カテゴリ:マハロな音楽( 110 )

 

あと二日に


c0193396_10121491.jpg
2015年も残すところあと二日になりました。
ずいぶん更新していなかったな。
沖縄に戻ってきてからライブを楽しんでいたら、ついついこんなに経ってしまった。
12/19のORANGE RANGE@ミュージックタウン音市場、
12/23のHY@沖縄コンベンション劇場、
そして12/26のBEGIN@沖縄コンベンション劇場。
どれもメンバーの地元沖縄ならではのMCやライブだった。
地元は緊張するとメンバーは言うが、途中からメンバーもお客さんもスイッチが入ったようにリラックスしていく感じは、同じ空間に居てとても心地良いものだ。沖縄なまりも自然に口から出てくると、リラックス度はマックスに。
楽しい時間がラストまで続いていく。
ORANGE RANGEも、HYも、BEGINもそうだった。HYはダブルアンコールにも応えてくれるサービスぶり。よほど地元でワンマンホールコンサートができたのがうれしかったのだろう。

今年も色々なことがあった。
来年はもっともっといいことの多い年になるといいなと思う。
2016年がみなさんにとって、素敵な年になりますように!



「マハロな音楽」の12月掲載分を、年の終わりに一挙に転載します。
来年も宜しくお願いします。


c0193396_17094567.jpg



c0193396_17133371.jpg



c0193396_17113806.jpg




















[PR]

by mahalohilo | 2015-12-30 17:13 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

只今上京中。「マハロな音楽」はSPECIAL OTHERSとtidanomiyuki


c0193396_1613775.jpgc0193396_16132487.jpg
只今上京中。
6日に羽田空港に着いて、そのまま馬場俊英くんのライブ@豊洲PITに行ってきた。
47都道府県ツアーも、あと数本を残すのみ。
この日の東京公演は、いつもと少し違った雰囲気。
本編のMCは極端に少なくて、なるべくたくさんの曲を新旧とりまぜて歌いたいという馬場くんの想いが伝わるライブだった。
「一瞬のトワイライト」「ラーメンのうた」という僕のフェイバリットのほか、なんと懐かしい「恋をするなら」や「センチメンタルシティマラソン」まで聴かせてくれた。

1曲1曲の言葉が、胸の中にどかんどかんと入ってくる瞬間が何度もあった。
馬場くんの歌に幾度となく力をもらってきたんだなと改めて感じた時間だった。




今日はこれからHYの東京公演@TOKYO DOME CITY HALLに行こうと思う。
台湾公演を終えたばかりのHY。どんなライブを見せてくれるのか、楽しみである。



「マハロな音楽」の11月後半分を転載します。
11/19は、SPECIAL OTHERS。
沖縄大好きオーラ全開の楽しいインタビューだった。
インタビューをしたのは、赤坂のTBSのスタジオにて。

c0193396_1682339.jpg







11/26は、tidanomiyukiさん。
穏やかな話し方と、醸し出すムードに話していてもとっても癒される女性。
歌の空気感とご本人の雰囲気が重なり溶け合っていく感じが心地よかったインタビューだった。
インタビューの場所は、レキオの会議室。
撮影したのは、近くの公園でした。

c0193396_169669.jpg

[PR]

by mahalohilo | 2015-12-10 16:10 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(2)  

久しぶりの「マハロな音楽」は、西仲美咲さんと奥華子さん

c0193396_11353298.jpg
       ▲昨日ファル娘の散歩をしている時、虹がでました


またまたずいぶん 長いこと更新していなかったな。反省!
久しぶりにレキオ「マハロな音楽」をUpしようと思います。
11月分のpart-1。

11/5は、沖縄出身のフルーティスト「西仲美咲さん」に登場していただいた。
西仲さんは現在東京にお住まいだが、故郷を遠く離れている分だけ沖縄への想いが強い方だった。
その想いを作品化したのがニューアルバム『LEQUIO HISTORIA』。
「ちんぬくじゅうしい」や「西武門節」「月ぬ美しゃ」などの沖縄民謡を、まるでピアノとフルートが会話するように奏でられる作品だ。
オリジナル曲も含めて大人の音楽ファンにもぜひ聴いてほしい1枚である。
取材場所は、那覇新都心にあるバー「BAR 18 ARTIST GUILD」にて。

c0193396_11260271.jpg







続いて11/12は「奥華子さん」。ニューアルバム『プリズム』の話を訊いた。インディーズの頃からファンには人気の高かったバラード「楔ーくさびー」など、彼女らしい美しいメロディーラインの楽曲が印象的な作品だ。「大切なもの」を聴くと、いつもぐっとくる。素敵なアルバムである。取材場所は、虎ノ門のポニーキャニオン本社。
c0193396_11310876.jpg

