カテゴリ:マハロな音楽( 115 )

 

台風トンボ再び、そして久しぶりのマハロな音楽


c0193396_08283249.jpg

週末に、台風21号が直撃しそうな感じだ。
数日前から台風トンボが群れで飛んでいるなと思っていたら、やはり台風が発生。
ここ数日は、晴れていたかと思えば、急に強いスコールや雷雨になったりと、変わりやすい天候が続いている。
今もしとしと雨だ。
昨日、ファル娘が逝って1ヶ月が経った。
まだまだそばに居る感覚がある。
ふとした瞬間に、ついこの間までここで寝ていたなとか、朝食をとっている時、僕のそばで上目づかいに、パンが欲しいなという表情で、僕をがん見していたなぁとか…。
いつまでもそうやって、いろんな仕草が心に残るんだろうなと思う。
やばい、やばいつい感傷的になっちゃうな。

ずいぶんご無沙汰していた週刊レキオ「マハロな音楽」を転載します。
県外の方々もご覧ください。


8/24号は、ISEKI(元キマグレン)。
c0193396_08102673.jpg




8/31号は、ポニーテールリボンズ。
c0193396_08114696.jpg


台風が直撃しそうな地域の方は、十分に気をつけてください。
また雨が強くなってきた…。












[PR]

by mahalohilo | 2017-10-19 08:29 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

The ManRay@マハロな音楽。8/25(金)那覇Outputで2MANライブ


c0193396_10564007.jpg


今朝も虹を見た。
一瞬、ざーっと強い雨が降った後、雲間から太陽が姿を見せた時に、
海の上に大きな虹が半円を描いていた。
しかも、しばらくすると二重にかかるダブルレインボーになった。
写真に撮れなかったのが、残念!と思いながら、心の中にしっかり焼き付けた。
きれいな虹だった。


先週の週刊レキオ「マハロな音楽」を転載します。

8/17掲載号は、The ManRay。
沖縄県出身の3人を含む5人組。
大人の空気感が漂う音楽に惹かれるのロックバンドだ。
デビューEP『You will be mine』について話をうかがった。
インタビュー場所は、東京・渋谷駅前のビル内にあるカフェで。

彼らは、明後日8/25(金)に、沖縄でライブを行う。
石垣島出身の「トレモノ」とのツーマン。
ウチナーンチュのみなさん、そして観光で来られている方、もし時間があったら那覇のOutputへ、ぜひ。
素敵な時間になると思いますよ。
開演は19時。


c0193396_10553826.jpg





[PR]

by mahalohilo | 2017-08-23 10:57 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

多和田えみ、岩瀬敬吾、久しぶりに再会した二人


c0193396_19471573.jpg

沖縄に帰ってきて、ちょうど1週間。
日中は強烈な陽射しを実感し、夕方は水平線に沈む夕陽を堪能しています。
時間の流れが緩やかで、のんびりしています。

週末は2日間、ケツメイシが宜野湾市海浜公園屋外劇場でライブを行った。
朝遊泳の時から、開場の順番待ちで並ぶファンの人たちを見て、いくら木陰とはいえ、こんなに朝早くから暑い中で待つとは、ファン心理ってすごいな、すごいパワーだなと…。

僕は家の窓から見えるライブ終了時の花火を2日間楽しませてもらいました。
ありがとう、ケツメイシ。

そして会場前の広場には、昨日から「VAMPS」のツアートラックが停まっている。
週末8/5、6に屋外劇場でライブがある。
怪しい動きをしている台風5号が接近しないことを祈っています!




琉球新報の副読紙「週刊レキオ」に毎週掲載している「マハロな音楽」を転載します。
県外の方もご覧ください。(転載禁止)


c0193396_19413841.jpg
7/20号は、多和田えみさん。

僕が暮らす宜野湾市出身のシンガーソングライター。
デビュー前から、もう何度も取材してきた音楽性も人柄も僕の大好きなアーティストだ。

インタビューは、元ウルルのユタカ兄が経営する「窯焼&バル マルミヤクラフター」で行った。
久々に会ったこともあるし、彼女もよく知っているユタカのお店だったこともあり、楽しいインタビューでした。ていうか、話が尽きなくて、結局、取材後には僕の家で飲み会となりました(笑)。
ユタカもお店がひけた後に奥さんと来てくれて、いっぱい話せた楽しい時間でした。
えみちゃん、ユタカ夫妻、ありがとう!!!!!

