カテゴリ:沖縄( 194 )

 

今年も初日の出は、ここで…


c0193396_10505086.jpg

新年あけましておめでとうございます!

沖縄は晴天から一年が始まりました。
今年も初日の出は、いつものように海に浮かびながら見ました。
早朝の海は引き潮で水温は低かったが、この瞬間を海の中から見ることができて幸せだった。
今年は絶対に素晴らしい年にするぞ!

















[PR]

by mahalohilo | 2016-01-01 10:51 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

大晦日の午後


c0193396_17060589.jpg

穏やかな大晦日だ。
キッチンでは妻がおせちの料理をする音が聞こえる。
僕の好きなターム(田芋)の料理もあるようだ。
昨日はもう何十年も使っている餅つき器が大活躍してくれた。
妻の父親が購入、他界してからはウチが引き取って、東京時代から毎年がんばってくれているものだ。
はじめにお供えを作り、あとは型に入れて切り分けて食べる。
元旦の朝はお雑煮とおしるこ。焼き餅やきなこ餅もいい。つきたてはやはり旨い。

さっき近所の森川公園にファル娘の散歩に行ってきた。
そこで見つけた。
寒空の下に咲く一輪の寒緋桜を。
まるで2016年を待ちきれないように、桃色の花が灰色の空に映えていた。

きっと来年はいい年になる!









[PR]

by mahalohilo | 2015-12-31 17:06 | 沖縄 | Trackback | Comments(2)  

離島の旅。初めての久米島と伊江島。素敵な島でした

今日も沖縄はとっても良い天気。
陽射しが強くて、少し動くだけで汗が出てきそう。

毎月上京していたが、今月は東京に行かないことにしました。
移住して11年半、1ヶ月まるまる沖縄で過ごすのは初めてです。
大好きなこの季節、沖縄を楽しもうと思ってます。


少し時間に余裕がある時に、今まで行けてない離島に行こうと決めて、実行し始めたところです。



まずは、久米島の旅へ。
初久米島。何も調べずに、島に着いてから何をしよう?という旅でした。
正直なんにもない島だったけど、それがかえって良かった。
きっと昔の沖縄本島もこんな感じだったんだろうなぁと思える、ゆったりと時間が流れている島でした。
地元で養殖する車海老を、ホテルの近くのお店で堪能しました。
車海老のおつくり、てんぷら、塩焼き…新鮮な車海老ずくしの料理に大満足!

なんにもしない旅もいいもんです。

c0193396_10414710.jpg
c0193396_10432855.jpg
c0193396_10442751.jpg



そして今週は、初の伊江島の旅へ。
美ら海水族館に行くたびに、海の向こうに見える伊江島。
いつか行こうと思っていながら、近いからこそなかなか行けなかった島でした。

c0193396_10465535.jpg
c0193396_10454091.jpg
本部港からフェリーで30分。快適な船旅。
島を自転車でまわるのもいいかなと急に思い立って、フェリーの船上からレンタサイクルを予約。
港のすぐ前で自転車を借りて、さぁどうしよう。
やっぱり、伊江島たっちゅーでしょ!ということで、いざ出発。
こぎだしたはいいけれど、たっちゅーまではだんだらの上り坂で、腿がぱんぱんに(泣)。
自転車はいつも使わない筋肉を使うんだな。
途中のローソンで水分&糖分を補給して、再度たっちゅーに向けて進むこと20分。
城山(ぐすくやま=たっちゅーのこと)南登山口に到着。
頂上を目指して、出発!
しかしそこからがまた…。
急な階段を、えっこら、よっこら。
今度は膝は笑うは、ふくらはぎがぱんぱんになるは…。
でもそんなことを忘れさせてくれる360度の絶景パノラマに大感激!
頂上から見る畑の緑や海の色に時間を忘れて、見入ってしまった。
c0193396_10481674.jpg

