<   2012年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

下地 勇、祝10周年のベストAL『静+動』リリース!

c0193396_20273247.jpg
           ▲photo by mahalohilo

宮古方言による独自のポップミュージックを模索してきた下地 勇。
2002年に『我達が生まり島』でインディーデビューした彼が今年8/10で10周年を迎える。祝!

精悍なルックスと長身の運動部体型でヤングガールからオールドガール(失礼)幅広い層に支持を受ける彼の10年間の足跡を収めた2枚組のベストアルバム『静+動』が一昨日(2/22)に発売された。

c0193396_20344467.jpg“静”Discと“動”Disc。
デビューシングルの「我達〜」や、カセットテープに宅録して父親の還暦祝いに贈った「サバぬにゃーん」、名曲「おばぁ」、「ワイドー」、「ZUMI」などの代表曲に新曲2曲を加えた全29曲を収録した、これはまさしく下地 勇の10年の軌跡!

「おばぁ」に泣いて、「誇り」で沖縄の現状に怒りが湧き、「信念の道 西へ」で迷いそうになる自分を叱咤激励し、「親父へのアーグ」で亡き父に改めて感謝した。
内容の深くて濃いベストアルバム、ぜひ聴いてほしいと思う。

c0193396_20242556.jpg実は今日、彼にインタビューをしてきた。
所は沖縄の新都心・おもろまちのカフェで。
たくさん興味深い話を聞くことができた。

週刊レキオの3/8号に掲載します。沖縄在住の方はぜひご覧ください。

2/22発売の新譜といえば、デビュー35周年の尾崎亜美さんの『soup』。
2/23掲載のレキオ「マハロな音楽」でもインタビュー記事が載っていますので見てください。
見てないよ、という方のために下に記事を添付しておきますね。

c0193396_22312343.jpg

[PR]

by mahalohilo | 2012-02-24 20:30 | music | Trackback | Comments(0)  

至近距離で中畑監督に遭遇!

今日の沖縄は、朝から雨が降ったりやんだりの1日。
午前中、少し青空が見えてきたので原稿書きをひと休みして、海浜公園まで行ってきました。

ファル娘の散歩、でも本当の目的は横浜DeNAベイスターズの“中畑監督を見たい!”というミーハー心(笑)。
実はずっとファンだったんだよねぇ〜ジャイアンツの中畑選手時代から。
ま、会えたらラッキー、ぐらいの気持ちでした。

ひとまず広場でファルのボール投げをしていたら、“バシッ!”という重い音が遠くから聞こえてきた。
“バシッ! バシッ!”
等間隔で聞こえてくる方へ行ってみると、そこでは三浦投手が投球練習をしていた。
キャッチャーのミットにおさまる瞬間に重い音が響きわたる。すごいスピードだ。

雨が降ってきたので、近くの東屋に避難しようかなと思った瞬間、投球練習場の出入口から出てきたのは、なんと中畑監督だった。
監督との距離は5メートル。しかもこっちに向かってくるじゃない。
「ちょうど雨降ってきちゃったね」と気さくに声をかけてくれる。
隣りの女性が写メを撮ろうとすると、笑顔でパフォーマンスするサービスも。
僕は写メを撮ることもアタマに浮かばず、ただボーッと見ていただけでしたぁ。
なので写真はなし。
ま、会いたい人の前では、そんなもんですよね。
いや、かっこよかった。
ラッキーな日でした!
[PR]

by mahalohilo | 2012-02-22 19:04 | 沖縄 | Trackback | Comments(7)  

TOKYO No.1 SOUL SETの取材と、ザ・ビートモーターズのライブ!

いやはや寒いです、東京は。
上京して8日、今日が一番冷えるかも。
さっき、多摩川ウォーキングしていたら、なにやら空からはらはら白いものが…。
雪でした。細かい雪がゆっくりと舞い降りてきました。
なんだか情緒があるなぁと。思わず歩がゆっくりになりました。
これは沖縄にはない情緒感だな、と。

c0193396_1724111.jpg
c0193396_17244928.jpg










昨日はTOKYO No.1 SOUL SETのニューアルバム『Grainding Sound』(3/14発売)の話を、渡辺俊美さんに聞いてきました。猪苗代湖ズのメンバーとして昨年暮れにNHK紅白歌合戦に出場した時の話も含めて、興味深い話を聞くことができました。
福島のご実家も原発の20km圏内にあるため避難区域にあるとか。故郷を失うことの空しさは計り知れないものがあるなと。もちろん地震という自然災害ではあるが、東電サイドの人的災害!でもあるから怒りがつのる。これからも放射能の脅威にさらされ続けることを忘れてはならない。この震災の被害を風化させてはいけない。