c0193396_19501181.jpg
c0193396_19503245.jpg






c0193396_19433244.jpg
7/27号は、元19(ジューク)の岩瀬敬吾くん。

ずっと再会したくて、人を介して、敬吾くんの携帯を教えてもらい、ついに実現しました。
諦めずに、願い続けていれば、想いは届くんだなぁ、と改めて実感した取材でした。
インタビュー場所は、渋谷の駅前のカフェ。
取材中には、突然の大雨が降ったようで、話し終えて、外に出てみたら道路はびしょ濡れ。
店内にいたから、まったく気づかなかったけど。
やんでくれたので、外(駅前の交差点)で撮影しました。
ちなみに最近作『象になった君の夢』のCDジャケットのデザインをしたのが、僕の沖縄時代からの友人のカッサイが手がけていることを後で知り、速攻カッサイにも連絡して、今度東京で再会の祝杯をあげることを約束したという後日談も(笑)。
なんか繋がっているなぁ〜。

c0193396_19511057.jpg






c0193396_19453914.jpg

明日、8/3号は、Anly。
伊江島が生んだシンガーソングライターの登場です。
ニューシングル「北斗七星」について話を訊きました。
掲載後に、また転載したいと思っています。
お楽しみに!!


c0193396_19464816.jpg


























[PR]

by mahalohilo | 2017-08-02 19:51 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

9th clapと上間綾乃@マハロな音楽


c0193396_20401471.jpg

ただ今、上京中。

今日の東京は、最高気温35℃の猛暑日。
沖縄の気温より高い。暑さに慣れている身にも、しんどい1日でしたね。
明日はどうなることやら。




今日は、7月前半の「マハロな音楽」@週刊レキオ、を転載します。


まずは7/6号の9th clap(ナイスクラップ)。
沖縄出身の“ゆとりパンクバンド”。
ぽっちゃり体型のボーカル「シュレック」と、楽しい仲間たちによる、とても明るく元気なバンドだ。
彼らに、ファーストミニアルバム『SPECIAL FOOD!!』について話を訊きました。

c0193396_20415188.jpg







7/13号は、上間綾乃。
ニューアルバム『タミノウタ〜伝えたい沖縄の唄』についてインタビューした。
取材したのは、那覇りうぼう内の控え室で。
りうぼう前広場で行われたリリースイベント終了後に時間をいただいた。

c0193396_20432484.jpg






明日は、元「19(ジューク)」の岩瀬敬吾くんのインタビューをしてきます!
会うのは何年ぶりになるのだろう。
とにかく久しぶりなので、とても楽しみです。

























[PR]

by mahalohilo | 2017-07-17 20:56 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

THE SAKISHIMA meeting、沢田知可子、森山直太朗、沖縄3バンド、トレモノ@マハロな音楽 インタビュー


c0193396_15300123.jpg

先島諸島を通過して、本土に向かっている台風3号。
その影響か、沖縄本島(宜野湾)では、時折強い風が吹いている。
ビーチに泳ぎに行ってきたが、オフショアだったのですぐに帰ってきた。
離岸流は、思っているより流れが速いので。

7月。
今年も半分が終わってしまいました。
年々、時間の流れが速くなるのは、なんなのか。
歳をとってくると、1年が速い!という人がいるが、そういうこと!?
毎日を大事に過ごしていこうと思う。



「マハロな音楽」@週刊レキオの6月分の記事を転載しようと思います。
県外の方にはなかなか触れることのないフリーペーパーなので、ご覧になってください。


6/1号は、THE SAKISHIMA meeting。
新良幸人と下地イサム。石垣島と宮古島の先島出身による2人に、ニューアルバム『THE SILENT OF SAKISHIMA』について話を訊いた。
取材場所は、PMエージェンシーのオフィスにて。