のんびり時間を過ごして、下山。
売店をのぞくと、「ケックン」が目に入った。
先日、Anlyにインタビューした時に、「伊江島に行ったら、おみやげはケックンがいいですよ」と言われていた、あの「ケックン」だ。
「塩味」と「黒糖シナモン味」の2種類。
「試食するといいさー」と売店のおばちゃんにすすめられるまま両方食べてみて、「私のおすすめは黒糖シナモン味」とAnlyがいう通り、確かにほのかに香るシナモンと黒糖の甘さが絶妙の「黒糖シナモン」にした。

c0193396_10523697.jpg
売店の二階で妻が、たっちゅーの絵を描き終えて、13時ちょっと前。
おなかもすいたし、戻りながらどこかで昼食をとろうよ、となった。

帰りの下り坂はすいすい。あっという間に街が近づいてくる。
最初に目に入った「すずらん食堂」でお昼を食べることにした。

平うち麺に、山盛りのソウキがのったソウキそばを堪能して、さぁ行こうか、と思ってふり返った時、ちょうど店に入ってきたお客さんとかおが合って、おたがいに、え、え、え、え!!!!!?????

なんと!!! 僕が沖縄に移住して初めて仕事をした情報誌の元編集長とばったり。5年ぶりの再会だった。しかも伊江島で。
たまたま本島から仕事で来ていたのだという。
おたがいにこの店に来なかったら、ちょっとでも時間がずれていたら、逢うことのなかった偶然の再会だった。
沖縄にいるとこういうことがよくあるんだよな〜。フシギです。

c0193396_10511368.jpg
c0193396_10515753.jpg
c0193396_10521389.jpg

これからも沖縄で暮らしている間に、行ったことのない離島に渡ってみようと思っています。
楽しみは、これから!!!!!















[PR]

by mahalohilo | 2015-11-20 10:57 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

ずいぶんご無沙汰なので、近況から.......馬場俊英ほか取材してきました

c0193396_11233652.jpg

ブログの更新をずいぶんしていなかったな。反省。

その間に何をしていたのか、をつらつらと書いてみようと思います。
今月に入ってから二週間ほど東京に取材旅に行っていました。
三週間ぶりの東京は、確実に朝夕が涼しくなっていて、秋の気配を感じました。


c0193396_11304135.jpg最初にインタビューしたのが、奥華子さん。
前回レキオに出てもらったのが昨年4月だったので、約1年半ぶりにお会いした。
現在全国ツアー中。その合間の貴重な時に取材時間を出してもらって感謝です。
今回は、ニューアルバム『PRISM』(10/28発売)についてお話をうかがった。
取材場所は、ポニーキャニオン本社。




c0193396_1131218.jpg翌日は、SPECIAL OTHERS。
以前、MONGOL800キヨサクを迎えたコラボシングル「空っぽ」を発表するなど、沖縄大好きを公言する横浜出身のインストバンドだ。
3年ぶりとなるニューアルバム『WINDOW』(10/14)についてメンバー全員を迎えて話を訊くことができた。来年2/13(土)に全国ツアーのファイナル@那覇桜坂セントラルをとても楽しみにしていた。
取材場所は、赤坂のTBSのスタジオ。




c0193396_11241745.jpg

その翌日は、馬場俊英くんのインタビュー。
こちらも全国ツアー中の合間のインタビューだった。
当初は事務所での取材だったが、マネージャー氏が、「たまには気分をかえてプライベートスタジオにしませんか?」ということで自宅におじゃました。
最新作『屋根裏部屋の歌』のレコーディングも行われたというログハウスのような木の香りのするスタジオでのインタビュー。
いつもライブやレコーディングに使われているアコースティックやエレキギターたちに囲まれた空間での、とってもリラックスした時間。
気づいたら3時間近く話をしていた。
馬場くんがいれてくれたコーヒーの良い薫りにつつまれた居心地のよいスタジオだった。





