに雨男だから…と言っていたが、僕が台風を連れてきちゃったのかな(苦笑)。

最後まで、ずっと雨…。
ずっと雨だったけど、なぜか僕の心は晴れやかだった。
きっと馬場君も同じだったと思う。
20年、上り坂も下り坂も、石コロだらけの道もあったはず。
それでも一歩一歩、時には遠回りしながらでも歩みを続けての20周年。
こんな雨なんて、Welcome Rainだ!くらいの気持ち!?だったんじゃないかな、と僕は勝手に思っているのだけど。

仲間のミュージシャンたちもお祝いにかけつけ、ステージでのスペシャルなコラボが実現した。
Sing Like Talking佐藤竹善、斉藤誠、そして伊勢正三。


竹善とはシングライクの「Spirit Of Love」と、馬場君の「スーパーオーディナリー」のコラボが聴けた。
また斉藤誠とは、センターステージで、斉藤のデビューアルバムから『ララル』、さらにアルバム『屋根裏部屋の歌』でも共演した「今日も君が好き」を2人で演奏。
僕はセンターステージのすぐ横の席だったので、誠さんの表情や指の動きもばっちり見えた。

そして、「ギターを始めて最初に弾けた曲を書いた方と、まさか一緒のステージに立てるとは」と馬場が感激していた伊勢正三とは、伊勢との共作曲だという新曲「幸せの坂道」と、竹善と斉藤を呼び込んでのアッパーチューン「海風」、そして「なごり雪」を披露してくれた。



雨に打たれながら、この日も僕の心に涙を降らせたのは、やっぱり「ラーメンの歌」だった。

なんてことないラーメンを題材にした歌なのに、いつもこの曲を聴くと、やばい。
いろんなシーンが自分と重なって、ホントやばいんだよな。

でも涙は雨が流してくれたから、ピース。
頑張ってイイ歌を届けてくれた馬場君に、ピース!
スタッフに、ピース!!
そしてなによりも、雨の中、最後まで雨合羽姿で声援を送っていたBABA HEADSに、ピース!!!


素晴らしい20周年の締めくくりの日比谷野音ライブだった。
この夜も、想い出の宝箱に入れておこうと思う。

20周年、おめでとう。
そしてこれからもよろしく!







24日(土)には、先日沖縄でインタビューしたハルカトミユキの日比谷野音ワンマンライブがある。

インディーズ時代のE.P.『真夜中の言葉は青い毒になり、鈍る世界にヒヤリと刺さる。』の中の「ドライアイス」を初めて聴いた時の強烈なインパクトを、今も瞬時に思いだすことができる。

ネガティブな言葉の裏に潜むメッセージが鋭く突き刺さる。
深夜にへばりついた出口のない深い闇に墜ちていく悪夢。目覚めた後の嫌な汗。これが現実ならと思うだけで背中が凍りつく。凍りついた身体をあたためてくれる人がいたら。少しでも出口に灯りをともしてくれたら…。

聴きながらそんなことを思った記憶がある。


c0193396_12091347.gif

あれから3年半、ニューアルバム『LOVELESS/ARTLESS』は、出口の灯りを見つけて、少しずつだけど彼女たちなりの前向きさで、新たな一歩を踏み出した作品だと思う。

ミユキが新たに作曲に参加したのも影響しているのだろう。
激しいロックチューンから、エレクトロなダンスミュージック、もちろんアコースティックな曲もある。かっこよくて、ぐっとくるアルバムなので、ぜひ聴いて欲しいと思う。


僕は日比谷野音でロックな「DRUG & HUG」を、爆音のバンドサウンドで聴いてみたい。
それが、今から楽しみである。

 







[PR]

# by mahalohilo | 2016-09-21 12:11 | music | Trackback | Comments(0)  

沖縄の青空の下で聴くと、一層アガれるLOW IQ 01 & MBM


c0193396_19252683.jpg


快晴,時々スコールの沖縄。
青空だなと思っていても、いつの間にか灰色の雨雲が流れてきていて、急にざーっとひと雨きたりという毎日だ。

昨日は、7!!のニューシングル「FLY/世界を回せ!!」(8/24発売)のレコ発イベントを、イオンモール沖縄ライカムへ観に行ってきた。
キラキラ☆ドラムMAIKOのギプスもとれて良かった。ただしこの日はまだカホーンは叩かず、コーラスに専念していたが元気な姿を見れてひと安心。
「FLY」(オリオンスタイル新CMソング)、「世界を回せ!!」(オリオンスタイル初代CMソング)、「横顔」(OTV飲酒運転根絶キャンペーン2016テーマソング)の、沖縄では誰もが知るシングル収録の3曲のほか、「オレンジ」などのヒット曲も披露していた。

c0193396_18495698.jpgこれから日本各地で同レコ発イベントを開催した後、9/17の札幌を皮切りに全国11ヶ所におよぶライブツアーが待っている。
ツアータイトルの『〜いちゃりばみーんな☆うっぷすふぁりみー!!〜』のとおり、一度ライブを観た人は、7!!のファミリー!
みんながひとつの輪になれる楽しいライブを体感してほしいと思う。