7/1にツアーファイナルを、桜坂劇場ホールAで観た。
幸人さんのキャラが、ライブと酔いが進むにつれて、アップしていくライブだった。

c0193396_09503203.jpg

c0193396_15302955.jpg






6/8号は、沢田知可子さん。
6/25に行われた「第二回奥武山大琉球神楽〜天の岩戸開きの巻〜」@沖縄県立武道館・アリーナ棟、についてインタビューした。
取材場所は、東京・渋谷のホテルのカフェにて。
忙しい中、時間を作っていただき、感謝です。

c0193396_15305045.jpg





6/15号は、森山直太朗さん。
デビュー15周年のアニバーサリーツアー『絶対、大丈夫』の沖縄公演(7/9@沖縄コンベンションセンター劇場棟)について、色々話を訊いた。
デビュー当時に東京で女性誌の音楽ページのインタビューしたことがあるが、それ以来、14〜5年ぶりの取材だった。
音楽に真摯に向き合う姿が、まったく変わっていなかった。
とても真面目な人である。
取材場所は、那覇の沖縄テレビの会議室にて。

c0193396_15311243.jpg






6/22号は、海外でのフェスに参戦が決まった沖縄の3バンドのメンバーに集まってもらった。CHURASHIMA NAVIGATORの堀内加奈子さん、the youの伊禮勇希くん、そしてWA RUBBERSのフェイフォン。モンゴルとロシアへ、オキナワンバンドの音を轟かせてきてほしい。
取材場所は、北谷の海の見えるカレーショップで、カレーを食べながらのインタビューでした。

c0193396_15341788.jpg






6/29号は、石垣島と西表島出身のメンバーによる「トレモノ」。
メジャーからのデビューアルバム『island island』(7/5発売)について話を訊いた。
ドラムの狩俣が復帰して、メンバーもいい雰囲気。これからが楽しみなバンドである。
取材場所は、渋谷のカフェ。
「おきなわ祭り」@代々木公園の出番の前の忙しい時間だったにもかかわらず、こころよくインタビューに応じてくれて、感謝です! ありがとう。またよろしく!

c0193396_15343563.jpg










[PR]

by mahalohilo | 2017-07-03 15:36 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

DJ SASA、LO IQ 01、Sky's The Limit、OKINAWA LATINA@マハロな音楽


c0193396_19531678.jpg
    ※19時頃に撮影

今日の沖縄は、朝から青空。
ちょっと蒸し暑いけど、これぞ、沖縄!という天気でした。
梅雨明けも、もうすぐそこ、かな。
そして、いよいよ猛暑の夏がやってきます。

今、ファル娘の散歩から戻ってきたところです。
海浜公園のトロピカルビーチは、穏やかな風が心地よくて、丘の上でまったり。
ファルも10歳を超えてから、ボールを投げても昔のように何度も取りにいかなくなったので、さらに日陰でまったり。
こんな時間もいいもんだね、とビーチから流れてくるBBQの匂いに包まれながら思ったのでした。


週刊レキオ「マハロな音楽」の5月掲載分を転載します。
県外の方もご覧ください。

c0193396_19544522.jpg
5/4号は、DJ SASAさん。
ウチナーのヒット曲を、沖縄テイストの心地よいアレンジで届ける2枚のニューアルバムの話をお聞きしました。
取材で待ち合わせたのは、横浜の山下公園。
そこで撮影した後、SASAさんのおすすめで、近くのパクチー料理屋さんでインタビュー。
ジョッキにパクチーが入ったパクチービールという珍しいビーツで乾杯して、いろんな種類のパクチー料理を食べながらの取材でした。1食で、あんなにパクチー食べたのは初めてでした。





c0193396_19545886.jpg
5/11号は、LOW IQ 01(イチさん)。
3年ぶりのフルアルバムのインタビューでした。
取材場所は、所属レーベルのあるディスクユニオン本社。
沖縄好きのイチさんとは、アルバムの話以外にも、たくさん離島の話で盛り上がりました。
イチさんは発売されたばかりのビール「壱」(イチ)を飲みながらのインタビューでした。





c0193396_19551056.jpg
5/18号は、Sky's The Limit。
セカンドシングル『You Got The Power!!』について話をお聞きした。
取材をしたのは、その日ワンマンライブが行われた北谷のライブハウスMOD'Sの楽屋で。
サウンドチェックの音が鳴り響く中、ライブ前の貴重な時間を割いてもらって感謝です。






c0193396_19552366.jpg
5/25号は、チームOKINAWA LATINAの3人が集結。
アルベルト城間(ディアマンテス)、島袋寛之(俳優)、仲宗根ゆうこ(脚本家、プロデューサー)。
6/10に行われた音楽劇『1・2・3 CHIN!』についてお話を聞かせてもらいました。
取材場所は、PMエージェンシーの会議室。
取材の後は、舞台稽古ということでした。