c0193396_11323118.jpg翌日は、アルカラのインタビュー。
自称「ロック界の奇行師」というアルカラ。
どんな人たちなのかなと思いながら会いに行ったら、ボーカル&ギターの稲村太佑くんはとても真面目な男だった。自分たちの音楽に対してまっすぐな姿勢が一言一言からにじみ出てくる感じ。
うかがったのはニューアルバム『ちぎれろ』(10/21発売)について。興味深い話がたくさん訊けたインタビューだった。場所は、稲村くんの友達がやっているという三軒茶屋のレトロな喫茶店。カフェではなく、いかにも喫茶店という言葉が似合うお店だった。




c0193396_11262613.jpg1日あいて、DEENの武道館ライブに行ってきた。
さすがに八回目ともなると余裕の武道館ライブ。
ファンの人たちも年に一度のこのお祭りを楽しみにしていた空気が会場に漂っていた。
DEENメンバーも最初から全開。3時間近いライブ中ずっとファンの気持ちを惹きつけていた。

もちろん、あの人、上海ロックスター!もGジャン、デニム姿で登場した。今回のテーマは浜田省吾!?
そしてこの日は、来年の武道館ライブの開催も宣言していたのだった。





c0193396_11331556.jpgそして1日あけて、7!!(セブンウップス)のインタビュー。
宮崎でのリリースイベントから直行、NANAEがそのまま取材にのぞんでくれた。感謝!
今回は、7!!がデビュー前からあたためていたという新曲「センチメートル」(10/21発売)について話を訊いた。
「センチメートル」は、告白したいけれど、なかなか言いだせない男女のもどかしい距離感を描いた切ないバラード。きっと同世代の子たちは共感できる歌だと思う。
取材場所は、エピックレコードにて。



c0193396_11273989.jpg沖縄に戻ってからは、MONGOL800のライブ@沖縄市民会館を観に行った。
この日がホールツアーのスタート。
がっつり聴かせる時は聴かせ、また時にモンパチの人柄を感じさせるよんなーよんなー(のんびり)したペースでライブは進んだ。
ただ歌う内容は、今の沖縄の現状をリアルに表現した曲だ。そんな彼らの姿勢にエールを送りたい。

何も言わなければ、何も始まらない。強行採決をはじめ、強引に物事を勧めようとする今の政府に対して、強いものにまかれろ、じゃなく、行動で示すことで少しでも現状が動けば、という想いが伝わってくる。素晴らしいライブだった。






c0193396_1125896.jpg

そして昨日までは、二泊三日で久米島に行ってきた。
あまり離島に行っていないので、これからは沖縄に暮らしている間に一ヶ所ずつ離島に行ってみようと思ったのだ。
久米島までは飛行機で30分。帰りはプロペラ機というかつてない旅だった。
何もない島けれど、それがかえって良かった。
時間がゆっくり流れている島。
ホント、リラックスできた旅だったなぁ。
[PR]

by mahalohilo | 2015-10-23 11:43 | 沖縄 | Trackback | Comments(4)  

やっぱり台風トンボだった


c0193396_958672.jpg

本日午前3時、台風21号が発生した。
先日、ビーチにトンボの大群が飛び交っていると書いたが、
やはりあれは台風トンボだったようだ。
今までの経験からすると、台風トンボの台風発生予報は、ほぼ100%に近いな。
自然界には不思議なことがあるなと改めて思う。

シルバーウィークも今日まで。
全国的に天気も良さそうだし、みなさん、休日最後の日を楽しんでください。

c0193396_9582871.jpg

[PR]

by mahalohilo | 2015-09-23 09:59 | 沖縄 | Trackback | Comments(2)  

