カテゴリ:沖縄( 194 )

 

虹との遭遇、そしてオモイトランス初インタビュー


c0193396_15150367.jpg


今朝、西の空に虹を見た。
ぱらぱらと小雨が降った後、薄日がさした直後だった。

水平線の上に湧き上がる白い雲と青空の中に、いくつかに分かれた半円形の大きな虹が急に現れたのだ。
久しく見ていなかったが、やはり虹を見ると、今日1日、なにかいいことがありそうが気がしてくるから不思議だ。

ビーチにいる時も、海面に浮いている時も、大きな虹は目の上にあった。
いつもより大きく感じた。いつもより、すごく近く感じた。
海からの風が強くて、それもまた気持ちよく感じた。

マクマオウの木の下を、たくさんのトンボが飛んでいる。
おじさんに、台風トンボかな?と訊くと、「そうだよ、何日か前からたくさん飛んでると思ったら、やはり台風が発生したよ」と言われた。
台風13号発生。台風トンボはやっぱり正確だな。



先週のあれこれ。

c0193396_15163074.jpg


まずは18日(金)、沖縄発ガールズ3ピースバンド「オモイトランス」のマハロ取材。
インタビューは、レキオの会議室。撮影は、安謝新港の駐車場にて。
バンド結成までの経緯や、ファーストミニアルバム『縁』、そしてファーストシングル「HELLO」(8/23発売)について、話を訊いた。
三人それぞれに個性が立っていて、楽しいインタビューだった。
「音楽をやってなかったら、絶対に友達にはならないタイプ」と笑う3人は、とても素直で、可愛かったな。

「2MAN武者修行ライブ」を行うとか。
9月30日(土)は、Civilian Skunkと那覇cyber-boxにて。
11月25日(土)は、ポニーテールリボンズを迎えて、那覇Outputにて。
来年2月24日(土)は、ひぁあふぉうとの2MANを、那覇桜坂セントラルで行う。

さらに、来年3月21日(水・祝)には、桜坂セントラルで、セカンドワンマンライブが決定した!


2MANライブではガチでぶつかり合って、ガチで楽しんで、さらに上を目指して大きくなってほしいと願っている。
新曲も聴きたいね。

c0193396_15170979.jpg






翌19日(土)は、Anlyのレコ発イベントを観に、那覇サンエーメインプレイスに行ってきた。
暑い中、たくさんの人が集まっていた。
デビュー前から何度も沖縄で歌ってきた「北斗七星」。
シングルとして、いつかはリリースしたいと思い続けてきた彼女の願いが叶った、念願のシングル。
その曲をリリース後の沖縄で歌うことの意味。すべてはこの日の彼女の想いのこもった歌声に現れていたと思う。

10月29日(日)桜坂セントラルで行われるツアーファイナルが楽しみだ。

c0193396_15252075.jpg














[PR]

by mahalohilo | 2017-08-21 15:26 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

近況と、「マハロな音楽」(Anly、wacci)

c0193396_18321811.jpg
今日も晴天の沖縄です。
台風以降、海はずっと濁っていたが、今日は割と澄んでいて、魚たちが自由に泳ぎ回っている姿を見ることができた。

海に入るたびに、いつも新しい発見がある。
この時季になると、ミジュンが大群で泳いでいることもそのひとつ。
帯のように連なって、いつまでも途切れないミジュンの群れの中に入ってしまった時は、実に神秘的だ。
僕の身体をぎりぎりかすめながら泳ぎ去るミジュンたちと、たまに目が合ったりして。
そんな経験はなかなかできるものではない。

入水したら目の前で泳ぐハブクラゲに遭遇した時は驚いた。もう一歩後で海に入っていたら、ハブクラゲと接触して大変なことになっていたはず。すれすれセーフだった。
あとは僕の近くをエイが猛スピードで泳いで行ったり。
槍のように長いダツや、縞しまの海ヘビと出逢ったり…。

なんと言っても、驚いたのは、タツノオトシゴをビーチ近くの海底で見かけた時。
今まで水族館でしか見たことのなかったタツノオトシゴが、海底から生える草のようにゆらゆら揺れている姿を見た時は、正直感激した。

今日は、新たに大きなイソギンチャクを発見した。
5匹の親子のカクレクマノミと一緒に。



近況。
沖縄県出身のシンガーソングライター、Maicoのインタビューをした。
イクマあきらサンがプロデュースしたミニアルバム『Beautiful World』について話を訊いた。
「悲しみをのりこえて」に、胸が熱くなった。いい曲だ。




