<   2012年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧

 

台風17号、沖縄に移住してから最大級の台風でした!

c0193396_18102379.jpg

午後5時45分。
大型で非常に強い台風17号は、ようやくおさまりつつある。
窓を叩き付ける風と雨の音がおとなしくなってきた。
朝方から徐々に激しくなってきた台風の勢いがピークに達したのは午後2時半頃。
風と雨がピークに達した時、網戸が飛んだ。1枚…2枚…3枚。気づいた時にはもうなかった。
おもてに探しに行った。
マンションの駐車場に下りると、ハンパない風に吹き飛ばされそうになった。
その少し前、TVのニュースで、那覇・前島の58号線の交差点でトラックが強風で横転している映像を見たばかりだった。
これはヤバい!と思い、部屋に戻ろうと思った。


c0193396_181123.jpgが、しかし…。停電になってしまった。
これはもっとヤバい。停電だと、セキュリティーが解除できない!
オートロックがかかってしまったマンションの玄関ドアが開けられないのだ。
妻は大阪のお姉さんの家に行っていて部屋にはファル娘だけ。
あいにく携帯も部屋に置いてきてしまった。

正直困った。強風が運んでくる潮を含んだ雨が、地面をすべるように向かってくる。吹き飛ばされないようにしがみついているだけで精一杯だ。

駐車場に止めてある車になんとか乗り込み、そこで台風が弱まるのを待つことにした。
というよりも、ほかの住人が玄関ドアから出てくることに期待した。

1時間が経った。依然ものすごい風と雨が建物をまわりこむように吹き荒れている。
1時間半…ラッキー! たまたま出てきた人がいた。ほっとした。

家のドアを開けると、ファル娘がくんくん鳴きながら、話しかけてくる。よほど恐かったのだろう。しがみついて離れない。よしよし。恐かったんだね。

c0193396_18115714.jpg
c0193396_18114738.jpg
      ▲近所の「米や 松倉」もタイヘンなことに…

風雨が弱まってきたので、さっきファルのトイレのためにおもてをひとまわりしてきた。木々の枝が道路に散乱している。また折れて飛んでくるかもしれないから、早々に引き上げてきた。


嗚呼、それにしてもすごい台風だった。
9月29日、我が家の初代ゴールデン娘「マリン」の命日は、こんな1日でした。

c0193396_18144489.jpg
            ▲生前のマリン@沖縄移住後すぐ
[PR]

by mahalohilo | 2012-09-29 18:19 | 沖縄 | Trackback | Comments(4)  

多和田えみちゃんの約2年ぶりのミニAL『Sing you』。サイコー!!

c0193396_19292734.jpg

昨日、多和田えみちゃんのインタビュー(週刊レキオ)をしてきた。
デビューの頃から会っているけれど、今回は2年ぶり。
9/26にリリースされた(発売日!)ミニアルバム『Sing you』の取材だった。

顔を見合わせた途端に、「いとーさーん」とハグされた。

いろんな話をした後、「27になっちゃいましたー」と、あのヒマワリのような笑顔で言われた。
インディーズ時代、北谷ジャスコ(当時)の2Fで歌うえみちゃんを初めて見てから5年以上経ってるんだなぁ。
あの時の「ネガイノソラ」の歌声に引き込まれ、立ち尽くしていた自分をふっと思いだした。
あの頃から歌の表現力は抜群だった。

c0193396_19362211.jpg今回のミニアルバム『Sing you』では、さらに5年のキャリアがより歌詞の内面を自然体で描き出すスキルが身についている。深みを聴かせる歌になった。

ソウルフルな面のみならず、新たな音楽性にもしっかりと向きあい、完成させた作品だ。
「ねぇ」、「涙がでた」が僕は好きだ。

「ねぇ」は初回盤に付くミュージックビデオを見てほしい。
僕は自転車を必死にこぎながら走る石原さとみ(出演)の表情と、歌詞の中の女性の心情がリンクして、えみちゃんの歌を聴きながら涙が出そうになった。

