<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

台風5号の影響で、宮古ロックフェスとうたの日コンサート中止!

c0193396_1421147.jpg

沖縄本島に大きな被害を与えた台風2号から1ヶ月。
再び勢力を増しながら台風5号が沖縄を目指して進行中。
今夜には八重山諸島が暴風雨圏内に入る模様だ。
この台風の影響で明日25日、宮古島で開催予定だった「宮古アイランドロックフェスティバル2011」と、石垣島で行われる予定の「うたの日コンサート2011」が中止になった。特に、BEGINが主催する「うたの日コンサート」は、BEGIN念願の出身地での初開催だっただけに、メンバーも残念だろう。初開催に向けて努力されてきたメンバー、スタッフに心からご苦労さまでした、来年は天候に恵まれて里帰りコンサートができることを祈っています、と言いたい。

c0193396_14213153.jpg昨日は66年目を迎えた「慰霊の日」だった。日本で唯一地上戦に巻き込まれた沖縄。今、その沖縄に暮らす自分が昨夜の「報道ステーション」を見て感じたことがあった。番組に出演する解説者の方が、沖縄を訪れて取材をされていた、戦争当時16歳だった方の言葉に僕は胸が痛んだ。

戦争当時、普天間で暮らしていたその方は、侵攻を続けるアメリカ軍に身の危険を感じて、両親や6名の兄弟たちと防空壕に隠れていた。しかしアメリカ兵に発見され、投降をうながされて、銃を突きつけられながら壕から連れ出されたのだという。そして…投降を呼びかけるアメリカ兵を恐れた両親や兄弟たちは壕を離れず、その結果、火炎弾と火炎放射器で焼き殺されてしまった。その方は、こう言っていた。
「あの世に行ったら、その時のことを真っ先に謝らなければ」と。
なぜ強引にでも一緒に連れていかなかったのか。自分だけが生き残ってしまったことへの懺悔の気持ちが今でも心を押しつぶす。16歳の少年の心を66年間も重く押しつぶし続けてきた事実に、心が痛かった。そして、この地上戦で県民の半数が命を落とした悲惨な事実を後世に伝えていかなければいけないと、改めて思ったのだった。


c0193396_14215657.jpg同番組を見ていて、あとひとつ思ったことがあった。
解説者の方が普天間基地を取材していた時の映像を見ながら、このことは伝えておかなければいけないなと思ったのだ。TVの画面に、頭上をアメリカ軍のヘリコプターが飛んでいた。普天間基地周辺で暮らす人たちには見慣れた光景である。しかし、ヘンだ。ヘリは金網に囲まれた基地の敷地の内側の上空を、見事!に飛んでいる。

c0193396_14221482.jpg日米で合意している「ヘリは基地内上空を飛ぶこと」を、なぜか?守っているのだ!
今までは基地内どころか、基地外にはみ出して住宅地上空を平然と飛んでいるにもかかわらず「慰霊の日」だけ!は、なぜか規則を守って飛んでいる。
しかも、ここ数日、夜11時近くまでバタバタと爆音を響かせて住宅地上空を飛んでいたのに。

これまでも、そういうことはたびたびあった。
本土から政治家が来沖する時、戦争関連の記念日などなど…の時は、なぜか!ヘリは飛ばず、静かになりを潜めているのだ。
だがしかし、小学校の卒業式の式典の時はどうか。式典の間は飛行をひかえてほしい、といくら県側が米軍に伝えても、いつもと変わらず式典が滞るほどの爆音で飛び交っているのに、である。

やりたい放題のアメリカ軍が「慰霊の日」に駆け足で訪れた菅首相や本土のメディアに、日常的に行われている爆音の暴力という“真実”をわからせないようにするための卑劣な行為。本当は、毎日のように頭上を飛び交う爆音に悩まされているのですよ! わかってください!と、本土から遥か遠い南の基地の島から叫びたい。沖縄はこんなにも爆音に苦しまされているんですよ、と。
それにもかかわらず、先日の「2プラス2(日米安全保障協議委員会)」では、辺野古沖V字滑走路を建設し、さらに沖縄に新たな米軍基地を増やすという。県民が反対し続けている辺野古への基地移設を、県民の頭越しに強引に決めていく政府への苛立ちがつのる。国外移設、県外移設は沖縄県民の願いだということをわかってほしい。

福島原発の放射能汚染問題に関して橋本大阪府知事は、政府関係者に「だったら、あなたたちが原発のそばに住んでみればいい」と発言していたが、この言葉をそのまま沖縄の基地問題に対しても言いたい! 連日連夜、住宅地上空を飛び交うジェットやヘリの爆音や墜落の恐怖に脅かされ続ける基地周辺に、どうぞ住んでみてください。そうすれば少しは!県民の痛みを知ることができると思うから。遠く離れた永田町の卓上の論理で、この痛みはわかるはずもないのだから。

たった今、この時も、頭上を飛ぶヘリの爆音と低周波が、窓ガラスを小刻みに揺らし続けている!
これが沖縄の本当の現実!なのである。

c0193396_14222912.jpg

[PR]

by mahalohilo | 2011-06-24 14:33 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

高橋 優、人生初の全国ライブツアー@渋谷クラブクアトロ〜6/10

c0193396_14555247.jpg

昨夜、高橋優が言う“人生初の全国ライブツアー”〈〜唄う門にも福来たる2011〉の東京公演、渋谷クラブクアトロを観に行った。
分厚い梅雨雲から今にも雨粒が落ちてきそうな渋谷の街に人の列ができていた。
開演の1時間前のことだ。ライブ会場の4階から1階の入口まで、階段を並ぶ人の列がビルの外まで溢れていたのだ。全国でソールドアウトになっているツアー、この日のチケットもすべて売り切れていた。

