カテゴリ:HY( 16 )

 

HY SKY Fes 2014〜僕らはいつも繋がっている〜と感じた時間

c0193396_9494915.jpg

11月29日(土)、HYメンバーの地元、うるま市与那城多目的競技場野外ステージで、2回目となるHY主催のフェス「HY SKY Fes 2014〜僕らはいつも繋がっている〜」が開催された。

“次の世代の子供たちに何を残せるのか”を考えてきたHYがこのフェスに託した想いとは…沖縄の美しい自然をどう残していくのかということ、子供たちの夢をあと押ししてあげること、そして受け継がれてきた沖縄の伝統芸能の大切さを多くの人たちに伝えていくこと…。

c0193396_9524132.jpg
c0193396_9525319.jpg
c0193396_9532949.jpg

今回も沖縄の伝統芸能や小中学生の合唱や演奏なども披露された。
二百数十年前から受け継がれている伝統文化「天願獅子舞」では、悠平が三線奏者の中に加わる。
また泉と俊の母校「うるま市立川崎小学校」の6年生の合唱曲「時をこえ」では俊がカホーン演奏で参加。英之の恩師が指導する、「浦添市立浦西中学校吹奏楽部」の演奏には英之がギターで参加するなど、何度も学校に通い、一緒に練習した子供たちとのあたたかい触れ合いが伝わってくる時間だった。

c0193396_95479.jpg

ほかにもうるま市の中高生たちによって15年間受け継がれてきた現代版組踊「肝高の阿麻和利」や、仲宗根と名嘉が育ったうるま市栄野比で70年近く伝承されている「栄野比区町民ダンス」(全身を黒く塗り、頭と腰にヤシの葉を巻いた南洋の原住民風の装いで独特のダンス)、宮里の地元「平敷屋エイサー」が舞いなど、沖縄伝統芸能も披露された。

その間には、新里が「『琉花の種』はデージ(沖縄方言で、非常に、の意味)いい曲」と注目していた宜保和也や、今回のSKY Fesに出演するバンドなどを一般募集した中からHYが厳選した沖縄出身の4人組パワーポップバンド「LiM」の演奏もあった。

c0193396_9552099.jpg

フェスの最後を飾ったのは、HY。
HYのライブが始まる頃、それまで雲に覆われていた空が開けて星が瞬きだし、ステージ正面の空には半分欠けた月も輝いていた。
待ちに待った時間。

12/3発売のニューアルバム『LOVER』からの新曲2曲「NIJIKAN TRIP」と「あなたを想う風」のほか、「久しぶりに歌います」と泉のMCで歌われたバラード「NAO」、「会いたい」や「トゥータン」など10曲が歌われた。

アンコールは、今日参加した全員を、さらに琉球國祭り太鼓の面々を会場に呼び込み歌った「帰る場所」だった。

「空はどこまでも繋がっている。どんなに離れても空を見上げれば僕たちはいつも繋がっているんだと思える。そんな空の下でひとつになれるフェスにしたいという想いで『SKY Fes』と名づけました」と、以前新里が話していたように、たとえこの日会場に行けなくても、日本各地の人たちと心は繋がっているという想いが伝わるあたたかいフェスだった。
c0193396_9555842.jpg

[PR]

by mahalohilo | 2014-12-01 09:56 | HY | Trackback | Comments(0)  

HYのNew Album『LOVER』の最終レコーディング中! 名盤の予感


c0193396_16564038.jpg
   ▲L to R 浅田氏、Mahalohilo、英之

12/3にリリースされるHYのニューアルバム『LOVER』のレコーディングが沖縄で進められている。

11/22から公開される映画『想いのこし』の主題歌「あなたを想う風」や、前回のホールツアーでもすでに披露していた名嘉俊作の「木漏れ日かざるこの道を」のほか、仲宗根泉のゴスペル香るバラード「Remember You」、新里英之作の「結(ゆい)」など、全7曲が収められたHYにとっての初のラブソングアルバムである。

先週土曜日にレコーディングが始まる前にスタジオでメンバーにインタビューをした。
かなり自信作が仕上がっているという感触が、彼らの言葉のひとつひとつからも感じられた。

昨日、改めてスタジオを訪れてみた。
最後の曲「結」のバックトラックの最終Rec.が行われていること。
それに東京からサウンドプロデューサーの浅田信一氏も来ていると聞いたからだ。

浅田氏といえば、元SMILEのヴォーカルでメロディメイカー。
今はプロデューサーとして高橋優などを手がけている。
僕はSMILEのデビュー時から、GBという音楽誌でレギュラー取材をしていたので、久しぶりに会いたいと思ったのだ。

高橋優のデビュー前のライブ以来の5年ぶりの再会が嬉しかった。
彼の音楽に真摯に向き合う姿勢が、HYの制作にプラスの強いエッセンスを加えることはまちがいない。
後半にRec.した3曲を聴いた感想は、相当内容の濃いラブソングアルバムが完成しそうだということだ。
たった今、最後のヴォーカル入れが行われていると、Nマネージャーからメールがきた。

今日ですべてのレコーディングが終わるという。
12/3のリリースが楽しみである。













[PR]

by mahalohilo | 2014-10-31 16:57 | HY | Trackback | Comments(0)  

HY SKY FES 2014、延期に。でもスタジオ生ライブ中継をプレゼント!!