〈君だけに聴かせたい 朝陽を待つ海の静けさ…〉

なんて素敵な歌詞なんだろう。
ぜひじっくりと聴いて(観て)ほしいアルバムである。

あっという間の1時間。
もっといろんなことを話したかったけど、次はFM番組の生放送だったので、そのまま戻ってきた。

でも変わらぬピュアな笑顔に、「そのまんまでいてくれよ〜えみ」と、思わずお父さんの心境になっちゃいました。はは。

まるで太陽の光のようなえみちゃんに会うと、いつも元気をもらえるんだよなぁ。
でーじ、てぃーだ娘やっさー。


レキオ掲載は、10/18(木)。沖縄の方はぜひ見てくださいね。

        ▼こんなステキな笑顔でした。photo by mahalohilo
c0193396_19275543.jpg
       
[PR]

by mahalohilo | 2012-09-27 19:29 | music | Trackback | Comments(2)  

DEENの沖縄公演@那覇・桜坂劇場が今週土曜日に行われる

c0193396_11114995.jpg


午前11時。
本土の天気予報は曇りのち雨だが、沖縄は今日も晴天だ。
沖縄の天気はだいたい、いつも本土の予報とは若干違っている。
窓の外で陽をあびたヤシの木が風にさわさわと音をたてている。
ずいぶん風が涼しくなってきた。
最近は夜、窓を開けて寝ると涼しくて、エアコンも扇風機もいらないくらい。
ファル娘も朝までぐっすり zzzzz……

今週土曜日は、DEENの来県ライブが、那覇の桜坂劇場で行われる。
来年のデビュー20周年を前に、全都道府県をまわって行ってきたツアーのセミファイナルである。
3人だけの演奏によるアコースティックなライブは、さらに客席との距離を感じさせないあたたかいステージになるはずだ。
今からとても楽しみである。

沖縄公演を前に取材したDEENの記事(週刊レキオ)が先週9/13に掲載されたので、添付しておきます。

c0193396_1114529.jpg

[PR]

by mahalohilo | 2012-09-20 11:14 | music | Trackback | Comments(0)  

週刊レキオのインタビューで、イクマあきらさん宅にうかがいました!

c0193396_2150059.jpg

週刊レキオの「マハロな音楽」のインタビューで、アーティスト/プロデューサーのイクマあきらさんのお宅にうかがった。
同じ市内で町名も一緒。いつもウチのファル娘の散歩コースにも近い、いわばご近所さんである。

D-51のヒットソング「No More Cry」の作者であり、D-51や伊禮俊一を育ててきたプロデューサーとしても著名なイクマさんのご自宅にうかがったのは今回が初めて。
インタビューはご自宅のスタジオで行った。

クリエイティブな空間には、独特の空気がある。
僕の仕事場に通じる同じ空気を感じる。
とにかくモノが多い(笑)。器材に囲まれている。
でも、僕はその空間にいると、やけに落ちつくのです。

インタビューのテーマは、8/5にリリースされたニューアルバム『花城(はなぐすく)』について。
東京・原宿・表参道で活動する「よさこいチーム・しん」のために書き下ろしたオリジナルよさこいソング「花城」のほか、ラテンフレーヴァー溢れる「Round Midnight」(この曲、サイコー!)やオールドスクールなロックンロール「Lovely day Happy day」など、バラエティーに富んだ楽曲が収められたアルバムだ。

アルバムについてたくさんお話が聞けた。
そして、ほかにも移住者同士の会話もいろいろすることができた。

もっともっと話をしたいと思った。
今度は、ビールでも飲みながら、おたがいのルーツミュージックなどの話をしてみたいなぁ。
近々お付き合いくださいね。

イクマさんのレキオ「マハロな音楽」インタビューは、10/11の掲載です。お楽しみに!

(PS)みどりさん、いろいろありがとうございました!

c0193396_21502734.jpg
        ▲イクマさんの愛用ギターを持って歓びの笑顔
[PR]

by mahalohilo | 2012-09-18 21:52 | music | Trackback | Comments(0)  

安室奈美恵の20周年ライブの会場は今…どうなっているのか

c0193396_1938103.jpg


台風16号が沖縄本島を離れた夕方。ファル娘の散歩をかねて海浜公園に行ってみた。
今日開催が予定されていた安室奈美恵の20周年ライブの会場が今どうなっているのか知りたいと思ったからだ。