[PR]

by mahalohilo | 2015-12-01 11:39 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

山崎、イクマ、しゃかり、塩ノ谷、7!!@マハロな音楽一挙転載


c0193396_18445912.jpg

先ほど、Kのマネージャー氏からメールがあった。
昨夜10時からスタートしたKのアフターパーティー@那覇Pine Tree Blessは大盛況だったようだ。

桜坂劇場のライブ終了後の楽屋で、マイケル・ジャクソンの仮装グッズをつけて変装の練習をしていたKだけど、アフターパーティーではマイケルになったのか!? マイケルダンスを披露したのか!? 今度会ったら聞いてみようと思う(笑)。


ところで、ここ最近「マハロな音楽」を転載していないことに気がついた。

いつからだろう…と調べてみると、10月の掲載分はまったく載せていないことが判明。
いやいや、大変失礼しましたぁ。



では、さっそく。
10月の一週から。
10/1は、山崎あおいさん。
ミニアルバム『ピンヒールベイビー』について話を訊いた。
女子から女性へ、というコンセプトの元、22歳の女の子の揺れ動く心を描いた作品だ。
同世代の子はぜひチェックしてみてほしい。
取材場所は、東京・半蔵門のFM東京の隣りのホテルのカフェにて。

c0193396_1843032.jpg






続いては、10/8のイクマあきらさん。
以前ブログにも書いたが、イクマ宅にて3時間超のゆんたくをしたあのインタビューだ。
『SPIRIT OF CARNIVAL』のタイトルどおり、カーニバルに特化したエイサー、よさこい大会で賞をとった時のオリジナル曲が満載のアルバムだ。

c0193396_18432338.jpg







10/15は、しゃかりのチアキさん。
ニューアルバム『Life』について話をうかがった。
インタビュー場所は、北谷の海沿いのカレーショップ「HORIZON CURRY WORKS OKINAWA」にて。
当日はお店がお休みだったにもかかわらず、取材のために開けていただいて、オーナーの佐藤さんには本当に感謝!
目の前が東シナ海という贅沢なロケーションのお店で、ゆっくりとお話しできた。

c0193396_18434369.jpg







そして10/22が、塩ノ谷早耶香さん。
EXILEファミリーの女性ボーカリストだ。
マハロに出てもらうのは、これがデビュー以来二度目。
デビュー時にはプロモーションで沖縄にも来て、国際通りの元OPA前(現ドンキホーテ)でストリートライブもやっていた。
今回は、コラボレーションミニアルバム『S with』についてのインタビューだった。
明るく元気な彼女に会うと、いつも元気をもらえる。
歌うことが大好きなオーラが全身から放たれている感じ。
『S with』はとても素敵なアルバムである。
取材場所は、キングレコード。

c0193396_184402.jpg







最終週の10/29は、沖縄出身、在住のポップロックバンド「7!!(セブンウップス)」に出てもらった。デビュー前からずーーっとあたためていたというニューシングル「センチメートル」について話を訊いた。
インタビュー当日は、前日リリースイベントのあった宮崎からNANAEだけが上京。ひとりでのインタビューだった。ちなみにほかのメンバーは、MAIKOは宮崎でラジオ出演、男子2人は宮崎から沖縄に帰る、というスケジュールだった。
前作「オレンジ」に続いて、この「センチメートル」もMICHIRUの作詞,作曲。彼が書くセンチメンタルなバラードは絶品だ。
NANAEいわく、「ウチは男子の方が女子力が高い!」とのこと(笑)。
ホント、いい曲です。
インタビュー場所は、EPICレコードジャパン。

c0193396_18441748.jpg

[PR]

by mahalohilo | 2015-11-02 18:47 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

RYO from ORANGE RANGEと堂珍(CHEMISTRY)のソロ作品


c0193396_10183352.jpg

みなさん、昨夜のスーパームーンは見れましたか?
沖縄では、台風21号の影響で灰色の雲が夜空を覆っていたけれど、
流れる雲の間から時折、その姿を見ることができました。
ファル娘と夜散歩をしながら見上げる月は、とても神秘的でした。