        ▼台湾でのワンカット。大好物の小龍包にご満悦のIZU
c0193396_1527442.jpg


台風16号が沖縄に向かって北上中だ。
先島諸島はこれから激しい風雨が予想される。
今朝の沖縄本島は青空が広がり、台風接近の気配はないが、明日以降は風雨が強まってくるはずだ。

昨日の昼、HYのマネージャー氏に連絡した時、ちょうど会議中だった。
SKY FES開催について検討中だとのこと。ただ、来てくれる方々の安全を考えると、延期にする方向でほぼ決まりそう、と話していた。

それからしばらくして、HPで開催延期が発表された。

イベント中だけでなく、家に着くまでがSKY FES。だから少しでも不安が残るなら、仕切り直して、安全な環境でFESをみんなで楽しもう!という意思で延期を決定したのだろう。
来てくれる人たちのことを第一に考えるHYらしい決断だと、改めて思う。

新たな日程を待つことにしよう。


延期にともない、HYが急きょ沖縄からスタジオ生ライブをネットで生中継するというニュースが飛び込んできた。
時間は、9/21(日)21時から。
視聴方法は、YouTube  https://www.youtube.com/watch?v=-rb5N9HoWkQ

およびユニバーサルミュージックのツイキャス
http://c.twitcasting.tv/universal/musicjapan.php にて。

PCからでもスマホからでも観れるから、チェックしよう!


c0193396_15272472.jpg
















[PR]

by mahalohilo | 2014-09-20 08:30 | HY | Trackback | Comments(0)  

台湾の写真UPしました

HY台湾同行の写真をUPしました。


帰りの飛行機は、台北の桃園空港を朝7時45分発。
ライヴが終わってメンバーやスタッフと打ち上げを火鍋屋でやり、
そのご、英之たちと二次会に行って、店を出たのが3時過ぎ。
空港までタクシーで1時間かかるから、ホテルでシャワーを浴びたらもう出る時間。
一睡もせずに空港に向かった。
久々の完徹。シンドかったー。

とりあえず、無事に沖縄に帰ってきたご報告まで^_^

各日にちの他の写真も近々またUPします。

c0193396_9361192.jpg




























[PR]

by mahalohilo | 2014-08-27 17:13 | HY | Trackback | Comments(0)  

HY台湾公演が無事に終わった


c0193396_11332129.jpg

HYの台湾公演が無事に終わった。
詳細は後日書くとして、一言伝えたいには、メンバーたちが一生懸命HYの歌を届けたいと頑張っていたということだ。
その想いは必ず来た人たちに伝わったと思う。

これからは空港に向かい、沖縄に帰ります!








[PR]

by mahalohilo | 2014-08-24 05:34 | HY | Trackback | Comments(0)  

今日はHYの台湾初LIVEの日!


c0193396_11353332.jpg

昨日は、九份へ行ってきた。
千と千尋の神隠し、の舞台と言われている観光地だ。
ビルが建ち並ぶ台北の都市部から車で1時間、細い道を山の方へ登っていくと、斜面にへばりつくように家が建っている所が九份だった。
階段を上る両側に店が建ち並ぶ。
お土産屋さんとともに多いのが、茶房だ。
ここまで観光地になる前から、台北の方たちは、ここに来て、綺麗な景色を見ながら、ゆっくりお茶を楽しんでいたのだときく。
昔は優雅な時間を過ごしていたんだな、と観光客でごった返す今の九份でそう思った。

街中での撮影、夕日を背にした撮影などを行い、台北へ戻った。
HYのメンバーたちも九份は初めてなので、相当感激していたな。

今日は、台湾初ライブの日だ。
今の気持ちを聞いたら、いつも通り平常心で向かいます!と俊は言っていた。
メンバー自身が楽しむのが一番。

僕も今からワクワクしている。

c0193396_11352151.jpg












[PR]

by mahalohilo | 2014-08-23 11:36 | HY | Trackback | Comments(0)  

HYの対談の後、夜市へ。デージ強烈な匂いが………(^○^)


c0193396_113846.jpg


ハイサイ、みなさん。

台湾は沖縄以上に湿度が高くて、ちょっとシンドいですね。
今日はメンバーの対談をやってから、小籠包を食べに行って、夜市散策。夜市は人の数が半端なかった。

c0193396_11393852.jpg食べ物の屋台がずらっと並ぶスージグァを歩いていると、色々な匂いが漂ってきます。
特に強烈だったのが、臭豆腐。



▲臭豆腐を食べたメンバーの反応は…


鼻をつまんで食べたら美味しいと現地の人は言うけれど、あれはちょっとムリムリ。
HYメンバーたちが、これも経験!と食べていたのには感心したな。
食べた時は、美味しいよ、と言っていた彼らも、噛み進むうちに……(^○^)