海浜公園入口の歓会門は封鎖されて入れなかったので、トロピカルビーチの駐車場へ。ここも門が閉まっていた。
手前の並列駐車のパーキングに車をとめてビーチ方面に歩いていくと、出島に水しぶきが高く上がっている。大荒れの海が激しくうねり、そのまま出島にぶつかってしぶきを上げていたのだ。

c0193396_1939118.jpg

なんとそこに人の姿が。波をかぶってはしゃいでいる。寝転んでしぶきを全身で浴びている人もいる。高波にさらわれたら大変。危険だ。

高台にいてもしぶきが風に乗って飛んでくる。メガネがすぐに潮で曇ってしまうほどだ。


それから安室がライブをやる予定だった広場に行ってみた。
屋外劇場横には撤去されたイントレの一部が置かれている。
搬送作業が間に合わなかったのだろう。
c0193396_19404184.jpg
c0193396_1942450.jpg


そして広場は…。
前日の朝のステージはすっかり片づけられていて、跡形もなかった。
昨日このブログでアップした写真が残された幻のステージになってしまった。

ステージが組まれていたあたりで、数人の女子たちが写真を撮っている。
きっと安室のイベントに参加するために沖縄にやってきたファンの子たちだろう。
彼女たちが立っている先に昨日まであったステージが幻を見るように重なった。

ファル娘もそこでパチり!

ライブは中止になってしまったけど、いつの日にか実現することを望んでいます!

     ▼つい先ほどの会場跡。今はもうなにもない
c0193396_1942381.jpg
c0193396_19441433.jpg
     ▲昨日の会場。幻のステージはこんなふうだった
[PR]

by mahalohilo | 2012-09-16 19:53 | 沖縄 | Trackback | Comments(2)  

岡平健治、自走ツアー@沖縄、台風の最中、決行!

c0193396_11464174.jpg
     ▲ライブ終了後、沖縄家族(ファン)が作ったフラッグを記念写真

現在、9/16 11時20分。
台風16号は、沖縄本島北部の名護を通過して、さらに北上を続けている。
まだ強風と横なぐりの雨が吹きつけている。

昨夜は岡平健治(元19、現3B LAB.☆S)の自走ツアーを観に北谷のSALT & PEPPERへ行ってきた。35都道府県38公演。ワンボックスに器材をすべて積み、彼自らが運転して全国をまわるライブツアーだ。

折しも、台風16号が沖縄本島まで240キロまで迫っている時。
正直開催が心配された。
相棒のワンボックスと一緒にフェリーで沖縄に渡ってきたはいいものの、ほぼ台風直撃の前夜である。しかし、スタッフとの協議の末、最終的に岡平の判断で決行された。

出足の悪いウチナーンチュ、しかも台風まっただ中だから、正直人の集まりも遅い!?と思っていた。
開演15分前にはまだ6割程度。
しかし、開始時間には、後ろに立っている人の姿も…。

アコースティックギターで弾き語り、時にキーボードを奏でながらバラードを歌う。
MCと選曲もその時の気分で変わっていくのだろう。実に自然体だ。
しかし力強い歌に観客がどんどん引き込まれていく。
盛り上がっていく。
これぞ、ライブの醍醐味!と思った。

岡平とフロアのみんなの心の糸が繋がっている。
届けたい想いが糸電話のように、心の糸を通して聴いている人たちの心に届いていく。
そう思えるライブだった。

アンコールでは、フロアから起こったコールが沖縄独自のカチャーシーを採りいれたものだった。
どうやら各地、それぞれ地域色を出したコールらしい。
そのあたりにも愛を感じた。


台風は、今後さらに北上を続ける予報だ。
今夜のライブまでにはきっと風雨もおさまることだろう。


今夜予定していた安室奈美恵のひと夜限りのデビュー日ライブは、残念だが中止!

岡平建治、ツイているな。

c0193396_11471662.jpg
     ▲楽屋のらくがき(左上に2 Side 1 BRAINの文字も見える)
[PR]

by mahalohilo | 2012-09-16 11:51 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

安室奈美恵20周年イベント、中止!?

c0193396_11102385.jpg
          ▲ステージを背にしたファル娘

9/14(金)午前10時半。
安室奈美恵の20周年記念イベントが行われる宜野湾市海浜公園の特設会場に行ってきた。
そこではすでに会場のバラしが始まっていた。
つまり、イベントは中止!?
もう待ったなしの状況の中でのこれが開催者、関係者が苦渋の決断ということか。
ステージが組み上がり、映像のチェックもまだ行われていたけれど、撤収の状況をみる限り、中止にまちがいないだろう。