かりゆし58の新曲「かりゆしの風」はウチナーンチュの心の歌



c0193396_22365253.jpg

台風15号が沖縄本島をかすめて北上する午後7時、「かりゆし58」の取材のため、FM沖縄に向かった。
風はだいぶ弱まったとはいえ、国道58号線の陸橋を通過する時は、時折強く吹く風でハンドルをとられそうになる。いつもなら車の多い時間帯だが、やはり台風の影響で休みになった会社も多いのだろう、ラジオ局まで自宅から10分ほどで着いてしまった。

かりゆし58に会うのは、約2年ぶり。
その時はボーカルの真悟だけだったので、メンバー全員での取材は本当に久しぶりだ。

番組出演の後、ラジオ局の応接室をお借りしてのインタビュー。
8/5にリリースしたばかりのニューシングル「かりゆしの風」について話を訊いた。

結成10年、そしてデビュー10周年イヤーに入ったかりゆし58が、今この曲で伝えたかったこととは…。

c0193396_22374967.jpgこれまでの曲のように、“ひとり”に向けてというよりは、もっと広い視野で生まれ島を俯瞰で綴った作品になった。
それはウチナーンチュの心と向き合った歌。
悲しみも痛みも歓び知った上での前向きさや希望を感じる歌。

10周年を迎えて、次の次元へと向かうために今伝えておきたい想いを託した歌が「かりゆしの風」だ。

たくさんの方に聴いてほしい歌である。






そして今日は、午後から台風一過の青空が見え隠れする読谷の自然ビーチに、ファル娘を泳がせに行った。
とはいえ、波が高くて、泳がせるどころではなかったが…。
それでも波打ち際ではしゃぎまくる娘でした。
c0193396_22381045.jpg

[PR]

by mahalohilo | 2015-08-25 22:40 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

台風15号の足音が聞こえる

c0193396_13570342.jpg

台風15号が八重山から沖縄本島に向かっている。
今朝から青空も見えたりしていたが、今は時折スコールのような強い雨が降っている。

明日昼過ぎの接近に伴う暴風雨に備えて、ベランダの鉢植えを風の吹き込まない所に避難させた。
それに数年前の強風で吹き飛ばされた教訓として網戸も撤去。
これで台風対策は、ひと息ついた。
あとは何もないことを祈るのみ。

明日の最接近時に予定していた「かりゆし58」の取材は、夜からに変更してもらった。

沖縄の台風は、ホントに強烈だからね!

















[PR]

by mahalohilo | 2015-08-23 17:29 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

HYの「てぃーちなー×2」の収録スタジオにて


c0193396_944084.jpg

今朝も朝遊泳に行ってきた。
台風13号が接近中だが、波が少し高い程度で、海の透明度もいつもより高かった。
魚たちは朝食を取りにリーフにやってきていた。
30cm超えのタマンの親子が優雅に泳いでいる。
ミジュンが群れをなして泳いでいる。
蝶々魚やエンジェルフィッシュなどカラフルな魚たちも多数。
楽しい遊泳だった。

台風は本島の南を通り、八重山諸島から台湾に向かっているようだ。
僕は明日から東京。台風が本島に一番近づく時に飛び立つ飛行機だ。
たぶん影響はないと思うけど、上京してそのまま取材に入るので飛行機が遅れなければいいなと願っている。
ま、その取材相手も同じ飛行機で東京に行くので、なんくるないさーな気持ちで、ちょっと安心。
遅れても一緒に遅れようね(笑)。


一昨日は、対談の取材で、FM沖縄にうかがった。
HY名嘉俊と、FM沖縄の古堅淳子さんの対談。
古堅さんは、HYのデビュー当時から知るディレクターさん。
当時の興味深い話が訊けました。
この対談は、HYの会報誌に掲載されます。もちろんほかのメンバーの対談も。

対談後は、HYのレギュラー番組「てぃーちなー×2」の収録でした。

c0193396_9444012.jpg

[PR]

by mahalohilo | 2015-08-06 09:46 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