詳しいスケジュールは、オフィシャルホームページ http://7oops.com でチェック。



そして、最近また沖縄の空の下、運転中によく聴いているのが、LOW IQ 01 & MIGHTY BEAT MAKERSの最新アルバム『THE BOP』。
爆音で聴いていると、なんかモヤモヤした気分の時もすかっとする最高の音楽だ。

少し前になるが「マハロな音楽」のインタビュー記事を添付しておきます。

c0193396_18443635.jpg




[PR]

# by mahalohilo | 2016-08-21 19:00 | music | Trackback | Comments(0)  

ハブくらげ、そして中村一義、7!!@マハロな音楽

c0193396_16545074.jpg

今朝、見事な!?ハブくらげを目撃した。
トロピカルビーチから出島に向かった歩いている時のことだ。
何気なく岸の近くの海を見ていると、なにやら透明の球体(中は黒い)がたくさんの黒くて長い糸を引いて漂っていた。
よーく見てみると、大きなハブくらげだった。
波打ち際からもそれほど遠くない。
で、その波打ち際には子供とおばあちゃんが遊んでいる。
急いで行って、くらげのことを話した。
ハブくらげは海水温の高いところにやってくる。
今の時期は波打ち際の水温があたたかいから、その近くにやってきたというわけだ。
このビーチであんなに見事なハブくらげを見たのは初めてだった。
海に入る時、特に自然ビーチではハブくらげに注意してください。
さされてしまったら、まずはすぐに酢をかけて、酷い場合は病院に行ってください。
ハブくらげはホントに恐いですから。



週刊レキオ「マハロな音楽」の8/11号(中村一義)と、8/18号(7!! セブンウップス)の記事を転載します。
ぜひ県外の方もご覧ください。


c0193396_16285324.jpg


c0193396_16295514.jpg


[PR]

# by mahalohilo | 2016-08-19 16:36 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

道じゅねー@大山



c0193396_21384768.jpg


前回のブログで台風トンボのことを書いたと思ったら、すぐに台風7号が発生。
やっぱり台風トンボ伝説を確認した今日この頃。
今、お盆の沖縄では県内各地で「道じゅねー」が行われている。
唄者の歌に合わせて、エイサー踊りをしながら町中をねり歩くこの時季の行事だ。

ウチの近くでも歌とエイサー太鼓の音が聴こえてきたので、見に行ってみた。
腹に響く太鼓の音に誘われるように歩いていくと、道じゅねーと出逢った。
子供たちを中心にエイサー踊りが繰り広げられている。
「チョンダラー」も大活躍だ。


明日はウークイ(お送り)。


       ▼チョンダラー
       
c0193396_21372617.jpg



c0193396_21381893.jpg





[PR]

# by mahalohilo | 2016-08-16 21:40 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

台風トンボと、久々に週刊レキオ「マハロな音楽」


c0193396_09540936.jpg

本土では連日37℃を超える猛暑というニュースを見て、驚いている。
自分は生まれも育ちも東京だが、昔は体温以上の気温になったという記憶がないからだ。
地球規模で異常気象なのだろう。

沖縄では海に囲まれているため、海風で32℃以上になる日があまりない。
しかし今年は台風が少ないこともあって、海水温が高く、サンゴの白化が進んでいる。
海に入るとすぐに目にするのは、いたるところで白く変色したサンゴ。
何年か前も白化が進んだことがあったが、今回もそれに近い状態だ。

あまり台風が多いのも嫌だが、少ないのもサンゴのことを思えば、どうなのか…。

今朝、ビーチに行った時、たくさんのトンボが飛んでいた。
ブログで何度か書いてきたが、これは台風トンボといわれるものだ。
台風トンボが現れると、数日後に台風が発生する。
これはほぼ確実だ。

注意していたいと思う。


そういえばずいぶん長い間、週刊レキオの記事を転載していなかった。すみません。
8月分から再開しようと思います。
まずはORANGE RANGEに登場してもらった8/4号から。

HIROKIとRYOに、FM沖縄の応接室でインタビューした記事です。
(同記事の転載禁)

c0193396_09553052.jpg
















[PR]

# by mahalohilo | 2016-08-09 09:56 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)