ポニーテールリボンズにも会ってきた。
ほかのアーティストのライブ会場などで、プライベートのユイチンにばったり出逢うことはあるが、ポニーテールリボンズのポカ=ユイチンと取材で会うと、なんか照れくさい(笑)。
扁桃腺が腫れてて、熱っぽい中、時間をとってくれて、ありがとうね。







c0193396_18334481.jpg
8/11は、沖縄発のガールズ・スリーピースロックバンド「オモイトランス」のファーストワンマンライブを、那覇Outputに観に行ってきた。
オールスタンディングの会場は、ほぼ満員。
おもいおもいにオモトラの音楽を楽しんでいた。
3人体制になって、まだそれほど時間が経っていないオモトラ。
ギターが減った分、ボーカル&ギターのりーこの負担が増えて、かなり大変なはず。
アレンジも3人用に組み立て直さなければならないだろうし。
実際、ギターのリズムやセクションは粗さが目立った。
でもそのラフさを吹き飛ばすほどのパワフルなボーカルや、メンバーのパフォーマンスに魅力を感じた。
アンコールで歌った新曲「HELLO」も良かったので、速攻、会場でCDをゲットした。


c0193396_17155730.jpg
c0193396_17161004.jpg




8月に入ってからの週刊レキオ「マハロな音楽」を転載します。
県外の方もご覧ください。


c0193396_15522150.jpg
8/3掲載は、Anly。
ニューシングル「北斗七星」について話を訊いた。
亡き兄についての歌。これまで語ってこなかった曲に込めた想いを、「北斗七星」では語っている。
僕は、彼女が17歳の時、インディーズで発表した『Sixteen』のライナーを書くためのインタビューで、お兄さんの話は訊いていたが、いつか「北斗七星」がリリースされるまで心の中にとどめておこうと思っていた。
今、やっと公開できてうれしく思う。
取材場所は、東京・市ヶ谷のソニーミュージックの六番町ビルにて。






c0193396_15524190.jpg
8/10掲載は、wacci。
セカンドフルアルバム『感情百景』についてのインタビューだった。
とにかくポップなだけじゃない、ロックで、フォークで、ジャジーなwacciの新たな一面も見事に表現したアルバムになっている。
ぜひ聴いてほしいと思う。
取材場所は、東京・恵比寿のオフィスにて。







[PR]

by mahalohilo | 2017-08-14 15:53 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

VAMPSの音が海風にのって

c0193396_09053286.jpg

c0193396_09061384.jpg

昨夕の海浜公園の風景。

台風5号接近の影響で、風が強く吹いている。
駐車場に車を停めて、ビーチに向かって歩いていると、海風に乗って爆音が流れてくる。
VAMPSが屋外劇場でリハーサル中。
台風の進路が沖縄からそれたため、どうやら土日の公演は行なわれるようだ。

屋外劇場隣りのいつもの丘の上で、ファルと一緒にhideの歌を聴きながら、まったりしていた夕暮れ時でした。

c0193396_09063560.jpg

c0193396_09065538.jpg



[PR]

by mahalohilo | 2017-08-05 08:25 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

今日は、沖縄移住記念日!


c0193396_19091257.jpg

毎日、晴天が続いている沖縄。
朝遊泳から1日が始まり、家の近くに移住してきた親戚夫妻とランチ。
浜比嘉島のカフェレストラン「サントリーニ」のテラス席で、
海を眺めながら、美味しい食事と、ゆんたく。
陽射しが弱くなった6時すぎに、ファル娘と散歩して、今家に戻ってきたところです。
今日も充実した1日でした。



そういえば、今日、7月8日は、僕ら夫婦の沖縄移住記念日。
2004年に移住したから、まる13年になりました。
今まで何度も引っ越しをしてきたけれど、沖縄が一番長くなりました。
この13年、楽しい事も、そうじゃない事も、本当に色々なことがあったけれど、
これだけ長く暮らしているということは、やっぱり沖縄が好きなんだね。


オキナワ、これからもよろしく!!!!!!!



☟沖縄移住記念日に、親戚夫婦と、ありカンパーイ!!
 @窯焼き&バル MARUMIYA CRAFTER
c0193396_19093938.jpg













[PR]

by mahalohilo | 2017-07-08 19:14 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

美ら海に癒されて

c0193396_15372563.jpg

今日はオフ。
久しぶりに美ら海水族館に来ています。
年間パスポートで、いつでも来れると思うと、なかなか来ないものだなぁ。ホント何ヵ月ぶりになるだろう。

水族館に行く時のいつものコース。
まずは名護のフリッパーで、ランチ。
ここのステーキは絶品だ。初めてフリッパーで食べてから、他でステーキが食べたくなくなるほど美味しい! 満足、満足。