人の道はどこかで繋がっている

c0193396_1972874.jpg


沖縄は連日猛暑が続いている。
移住して11年になるが、今年の夏が一番暑いんじゃないかと思うほどだ。
もしかすると、これ、自分が暑さに弱くなっているから?(苦)それもアルかも。

昨日は、レキオ「マハロな音楽」の取材が2本。
沖縄出身のバンジョーシンガー「BANJO AIさん」と、沖縄が誇る肉食系エンターテイメントユニット「ポニーテールリボンズ」の2アーティストのインタビューだ。

BANJO AIさんは、日中の12時に、まずはフェリー乗り場の埠頭で撮影。
強い陽射しとうだるような暑さの中、重いバンジョーを持っての撮影にこころよく応じてもらい感謝です。
7/27にリリースされたばかりのファーストミニアルバム『Love My Love』についてお話をうかがった。
c0193396_1995274.jpg

もうずいぶん前のことになるが、僕の犬友達(ファル娘を世話してくれた方)を通して、彼女のお父さまを紹介してもらったのが、彼女を知るきっかけだった。
写真家でもあったお父さまの写真教室に犬友達の夫婦が通っていて、那覇のRYUBOで行われた写真展を観に行った時、お父さまに出会ったのだ。
ちなみにその写真展で友達は、ゴールデンレトリバーのシンディー母の子供たち(チャコもいる)の写真を出展していた。

その時、娘さんが歌手をしていて、ちょうど今ラグナガーデンホテルで歌っているんですよ、とうれしそうにお話されていた。心から娘さんの活躍を喜ばれていたことが思いだされる。

昨日、BANJO AIさんに初めてお会いしたのだが、初めてな気がしなかったのは、お父さまから彼女のお話をたくさん聞いていたからなのかもしれない。
そのお父さまが今年天国に召されたと、昨日彼女から聞いて知った。
優しい笑顔が思いだされる。
きっと空の上から彼女の活躍を見守ってくれているはず。

犬友達と知り合って、お父さまと繋がって、昨日BANJO AIさんと出逢えた…。
人の道はどこかで繋がっているんだなと、改めて思った日だった。


インタビューの記事は、8/13の「マハロな音楽」に掲載します。
また後日、このブログで転載したいと思います。





c0193396_1974787.jpg

そして19時からは「ポニーテールリボンズ」の2人、ポカ=ユイチンと、リトル=コフスキーに来てもらった。
最近では県外、特に名古屋で人気を集めるポニテ。
破天荒なパフォーマンスの中に、明るいエロさと嫌味のない毒と、ちょっぴりの哀愁を滲ませる絶妙のライブは必見だ。
9/20(日)に行う、久々の沖縄でのワンマン「モアイミュージック in 沖縄〜おひさし鰤でおめで鯛〜」@那覇Outout、について話を訊いた。

マハロな音楽は、8/20掲載!


今度のワンマンでは新曲も聴かせてくれるはず。
きっとこれまでのポニテとはひと味違った面を見せてくれるかも!?
必見です。







[PR]

by mahalohilo | 2015-07-30 19:11 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

只今、沖縄本島に台風12号が最接近中


c0193396_11392748.jpg
     ▲これが現在の宜野湾市(11時40分)

現在11時40分。台風12号が、只今沖縄本島に最接近中だ。
がしかし、雨は降っていないし、風もそれほど強くない。
暴風雨圏外のためなのだろう。普段のちょっと風の強い日と同じぐらいだ。
このまま何もなく過ぎ去ってくれれば、と思う。

過ぎ去った後には、また青空の暑い日が待っている。
観光に来ている方には、青空の沖縄の方がいいはず。
台風後のビーチは、ハブクラゲ防止ネットが取り払われているので、明日は遊泳禁止かも。
ビーチで泳ごうと思っている方は事前にチェックしておいたほうがいいと思う。

この時期でもう12号。今年は台風の多い年になりそうだ。
[PR]

by mahalohilo | 2015-07-25 11:41 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)