それからザ・ビートモーターズのライブ@下北沢GARDEN、に行ってきた。
もやもやしていた気持ちを爆発させてきた。
鬱積する想いを吐き出すように、爆音の中で秋葉が吠えていた。
4/11に出る2nd.Full AL『Gris Gris(グリグリ)』の新曲を3曲披露していた。
なかでも「エコー」。
何気ない言葉の羅列。「原発」と「エロDVD」が並ぶ感覚。「神様」と「犬のクソ」が並び歌われる不自然な自然さ。いい。

アルバムの音も聴かせてもらった。
まだ1回しか聴いていないので、その感想はまた後日ということにしたい。
でも1曲目「星に願いを」から、僕のド真ん中!ということだけははっきり言える。
あんまり褒めたくないけど、きっと褒めまくっちゃうんだろうなぁ。
[PR]

by mahalohilo | 2012-02-16 17:22 | その他 | Trackback | Comments(0)  

渡辺美里さん、人生二度目のライブハウスツアーが4/3からスタート!

c0193396_1143193.jpg

只今、上京中です。
毎朝、あたたかい布団から出たくない〜と思いながらの起床。
東京で暮らしていた頃の冬はいつもそうだったなぁと、懐かしく思いだしたりして。
顔を洗う時の水の冷たさも、夜空の下の帰り道の肌をさすような大気の冷たさも、なんだか懐かしいんだよね。
懐かしいといえば、昨夜は渡辺美里さんに会って、いろいろな話を聞かせてもらった。
彼女と取材の現場で初めて会ったのは、デビューアルバムの時だから26年前になる。
それ以来、時あるごとにインタビューをさせてもらった。

c0193396_1152224.jpgライブもたくさん観てきた。
昨夜1985年に行った初めてのライブハウスツアーの東京公演、新宿ルイードの話になった。
僕が美里のライブを初めて観たのはこの新宿ルイードだった。
超満員で人で溢れかえった会場で、酸欠になりそうだったことを思いだした。
その話の中でマネージャー氏が、その前に尾崎豊のルイードを観に行った時も、「入口のドアを開けたら人がいっぱいで尾崎がちらっと見えただけだった」と言っていたが、実は僕もその時に同じ経験をしていたひとりだった。僕もその日、尾崎をちらっと観ただけで、ずっと入口の外で彼の歌を聴いていたことを思いだした。

尾崎が美里を抱え上げてステージ上を走り回った広島平和コンサート(1987)、初フルオーケストラコンサート「misato '99 春 うたの木」(1999)@オーチャードホール、「美里祭り 2006 in 山中湖」@山中湖シアターひびき(2006)、15年ぶりの沖縄ライブ「クリスマスディナーショー」@パシフィックホテル沖縄(2008)、三つ星団@沖縄ナムラホール(2010)、そして20回の西武球場ライブの半数以上は、同じライブ空間の中で一緒に時間を過ごしてきた。

思えば、それは自分にとっての大切な宝物だと思う。
もう長い時間が経ったにも関わらず、どのライブについても、その時の風景や空の感じまでも瞬時に思いだすことができる。それだけ記憶に深く刻まれている体験だったということだ。

想い出がたくさんあることは自分にとっての財産であり、宝物だと思う。
だからこれからも美里のライブはできるかぎり観たいなと思っている。
彼女のライブを観るたびに、音楽の楽しさを再確認することができるから。
そして元気になれるから…。

渡辺美里の人生二度目のライブハウスツアーは、4月3、4日@渋谷duo MUSIC EXCHANGEからファイナルの9月13日@沖縄ナムラホールまで全国37ヵ所をめぐるロングロードだ。
ツアータイトル『セレンディピティー〜人生はステージだ!!〜』が表わしているように、美里の人生を彩ってきたステージを通して、このツアーで彼女がたくさんのセレンディピティー(幸せな偶然が見つかるチカラ)に出逢えたらいいなと願っている。
僕もどこかのステージを必ず観ようと思う。
自分にとってのセレンディピティーな瞬間のために。
[PR]

by mahalohilo | 2012-02-10 11:11 | music | Trackback | Comments(4)  