台風一過の今日は、快晴。
気温も上昇して、30℃を超える夏日になりそうだ。
c0193396_1019516.jpg






少し遅れてしまったが、週刊レキオの「マハロな音楽」を転載しようと思います。

9/17に掲載されたアーティストは、「RYO from ORANGE RANGE」。

ORANGE RANGEのMC、RYOの初のソロアルバム『DELIGHT』(9/16発売)について話を訊いた。
ORANGE RANGEの初期のサウンドプロデューサーのシライシ紗トリ氏を迎えて制作したこのソロアルバムは、ヒップホップやダンスホールレゲエ、最近ハマってるというソウルファンクやロカビリーなど多種ジャンルに挑戦。
DJ KEINや元キマグレンのISEKIなどとのコラボにより、大人のエロティックな世界にも踏み込んだ斬新な作品だ。
RYOの今後のソロ活動にも注目である。

c0193396_10225129.jpg







9/24は、堂珍嘉邦(CHEMISTRY)のソロミニアルバム『VOWS』(10/21発売)についてのインタビューだ。
本作は、『北斗の拳』で知られる原哲夫氏減債の戦国大河コミック『義風堂々!!』とタッグを組んで制作された作品だ。収録の2曲「Hallo」「You & I」は、パチンコ『義風堂々!!』のフィーバー時に流れるとか。
アルバムは、堂珍の男気溢れるROCKな音に仕上がっている。

c0193396_10233680.jpg

[PR]

by mahalohilo | 2015-09-29 10:24 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

Kの新作『Ear Food』は音の耳薬のようなアルバム!

c0193396_21593310.jpg

台風15号が去ってからは、沖縄も少しだけ秋が感じられる瞬間があります。
木陰にいる時に吹く風が涼しかったり、朝遊泳の時に見上げた空が秋の雲だったり…。
とはいえ、相変わらず陽射しは強烈ですが(笑)。

今週も週刊レキオ「マハロな音楽」を転載します。

今回登場してくれたのは「K」。

デビュー10周年を迎えて発表した『Ear Food』について話をうかがった。
取材場所は、恵比寿のオフィス。
よみうりホールでのライブの翌日にもかかわらず時間をとってくれて感謝!
アコースティックアレンジによるアルバムは、いつ聴いても癒されて、元気をもらえる。
まるで音の耳薬(みみぐすい)のような作品だ。
年末には父親になるというK。その日を楽しみ!と話してくれた幸せそうな笑顔が忘れられない。

c0193396_21595169.jpg



明日8/29(土)は、MONGOL800の『800だヨ!!全員集合!!!』が宜野湾市海浜公園屋外劇場で行われる。13時から楽しんでこようと思う。
[PR]

by mahalohilo | 2015-08-28 22:00 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

沖縄最強エンタメユニット「ポニーテールリボンズ」登場!!!

c0193396_11561269.jpg
     ▲photo by mahalohilo


東京ライフも二週間、明日沖縄に帰ります。

で、今日は木曜日。週刊レキオの発行日なのて「マハロな音楽」を転載します。

今週登場してくれたのは、沖縄が誇る最強エンタメユニット「ポニーテールリボンズ」。
ここ何年かは県外にも進出。
あちこちでピンク帽のぽっちゃりユイチンと、クールな伊達男コフスキーが話題になりつつある、今注目のユニットだ。

撮りおろしのフォトと一緒にご覧ください。

c0193396_11540152.jpg





















[PR]

by mahalohilo | 2015-08-20 11:59 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

夏の日の馬場俊英と、BANJO AI


c0193396_10363275.jpg
   photo by mahalohilo

深夜から降っていた雨もやんで、曇り空が広がる東京。
雨が降ったからか、今朝は幾分涼しく感じます。

昨日は、馬場俊英君に昨年末以来にインタビューをしてきた。
2月の沖縄公演や、先月の東京公演終了後の楽屋で立ち話はしたが、20周年を迎えた今の心境や、47都道府県ツアーの話、そしてリリースされたばかりのアコースティック・セルフカバーアルバム『屋根裏部屋の歌』についてじっくり話を訊くことができた。