そこから水族館までは30分ほど。
今日の混み具合はほどほど。アジア圏の人たちが沢山、色々な言葉が飛び交っています。


いつもどおり水族館をひと回りしてから、海洋文化館のプラネタリウムで星空を眺めながら、ひと涼み。
そこで、ちょっとZZZZ…

銀河鉄道の夜、のスペシャルプログラムをやっていたので、続けてそれも観てきた。

星空を楽しみ、おもてに出ると青い空と碧い海。
とても癒される時間だった。

c0193396_16210697.jpg

▲伊江島 タッチューがきれいに見える

そして、帰り道に、あっついカラダを落ちつかせるため、名護で休憩。
ひがし食堂で、沖縄ぜんざいをいただきました。
僕は宇治ぜんざい。かみさんはミルクぜんざい。
ふわふわのかき氷の下に、程よい甘さの金時豆が美味しかったです。

c0193396_22233868.jpg

▲ひがし食堂 宇治ぜんざい



[PR]

by mahalohilo | 2017-06-27 14:29 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

うたの日コンサート2017

c0193396_18371786.jpg

今年も、うたの日コンサートが開催されています。
晴天に恵まれました。
というか、晴天すぎです(^_^)
ものすごく暑いです。
楽しい1日にしましょう!

[PR]

by mahalohilo | 2017-06-24 18:33 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

梅雨明け!




c0193396_14281524.jpg


昨日、梅雨明け間近、と書いたら。
梅雨明けしました、沖縄!
今日は朝から快晴。
早速、朝イチで海に泳ぎに行ってきました。
少し波があるせいか、透明度はイマイチだったけど、気持ちのいい朝遊泳でした。



そして今、ファル娘を連れて、県総でランチ中です。
青い空と碧い海を見ながら…。
まわりには、木陰でランチしている家族が数組

慰霊の日の県総は、鳥のさえずりと風がそよいだ時の葉ずれの音が聞こえるだけ。
穏やかな日です。






[PR]

by mahalohilo | 2017-06-23 13:02 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

the you×Output PRESENTS『vein』、「マハロな音楽」4月掲載分!


c0193396_16283805.jpg


GWの最終日 5/7(日)に、那覇Outputにライブを観に行ってきた。
the youとOutputの共同企画による『vein』だ。

最近、車の中でヘビロテなのが、the youの最新ミニアルバム『vein』。
今ではひとりで運転する時でも聴くほど、このアルバムのベヴィリスナーになっている妻と一緒に行った。

この日出演したのは、4バンド。
the youのギタリストzunariが結成したバンド「アメトコトノハ」から始まり、
UKロック好きオーラが全開のパワフルなロックを聴かせる「メカルジン」がバンドで登場。
続いて、モンパチのギタリスト儀間 崇率いる「THE BARCOX」がごきげんなスカサウンドで会場の空気をリラックスムードに変えた後、the youがトリで登場した。

4バンドとも、それぞれに独自のカラーを持っていて、各30分のステージはあっという間に過ぎてしまった感じだった。


MCでは、the youが去年に続きモンゴル最大のフェス『Playtime Festival』に再度参戦することを告げ、
またTHE BARCOXは、今月末に台湾でライブを行うことを発表していた。

沖縄から海外へ。沖縄のバンドが海外のステージに進出していくのは、実に喜ばしいことだ。
ある意味、それは挑戦だが、沖縄のかっこいいバンドの音を世界に発信するいいきっかけでもある。
ライブを楽しんできてほしいと思う。

後日、ライブの感想を訊かせてください。
よろしく!




▼the you伊禮くん、「soft smoke」を弾き語りで
c0193396_16154217.jpg
c0193396_16160193.jpg
            ▲the you(伊禮、田川)、tidanomiyukiさんと自宅で







そして、4月分の「マハロな音楽」@週刊レキオ、を一挙公開!

c0193396_16230489.jpg




c0193396_16232314.jpg





c0193396_16234341.jpg





c0193396_16235718.jpg










[PR]

by mahalohilo | 2017-05-10 16:25 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

jimamaとG-KENとナルとSOAKと、笑いっぱなしの新春会

c0193396_18161073.jpg

気の合う仲間と一緒に、楽しい時間を過ごすほど、幸せなことはない。
まさに一昨日は、そんな時間だった。

jimamaと、旦那でカメラマンのG-KENと、友達のギタリストのナル(中嶋成臣)と、沖縄出身のコーラスデュオのSOAKと自宅での新春パーティー。

前々からウチで一緒にメシでも食べようよ、という話から、もう沖縄では桜も散っちゃったけど、花見気分で楽しもうぜ!的なノリで集まってもらった。
いつも家飲みはしないというjimama夫妻だけど、んなことはおかまいなしに(笑)、まずはビールで乾杯!