[PR]

by mahalohilo | 2017-06-22 19:57 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

SOAKワンマンライブ、明日3/25開催

c0193396_21065724.jpg
今年に入って、毎月行われているSOAKの北谷・ライブハウスMOD'Sでのワンマンライブ。
先月のワンマンでは、新曲を披露したり、客席の人たちと一緒に踊ったりと、とてもフレンドリーなライブだった。

聴いている人たちの気持ちを一瞬にして掴み、取り込んでいくパフォーマンス。
それは、ほぼ毎日行っている、北谷のストリートライブで培ってきたものだろう。

明日、SOAKの3月のワンマンライブが、MOD'Sで行われる。
今回はどんなパフォーマンスを見せてくれるのか。

ぜひこの目で確かめたいと思う。


昨日3/23の「マハロな音楽」@週刊レキオ、を転載します。

取材場所は、北谷にあるHORIZON CURRY WORKS OKINAWA。
とても美味しいカレーが食べられるお店。
目の前が海、夕陽が海に沈むのが見られる絶好のロケーションなので、ぜひ一度行ってみてほしい店だ。






















[PR]

by mahalohilo | 2017-03-24 21:09 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

the youのライブにテンションが上がった夜、そしてjimama@マハロ

ここ最近はずっとぐずついていた天気がやっと過ぎ去り、
今日は朝から太陽が姿を見せてくれました。
風が心地よくて、とても気持ちの良い日です。

jimamaとG-KENたちとの新春会の後の近況を書いてみたいと思います。
新春会の翌日11日は、the youのライブを北谷のライブハウスMOD'Sに観に行ってきた。



c0193396_11195714.jpg

the youはずっと気になっていたバンドでした。
以前、ブログでも紹介したが、tidanomiyukiさんが主催した『星と音楽とアート』@浦添インターナショナルデザインアカデミー屋上でthe youの演奏を初めて聴いてから、いつかマハロでインタビューをしたいと思っていました。
しかし連絡をとるにも、まったくあてがない状態。
そこでレキオの編集者に相談したら、知り合いにボーカルの伊禮さんをご存知の方がいて、その人つながりでコンタクトがとれたというわけ。
さっそく直接伊禮さんに連絡を入れ、3/12のMOD'Sライブの後にインタビューのスケジュールを出してもらいました。

ライブ当日に写真撮影を行い、17日にあらためて伊禮さんに取材をしました。
初めてのインタビューだったけれど、おたがい音楽ルーツに近いものを感じて、話が弾み、とても楽しい時間でした。
ありがとう。

c0193396_11104028.jpg





15日には、沖縄のダンスボーカルクルー「DEVIL NO ID」の取材を、浦添てだこホールのレッスン室で行った。
県外でのTV出演の翌日にも関わらず、この夜もレッスン前の時間を出してもらい、2時間近く話を聞いた。
十代の女子パワーを受け取ることができるインタビューだった。

c0193396_11122074.jpg





20日は、7!!とSky's The LimitのツーマンライブをMOD'Sに観に行った。
オリオンビールのCMに出演しているオリオンつながりの2グループ。
今年の初荷式の時に、一緒にライブができたらいいね、という話がとんとん拍子で決まり、実現。
なんとチケットは即日完売となったと聞く。
同世代の沖縄のグループが、こうやって一緒に音楽シーンを盛り上げていこうとする姿勢がうれしかった。
オープニングアクトのSOAKも含めて、7!!もスカリミも、とてもかっこいいパフォーマンスを観せてくれた。


今週末25日には、そのSOAKのワンマンライブがMOD'Sで行われる。
8月のミュージックタウン音市場でのワンマンも決まったSOAK。
今後が期待されるボーカルユニットなので、時間がある方は観に行ってください。



3/16の「マハロな音楽」を転載します。
この日は、jimama。
現在、限定3万無料ダウンロードを実施中の新曲「私の中のあなた」について話をうかがった。
DLのURLは、http://やーなれーokinawa

取材場所は、北谷の「Horizon Curry Works Okinawa」。
目の前に海が広がる素晴らしいロケージョンと、オリジナルのラー油をたらして食べるカレーが絶品のお店です。

c0193396_11161659.jpg











[PR]

by mahalohilo | 2017-03-22 11:18 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