リリースタイミングのフリーライブの間の日だったからか、黒Tに黒の短パンというとてもリラックスしたスタイルでのインタビューだった。

まだ発表できないが、彼の頭の中では来年にやりたいことがたくさんある様子。
ファンの皆さんは楽しみに待っていてください。

c0193396_10371049.jpg




そして今日は木曜日。
沖縄の情報紙「週刊レキオ」が琉球新報と一緒に配達される日だ。

今週号の「マハロな音楽」は、沖縄出身のバンジョーシンガーソングライター「BANJO AI」さん。
先日このブログでも紹介したが、色々な繋がりの中でやっと出逢えた方でもある。

転載します。県外の方もご覧ください。

c0193396_10340462.jpg
























[PR]

by mahalohilo | 2015-08-13 10:43 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(2)  

Mrs. GREEN APPLEとwacci、どっちも僕のフェイバリットバンド!

c0193396_12570022.jpg
只今、上京中。
先週末に東京に着いた日は37℃超えの猛暑。あれから少しは猛暑が緩んだとはいえ、暑い日はまだ続いている。

上京してから、しおりちゃんの8周年ライブ@代官山・晴れた空に豆まいて、や、スターダスト・レビューのライブ@日比谷野外音楽堂、K君のライブ@よみうりホールとライブを観まくり、昨日はK君のインタビューをしてきた。

K君は現在47都道府県ツアーのまっさい中。
そんな忙しい中で、しかもライブの翌日にもかかわらず、取材時間をとってくれて本当に感謝です。

10周年を迎えて、公私ともに充実していることが、言葉の端々から伝わってきたインタビューだった。




しばらく「マハロの音楽」を載せていなかったので、転載しようと思います。

まずは7/30掲載の「マハロな音楽」は、男女5人バンド「Mrs. GREEN APPLE」。
7/8にリリースされたメジャーデビューアルバム『Variety』について話を訊いた。

18歳のボーカル&全曲作詞作曲を手がける大森元貴の才能と、卓越したバンドアンサンブルに惹かれる僕の今イチオシのバンドである。

c0193396_17014194.jpg
c0193396_17060272.jpg





8/6は、wacci。
以前から注目している5人バンドのニューシングル「大丈夫」(TBSテレビ系木曜ドラマ『37.5℃の涙』の主題歌)についてインタビューした。
取材は、Shibuya duo MUSIC EXCHANGEで行われたツーマンライブの直前に楽屋にて。

c0193396_17023143.jpg
c0193396_17051560.jpg
c0193396_17053444.jpg


これからの予定としては、明日、馬場俊英君のインタビューと、Rakeのライブ@Shibuyaduo MUSIC EXCHANGE、18日は柳原陽一郎さんのライブ@Shibuyaduo MUSIC EXCHANGE、21日が川嶋あいさんのライブ@渋谷公会堂に行く予定。

それに、あと何本かインタビューをして沖縄に戻るつもりだ。暑い東京を満喫しようと思っている(苦笑)。














[PR]

by mahalohilo | 2015-08-11 17:12 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

今日は快晴。こんな日に聴きたいgreen note coasterと高橋優!


c0193396_10463360.jpg

東京は猛暑日が続いているようだ。
沖縄は先週末から今週はじめまで、曇り時々スコール!な日だったが、
昨日からは朝から快晴。青空が清々しい日になっている。
今日も快晴。白い雲が青空にほわほわ漂っている。



c0193396_1052295.jpg
沖縄の情報紙「週刊レキオ」の「マハロな音楽」の先週分(7/16)と本日分(7/23)を転載します。


7/16は沖縄出身の男女3人グループ「green note coaster(グリーンノートコースター)」。
最新アルバム『tree』について話を訊いた。

取材場所は、北谷町のアメリカンデポ2内のカフェ。
取材日は、彼らが企画する「みどりのおと vol.9」@ライブハウスMOD'Sの当日。
ライブ前の貴重な時間をとってくれて感謝だ。
とても心地よい作品なのでぜひ聴いてほしいと思う。



c0193396_1041182.jpg






また本日7/23は、シンガーソングライターの高橋優に登場してもらった。
昨日7/22にリリースされた初のベストアルバム『高橋優 BEST 2009-2015『笑う約束』』についてインタビューした。
取材場所はワーナーミュージック・ジャパン。
デビュー曲「素晴らしき日常」から、最新シングル「明日はきっといい日になる」までの全30曲。
ファン投票で選ばれたCD音源化されていない「リーマンズロック」も新たにレコーディングして収録。インディーズ時代からの6年間の軌跡を収めた聴きごたえのあるベスト作品だ。

c0193396_10401933.jpg

[PR]

by mahalohilo | 2015-07-23 10:54 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)