12時の時点でHPをチェックすればハッキリするはずだ。
(13時時点での追記:本日15時に最終決定を発表するとのこと)
http://www.pmnet.co.jp/amuro20th/info.html



     ▼これが幻になる!?であろうステージの写真だ。
c0193396_1191543.jpg


c0193396_1193843.jpg

[PR]

by mahalohilo | 2012-09-14 12:39 | 沖縄 | Trackback | Comments(2)  

安室奈美恵の20周年ライブ、開催か中止か、本日12時にHPにて発表

c0193396_1055297.jpg


9/14(金)9時30分。
雲が徐々に空に広がりつつある。
その隙間から青空も見えている。
風はほとんどない。
そして台風16号は、依然北上を続けている。
中心付近の最大風速は55メートルで、最大瞬間風速は75メートルと、かなり大型で猛烈な台風に成長している。
このままの進路で進んだ場合、沖縄地方では15日から次第に風が強まり、16日に最接近する見通しだ。

つまり、安室奈美恵の20周年ライブは、ほぼ中止になるということだ。

沖縄の台風はハンパない。強風によるステージ倒壊や器材の飛散などの危険性がある。
観客はもちろん、ステージ上のアーティストも危険だ。
そもそもそのような状況では、音が飛散してライブが成立しないだろう。

安室本人は昨日、沖縄に入ったと聞く。
彼女もこの台風には心が落ちつかないことだろう。

今朝、沖縄の地元新聞「琉球新報」にこんな記事が掲載された。
開催か中止か、本日12時の時点で結論がでるようだ。
HPでチェックしてほしい。


これから会場に設営状況などを観に行ってこようと思う。

のちほど写真をアップします。

c0193396_9593154.jpg

[PR]

by mahalohilo | 2012-09-14 09:57 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

安室奈美恵のひと夜限りのデビュー日ライブ、開催か否か?

c0193396_11102743.jpg


今日も沖縄は快晴だ。風もまったくない。
しかし台風16号は着々と沖縄本島に向かって北上しつつある。
前にも書いたが、台風トンボが飛んでから10日、やはり台風は発生してしまった。

しばらく見かけなかったが、今朝またトンボが飛び始めた。
これは、16号以外にもまた台風が発生する前兆なのか。
しかも台風が沖縄にやってくるのは、決まって週末。
いったいこれはどういうことなのだろうか。

台風16号は、沖縄本島に16日(日)の午前中に最接近するという予報だ。
16日といえば、安室奈美恵が20周年を記念して行うたったひと夜限りのデビュー日ライブの日だ。
まさにその開催日に直撃の予報。
今朝会場に行ったが、ステージなどの設営は中断しているようにみえた。
たぶん台風の進路状況をみているのだろう。
西か東にそれてくれれば開催の可能性は高くなる。
そのまま北上すれば中止せざるをえないだろう。
開催か否か、決断のタイムリミットは近づいている。

そんな緊迫した時にもかかわらず、沖縄では青空が広がる穏やかな時間が流れている…。
[PR]

by mahalohilo | 2012-09-13 11:11 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

安室奈美恵の20th.Anniversary Liveの準備が進行中

c0193396_1940250.jpg


今日は青空の広がる陽射しの強い1日だった。それでも時折、急にスコールのような雨が降ってきたりと、南の島らしい日でもあった。

午後3時すぎにひと雨降って、風が涼しくなったので、夕方5時頃にファル娘の散歩に行くことにした。
散歩コースはいつもの宜野湾市海浜公園。陽射しを避けて、木陰を探しながら歩いていくと、中央の広場で巨大なイントレ(足場)を組んでいる最中だった。
それにしても大きい。高さは5階建てのビルぐらい。ステージの幅も50メートルぐらいはありそうだ。
広場のまわりは白いビニールシートで囲まれ、草地は白い綱でいくつかのエリアに分けられている。

そう、これは16日(日)に行われる安室奈美恵のデビュー20周年のプレミアムライブのための会場設営だ。
沖縄から全国に、そしてアジア諸国でもスーパーマドンナに成長した彼女が、デビューの日に、故郷・沖縄で行うたった一度のアニヴァーサリー・ライブである。
この会場に2万人超のファンが全国、いやアジア各地から集結するはずだ。

沖縄の歌姫の記念すべきたった一度のプレミアムなショーを、僕も観に行こうと思っている。

c0193396_1940918.jpg

[PR]

by mahalohilo | 2012-09-11 19:33 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)