ウチのかみさんが作った手料理を食べながら、G-KENの地元・名古屋時代の武勇伝や、金縛りにあったことはあるか?という話、近所に住んでいた二重人格者!?の話題へと話は進んでいく。
ディープな話題だけど、アルコールのせいか、なぜかみんなで大笑いしながら大盛り上がり。



そのうちに、北谷の美浜でストリートライブを終えたSOAKの二人を迎えて、あらためてカンパーイ!!
SOAKとは、その2日前に「マハロな音楽」のインタビューをした時に初めて話をしたばかり。
あまりに気持ちのいい爽やかな二人だったので、時間があったら新春会に遊びにおいで、と気軽に声をかけたら、うれしいことにライブ終わりで来てくれたというわけ。
ナルとは前から一緒にライブをしたりして、知り合いだったみたい。


c0193396_18243580.jpg

杯を重ねるうちに、ビールが、芋焼酎の白霧島にかわり、さらに中休みで(笑)jimamaが持ってきてくれたスパークリングワインへ。
ここらでG-KENの天然キャラが爆裂(笑)。
SOAKのナーリー(仲宗根)に、「この角度から見るとお笑いの「誰々」(名前忘れた)に似てるよねぇー」とカメラマン目線で、長々トーク。

さらに今度は視線をナルに変えて、「福山雅治に横顔が似てるじゃん!」と告げた瞬間、調子に乗ったナル(笑)は、いきなり「桜坂」を物まねで歌い始めると、全員が、「声まで似てるー!!!」


ギター弾きながら歌って!というみんなからリクエストに、さらに調子に乗って(笑)福山の曲を2曲熱唱。ほんと似てるんだよね、これが。


さらにさらに、今度は調子に乗った観客たちから、SOAKにも「なんか歌ってみて」とムチャぶり。
そこはいい子たち。ちゃんとリクエストに応えて、「夏恋」を歌ってくれました。

目の前での生歌に、みんなから、「いいねぇー」の声と、あたたかい拍手が湧き上がったのでした。



気づけば、深夜2時過ぎ。
仲間との楽しい飲みは、時間を忘れさせてくれる。
ほんと、ほんと楽しかったなぁ。
笑いすぎて、しゃべりすぎて、翌日は朝起きたら、がらがら声でした(笑)。


次は初夏会か? それこそ「夏恋」が似合う季節にやりたいね。



















[PR]

by mahalohilo | 2017-03-12 18:30 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

モトクロスレースに興奮! そして「マハロ」はHYのインタビュー!

昨日はポカポカ陽気の晴天だったのに、今日は曇天でかなり寒い。
三寒四温というけれど、沖縄は二寒三温なのかも。
朝遊泳でも海水温は例年よりも低いし、風も冷たい。
だからか、いつも一緒に泳いでいる仲間たちも泳ぐ人が少なくなった。
3月は上京しないので、僕はよんなーよんなーしています。
早く暖かくならないかなぁ。


c0193396_10434370.jpg

25日(土)は、名護で行われたモトクロスの大会「ALL STAR MOTOCROSS in OKINAWA 2017」を観に行ってきた。
若い頃から僕はバイクが好きで、一時はバイクレースの取材をしていた時期もある。
ヨシムラ、モリワキの全盛期だった。
毎年、鈴鹿8時間耐久レースの取材に行っていた。
鈴鹿に会社があるモリワキエンジニアリングで、森脇さんのインタビューをしたり、神奈川にあるヨシムラの工場に出場するレースバイクを取材、その後、ポップ吉村さんのインタビューを自宅で行わせてもらったりもした。
嗚呼、懐かしい想い出だ。

友達のデザイナーのカッサイが、名護のモトクロス大会に関わっていることもあって、今回誘ってくれたのだ。
この日は、レース前日のフリー走行だったが、それでも間近で見る迫力に心が踊った。
イグゾーストノイズの爆音と、オイルの匂い、ジャンプやドリフト、本番さながらの走りに血がわいた。

IA1やIA2のライダーたちの走行もすごかったが、かつてモトクロスシーンを牽引してきた50〜60代のマスターズ選手たちの走りも見物だった。
ゼッケン130 伊田井佐夫さん(60)の走りは圧巻だったな。

翌日、僕は行けなかったが、雨。
コンディションが悪い中で、迫力のレースが行われた様子。
優勝は、フリー走行でも圧巻の走りを見せていたIA1のゼッケン1 成田亮さん(36)だと新聞は報じていた。

また来年も観たいと思った。

c0193396_10480791.jpg
c0193396_10475063.jpg
       photo by mahalohilo





そして、「マハロな音楽」。
今週木曜日2/23に掲載されたのは、「HY」。
12枚目のアルバム『CHANCE』について。
インタビュー場所は、沖縄市にあるスタジオで、リハーサル前の時間をもらって話を聞いた。

個人的には、新里作の「あの日のまま」と名嘉作の「BLUE」、そして仲宗根本人出演のライザップのCMソング「DEBUと言われて」(初回盤特典CD)。
CMはまだ見れていないけど、イズいわく、before〜afterをドキュメンタリータッチで構成したものらしい。楽しみです。

c0193396_10494075.jpg





[PR]

by mahalohilo | 2017-02-28 10:51 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)