オールスタンディングのフロアは満杯状態だ。
彼のライブを観るのは、アマチュア時代のイベント以来だから1年ぶり。どんなライブになるのか。開演が近づくにつれて期待がふくらむ。
バンドメンバーに続いて、高橋がステージ現れた瞬間、会場から「タカハシ!」とか「優くん」というかけ声がかかる。少し緊張気味の高橋がアコースティックギターをかき鳴らして唄う「希望の歌」がこの夜の1曲目だった。胸の内にある想いを吐き出すような歌に会場は水を打ったように静まりかえる。歌声が空気を震わせながら、想いの波動となって心に直接届いてくる感じだ。

c0193396_14585873.jpg緊張がとけてきたのは、「靴紐」あたりからか。さらに歌が伸びやかになり、高橋自身もこの瞬間を楽しんでいる様子が感じられる。
少年から大人への旅立ちの歌もあれば、彼女との記念日を唄った曲もある。ほんの些細なことで幸せな気持ちになる瞬間を描いた歌もあれば、あたまん中は“あのこと”ばかりというオトコの本性、本音を高らかに歌い上げる曲もあったりする。
そのどれもが正直でリアルな歌だ。

ツアーはまだ続いているので詳しい内容については避けるが、どの歌もマイクを噛みつくような勢いで全力で唄いきる高橋の姿に、僕は最後まで引き込まれていた。
終演後、彼は「ステージ出るまで、緊張で心臓が口から出そうだった」と笑っていたが、その初々しさを忘れずに、リアルタイムな歌をいつまでも全力で唄い続けてほしい、と思った。

初々しくもあり、リアルタイムシンガーソングライターとしての存在感も感じさせるライブだった。

c0193396_14592510.jpg

[PR]

by mahalohilo | 2011-06-11 15:01 | music | Trackback | Comments(0)  

九州旅4日目〜博多の街を堪能して機上の二人に〜

c0193396_17374445.jpg

もつ鍋&屋台散策で有意義な博多の夜を過ごした夜があけて、九州の旅日記もいよいよ最終日です。
夕方6時のフライトまで、まだ時間はたっぷりある。
カフェでゆっくり朝食をとり、一旦ホテルに戻ってから、しばし部屋でまったりタイム。別に急ぐことはないし、のんびりと荷物をパッキングして、さてチェックアウトでもしましょうかね。
おなかもいっぱいだし、腹ごなしをかねて散歩しながら友達へのお土産でも見にいこうかなってことになった。

まずはJR博多駅へ向かった。今年3月に九州新幹線の全線開業に合わせて、新たにオープンした駅ビル「JR博多シティ」を見てまわった。
以前の駅ビルにくらべると、すいぶん変わったなぁ。日本最大級のレストランゾーンができていたり、東急ハンズをはじめ230近い店舗が入っていたりと、ゆっくり見ていたら丸1日かかりそうだ。地元のお土産ショップや物産品を集めたデパ地下を巡って、いくつかお土産をゲット。でもここであまり買っちゃうと、持ち歩くのもイヤだし、また夕方に戻ってくることにした。

次に行きたかったのは、博多川端商店街。長さ400メートルのアーケードに店が並ぶ、博多でもっとも歴史のある商店街だ。古い店と新しい店が渾然一体となったアーケードを楽しく散策した。休日限定のぜんざい屋さんもあった。美味しそうだったな。

c0193396_17372258.jpgこの商店街で、博多名物の銘菓「博多お通りもん」をゲット。
試食なんぞして、糖分も十分に補給(笑)。博多リバレインをさらりとのぞいていたら、12時過ぎになってしまった。もう昼食タイムだよ。なにが食べたい? やっぱ、ラーメンでしょ!ってことで、近くにあった「一蘭 中洲川端駅上店」へ。一席ずつ仕切りのあるカウンターに座り、カタ麺で濃厚スープetcとオーダーシートに書き込んで、注文。美味しかったな。でもちょっと満腹感がないので、道を挟んだところにあったミスドでドーナツ&コーヒーをいただいた。満腹だぁ! こりゃちょっと食べ過ぎかも(苦)。少し休んでいこう。で、コーヒーをおかわりしながら、またまたミズド店内で1時間近くまったりタイムは続いたのでした。

それから天神を散策。福岡はやっぱり都会だね。それに女性たちもファッショナブルだよね。
そんなこんなしているうちに、午後3時に。いい時間になってきた。そろそろ博多駅ビルに戻って、本格的にお土産を買おうよ。
デパ地下はさっきよりも大勢の人たちでごったがえしていた。まだオープンして2ヶ月。地元の人たちが休日になると大勢集まってくるのだろう。バームクーヘンの店では長蛇の列が。あっちのドーナツショップでも50人近く並んでいる。僕らはその列を横目で見ながら、「めんたい」と「角煮まんじゅう」と「辛しレンコン」etcを買い、ホテルに預けておいた荷物をヒップアップしてから空港に向かった。

旅の間中、晴天に恵まれていた今回の九州旅。晴れ女の妻のおかげかもね。いい旅だったな。想い出もたくさんできたね。熊本のオヤマさんご夫妻、ありがとう。また遊びに行くね。
いつか九州南部の旅を計画しよう。
そして空港に向かう途中、ホント最後の最後に、空から雨がぱらぱらと落ちてきたのだった。                             (おわり)

c0193396_1736859.jpg

[PR]

by mahalohilo | 2011-06-05 17:42 | その他 | Trackback | Comments(2)