食文化の違いを実感した、いい経験でした。


明日HYは台湾メディアの取材日。
夕方からは、千と千尋の神隠し、の舞台だと言われている九份に、メンバーと行ってきます!

c0193396_11401145.jpg

▲真剣にエビ釣りをする英之と悠平



















[PR]

by mahalohilo | 2014-08-22 01:13 | HY | Trackback | Comments(0)  

HY台湾LIVE同行記。只今、台湾の空港に到着

只今、台湾桃園空港に着きました!
着陸時に窓からの景色を見る限り、まるで沖縄に帰ってきたようだった。
HYがやって来るのは次の便。
那覇空港で一旦別れたHYが台湾に着くのを、今空港で待っているところだ。
今日はファンクラブ会報誌の対談をすることになっている。
HYメンバーと、台湾在住の方たちの対談。
どんな話が聞けるのか、楽しみだ。

ひとまず報告まで。




















[PR]

by mahalohilo | 2014-08-21 13:25 | HY | Trackback | Comments(0)  

HYの初の台湾公演に同行

c0193396_12144553.jpg

沖縄に戻って4日、毎朝、虹を見ている。
大きな半円を描いた虹の時もあれば、水平線に接する部分だけの小さい虹もある。
今朝はその小さい虹だった。
青空に大きな積乱雲が伸びているところに、虹はかかっていた。
ほんの2、3分のことだったが、幸せな気持ちになった。

沖縄に帰ってきてから、HYのツアーファイナル@沖縄市民会館を観に行った。
今までと最初から違ってるよ、とメンバーが言っていたとおり、1曲目からヒデとイズがハンドマイクでステージ狭しと歌う姿は初めて見た。
ライブは最後まで、メンバー全員が放つ、「最高のパフォーマンスを全力で見せるオーラ」を感じた。
色々なことがあったけど、それを乗り越えたからこそ今がある。
これからも全力で突き進んでいくんだ、という想いを強く感じたライブだった。

今冬には初のラブソングアルバムをリリースするという告知もあった。
きっとメンバーそれぞれのLOVEを込めた楽曲が収められることだろう。
もちろんイズらしい切ないラブソングも。

明日からHYの台湾公演に同行する。
初めての台湾ライブ、どんな反応を受けるのだろう。
楽しみにしている。
[PR]

by mahalohilo | 2014-08-20 12:15 | HY | Trackback | Comments(0)  

HYと仲宗根梨乃ねぇねぇとの対談、デージ楽しかったーぁ

c0193396_1974162.jpg
          ▲ファル(左)とチャコ娘@トロピカルビーチ


2週間の東京滞在から沖縄に戻って、1週間も経たずにまた昨日上京してきました。
台風が接近する中、空港に着くまでずっと風も雨も強かったので、大丈夫か?と思いながらの上京。
そして東京では、沖縄よりも暑い猛暑が待ち受けていました。

東京の夏は本当に暑い。海風で最高気温が32℃を上回らない沖縄とは違って、アスファルトジャングルの東京は照り返しの影響もあって、体感温度は表示気温以上。昨日は34℃だったけど、体感温度はプラス3〜4℃な感じだった。

汗が吹き出し、ふーふー言いながら向かったのは六本木。HYの事務所があるテレ朝ミュージックのオフィスだった。

沖縄出身の世界的なダンサー&コリオグラファー(振り付け師)の仲宗根梨乃さんとHYの対談のためだ。梨乃さんは、ブリトニー・スピアーズのツアーダンサーほか、ジャネット・ジャクソンやジャスティン・ビーバーなど数多くのメジャーアーティストのダンサーとして活躍するLA在住のウチナーンチュ。
少女時代「GENIE」の、あの美脚ダンスや、SHINee、東方神起などK-POPアーティストの振り付けも数多く手がけている素敵な女性だ。

もう十数年のアメリカ暮らしにもかかわらず、話す言葉はデージ沖縄方言。
HYのメンバーも「こんなに方言でしゃべる有名人、知らないさー」というくらいのデージさだ。

超パワフルでポジティブな梨乃ねぇねぇに、HYのメンバーが引っ張られるかたちで(笑)対談は進行。気づいたら、あっという間に2時間が経っていた。

やっぱ世界で活躍されている方はパワーが違う。ポジティブさが違う!と、いい意味で刺激をいただいた対談でした。

おじさん、梨乃ねぇねぇのステキなキャラと話に、笑いすぎ&パワー吸い取られて、デージ疲れたやっさー(笑)。
でもまた、彼女のいろんな話が聞きたい!と思ったのでした。

これから宮本亜門氏が演出する舞台の振り付けのため、しばらく東京に滞在するという彼女。ぜひまたお話を聞かせてくださいね。

この対談の模様は、HYの会報誌『HY Times』に掲載されます。
[PR]

by mahalohilo | 2012-08-01 19:11 | HY | Trackback | Comments(0)