「Anly+スキマスイッチ=」と「スターダスト☆レビュー」


c0193396_10050078.jpg

今日の沖縄は、まるで冬に逆戻りしたような寒さだ。
気温15度。
朝遊泳に行ったら、海風に吹かれて、体感温度はさらに2〜3度は低い感じ。
あまりの寒さに、遊泳仲間とのゆんたくもそこそこに、速攻家に帰って、あったかーいコーヒーで暖まったところです。



今日木曜日は、週刊レキオの発行日。
先週分と一緒に今日の「マハロな音楽」を転載します。
県外の方もご覧ください。





まずは、先週3/2号に登場してくれたのは、「Anly+スキマスイッチ=」。
沖縄県伊江村出身のAnlyと、スキマスイッチがコラボしたシングル「この闇を照らす光のむこうに」についてのインタビュー。
話を聞いたのは、東京・世田谷にある某スタジオ。
このシングル曲が、テレビドラマ『視覚探偵日暮旅人』のエンディング曲ということもあり、ドラマを撮影しているスタジオでのインタビューでした。
インタビューの前には、Anlyとスキマスイッチが、主演の松坂桃李さんに挨拶に行くというので、一緒にスタジオ内へ。
ドラマのセットの中で3人で撮影。松坂さんにもコメントをいただいた。そちらで書いた記事はWebニュースとして配信されたので、ご覧になった方もいるのでは?
和やかで楽しいインタビューでした。


c0193396_10053558.jpg




そして本日3/9号のアーティストは、スターダスト☆レビュー。
去年から続く35周年のコンサートツアーの沖縄公演について話をうかがった。
沖縄が好きだという根本要さんへのインタビュー。
ご両親のことなどプライベートな話までしてくれた親孝行な要さんに、さらに惹かれた。
沖縄公演は、4/1(土)沖縄コンベンション劇場で行われる。


c0193396_10062646.jpg



「マハロな音楽」のインタビューは続行中。
先週は、jimamaさんを、そして昨日はSOAKのインタビューを北谷で行った。
その記事は近々掲載予定なので、お楽しみに。


▼jimama
c0193396_10151513.jpg



c0193396_10152736.jpg
▲SOAK

[PR]

by mahalohilo | 2017-03-09 10:17 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

Anly、そして馬場俊英のインタビュー


c0193396_09135793.jpg

母の四十九日の法要も無事に終わり、ひと息。
でも母のいない、がらんとした部屋にいると、色々なことが思い出されて、母の存在の大きさを改めて感じます。



一昨日、沖縄に帰ってきました。
上京中は雪が降ったりと、毎日寒い日が続いていたので、まだまだ沖縄も寒いとは言っても、暖かいなぁ。
かじかんでいた身体の筋肉や細胞が、ゆっくり開いていく感じ。
やっぱり過ごしやすいなぁ、沖縄は。





2月の「マハロな音楽」(週刊レキオ)の記事を転載します。

2週目(2/9)は、Anly。
20歳になったばかりの伊江島出身のシンガーソングライター。
取材をしたのは1/23。沖縄に帰ってきた時に、プロデューサーの首里の実家でインタビューをした。
東京に戻る前の貴重な時間を出してもらい、感謝です。
Anlyと初めて会ったのは、インディーズ時代のミニアルバム『Seventeen』のライナーを書くためのインタビューで。当時18歳の高校生は、音楽シーンに飛び出して、今では本格派シンガーソングライターとして成長中。
ウチナーンチュの活躍に、これからも期待したいと思う。


c0193396_10202550.jpg







そして本日(2/19)に記事が掲載されたアーティストが、馬場俊英。
レコード会社を移籍した第一弾シングル「I HAVE A DREAM」について話をうかがった。
この新作には、すでにアコースティックライブで披露されていた曲たちを収録。
昨年、目黒パーシモンホールで初めて聴いて、心に深く残っていた「I HAVE A DREAM」は、聴くたびに胸をうつ曲だ。
記事でも触れたが、必要なものだけをもって、残りの日々を生きよう、と歌う歌詞に、今の馬場君の想いと自分の想いが重なって、ぐっとくるのだ。

このシングルには、ボーナストラックに6曲もライブ音源が収められているスペシャルな内容なので、ぜひ聴いてほしいと思う。

c0193396_10194194.jpg


c0193396_10281557.jpg










[PR]

by mahalohilo | 2017-02-16 10:23 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)