明日から東京。気合いを入れて行ってきまーす

c0193396_2164043.jpg

今年は例年になく青空の少ない沖縄です。

プロ野球のキャンプイン@沖縄も始まり、
そろそろ晴天が続いて欲しいと願っているのですが、
今日も朝から雨…。
雨にも負けず(苦笑)、今朝は近くのビーチで泳いできました。
海水温はまだ少し低めですが、気持ちの良い遊泳がでした。
日中の気温は20℃くらいで、生温い風が吹いていましたが、
夜になるとぐっと冷え込んできました。

明日から東京。いったい温度差はどのくらいあるんでしょうかねぇ。
気合いを入れて行ってきます!

今月インタビューするアーティストは、渡辺美里さん、高橋優くん、THE COLLECTORS、つるの剛士さん、Tokyo No.1 Soul Set。
またライブは植村花菜さん@国際フォーラムC、ザ・ビートモーターズ@下北沢GARDEN、sacra@渋谷O-Westを観るつもりです。

最後に、2/6に掲載された週刊レキオ「マハロな音楽」ポニーテールリボンズの記事を添付しておきますので、見てください。それにしてもこのインタビューの時は、ホント笑いすぎて涙が枯れそうになりましたよ。

c0193396_217352.jpg

[PR]

by mahalohilo | 2012-02-07 21:09 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

ポニーテールリボンズにハマってます!

c0193396_1925479.jpg

今、ポニーテールリボンズにハマってます。
ポニーテールリボンズは、ホットパンツにピンク帽の肉食系ポカ=ユイチンと、黒ブチめがねの伊達男風!?リトル=コフスキーを中心に結成。
6年前に「ぽっちゃりゴルバチョフ」がFMでのオンエアがきっかけで県内で話題になり、その後も「ざるそば」や「真栄田岬」と、彼らにしか表現しきない振り切れた音楽観で注目されるハイパークリエイティブユニットだ。

c0193396_1925246.jpgこのポニテのニューアルバム『モアイの夜明け』(2/1沖縄先行発売)を聴いて、すっかりハマってしまったのだ。

最新作では、「ぽっちゃりゴルバチョフ」のほか、1曲目の「おじさんおばさん」から最後の「モアイ大好き金城さん」まで、デジポップありラテンありファンクあり演歌ありと、ある意味何でもあり。
でも聴き終えた後で心がほっこり平和な気分になるポニーテールリボンズ流モアイミュージックばかり。
パーティーミュージックに良し、ドライブソングに良し、もちろん模合いのBGMにもばっちり!なアゲアゲミュージック満載のアルバムです。
ぜひ県外の方たちにも聴いてほしいなぁ〜。

c0193396_19253855.jpg

[PR]

by mahalohilo | 2012-02-04 19:28 | music | Trackback | Comments(2)  

これから沖縄料理店「あしびJIMA」に行ってきます!

c0193396_19502980.jpg

ふー、今日は海風が強くて、とっても寒い!

昨日は暖かかったのに。
沖縄は毎日が暑かったり寒かったりと、
日々変わっています。
プロ野球も沖縄でキャンプインしたけど、
こんな天気だと選手も体調管理が大変じゃないかなと思います。

c0193396_19504830.jpg昨日は読谷村都屋の「フィッシャーマンズワーフ」へランチをしに行きました。
目の前に自然ビーチが広がる、僕の大好きなレストランです。
昔の外人住宅を二軒つなげて大きなレストランに改装した、ちょっとレトロな雰囲気のお店です。
いつもハワイアンミュージックが聴こえていて、時間がそこだけゆっくりと流れている感じがします。
ファル娘は友達ワンコの家に泊まりにいっていたので、ランチ後は二人で波打ち際を歩きながら、ビーチグラスを拾いました。いつの日か、妻がこのビーチグラスで何か作る計画があるようです。


昨年12月から寒い冬の間、沖縄で一緒に暮らしている妻のお母さんと三人で、これから家の近くの沖縄料理店「あしびJIMA」に歩いて行ってきます!
歩いて5分ぐらいの近さなのに、お店に行くのは初めて。おいしいかな?

c0193396_19511480.jpg
c0193396_19512826.jpg

[PR]

by mahalohilo | 2012-02-02 17:38 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)