<   2015年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

坂井泉水 九回忌によせて

c0193396_1532856.jpg

このところずっと梅雨空が続いていた沖縄。
しかし今日は薄雲に覆われてはいるが、朝から青空がのぞいている。
思い返せば、あの日も青空が広がる1日だった。
8年前の今日、ZARD坂井泉水さんが天に召された。
その知らせを聞いたのは、友達のカフェで緩やかな時間を過ごしている時だった。
ボサノヴァの軽やかな音色で満たされた店内に、携帯の鋭い音が鳴り響いた。
サイレントモードにしていなかったことを後悔しながら、店の外に出て通話スイッチを押した。
知り合いの編集者からだった。
急に薄暗い店内からおもてに出たからか、強い陽射しが眩しかったことを覚えている。
しかし、そこからの会話は正直あまりはっきりとは覚えていない。
坂井さんが急逝した事実だけが心に突き刺さったまま、しばらく思考が停まっていたのだろう。
携帯の向こうで、僕の名前を呼び続ける声に、はっと我に返った記憶がある。
「?」だらけの頭の中を整理する時間が必要だった。
そのまま歩いて家に帰り、気がつくと夜になっていた。
TVのNewsの報道で、改めて現実と向き合う事になった。
坂井さんが亡くなられたという現実に…。

最後まで坂井さんに取材をしていたこともあって、その後、いくつかの番組でコメントを求められた。少しでもファンの方たちに彼女の生前の声を届けたいと思い、話をさせてもらった。
なかでもNHKの『クローズアップ現代』のスタッフは、沖縄の僕の自宅まで撮影にきてくれた。
どこまで伝えることができたかはわからないが、最後の最後まで自らの音楽と真摯に向き合っていた彼女の姿がわかってもらえたのではないかと思う。


c0193396_17264188.jpgここ何日か、ZARDのライブ音源を聴いている。
なかでも『Request Best〜beautiful memory〜』の後半に収められたライブ音源を聴きながら、ライブ会場でのことが蘇る。
1曲1曲を心をこめて丁寧に歌う姿。想像以上に声量があること。MCの時の照れた表情…。

ラストの「負けないで」を歌いきった後で彼女はこう言った。
「今日はどうもありがとうございました…
   …また会いましょう!」

あれから8年の時が流れた。
彼女のこの言葉は二度と実現することはないけれど、あの時の姿はこれから先もずっと僕の中で生き続けていく。
あの時、同じ空間を共有したZARDファンの方たちもきっと同じ気持ちだと思う。

坂井泉水九回忌。ZARDの歌とともに今日は1日過ごそうと思っている。

c0193396_15331642.jpg

[PR]

by mahalohilo | 2015-05-27 15:25 | ZARD | Trackback | Comments(4)  

幸せの傘〜Happy Umbrellaが欲しいと思う今日この頃


c0193396_11571581.jpg

このところ聴き続けている音楽がある。
電車に乗りながら、歩きながら、仕事をしながら、ぼーっと空を眺めながら…。
いつでも、どこでも、シチュエーションにかかわらず聴いている。

その時々の心境によって、そのたびにグッとくるポイントが変わってくる魔法のような音楽。
それがシナリオアート1st.フルアルバム『Happy Umbrella』だ。



どれも希望や未来を感じるポジティブさとマジメに向き合って、紡いでいる曲たちに背中を押される。

“笑われ バカにされて それでも歌っていれるのは 救われた 僕がいる 信じてる魔法のミュージック”と歌う「ナイトフライング」。
ヘコんだ時に音楽に助けられた経験のある人なら、誰でも頷けるはず。音楽の力と音楽のありがたさを、改めて再確認した1曲だった。

この曲もだが、ドラムの紅一点、ハットリクミコ作詞の「トゥインクリンピーポー」も、前向きに上を目指そうという、今の彼らの立ち位置や意識を映しているような前向きさが心地よい。


最近のお気に入りが「ブロークン」。
“昔 昔 あるところにおじいさんとおばあさんが住んでました”と、童話のストーリーを思い浮かべていたら、このおじいさんがおばあさんと一緒にダンシングナイトをエンジョイするという展開。
最近、ちょっと常識にとらわれすぎてたなと気づかせてくれる曲だった。


疾走感のあるサウンドで空想空間へとワープできる「スペイシー」にワクワクしたり、四つ打ちビートで、すっと一緒に笑える日が続く事を願ってたんだ、と今は隣りにいない大切な人を思い歌う「チェーンスモーク」にグッときたり…。

何度も聴きたくなるアルバムなのである。



7/3に東京・恵比寿のLIQUIDROOMで行われる初の全国ワンマンツアーのファイナル公演に行きたいなと思っている今日この頃。

c0193396_115739100.jpg

[PR]

by mahalohilo | 2015-05-26 11:59 | music | Trackback | Comments(0)  

引き潮の自然ビーチにて


c0193396_14563768.jpg
今日は読谷の自然ビーチに来ています。
青空に誘われてファル娘の海水浴のお付き合い。
今は引き潮だから、海に浸かったり、気がむいたらひと泳ぎして、疲れたらリーフの上で甲羅干し。
自由に海を楽しんでいるファル娘でした。

昨日は昼にイオン沖縄ライカム、残波岬で夕陽を眺め、今日はここで自然ビーチを堪能、と沖縄の自然を目一杯楽しんでいます。

この美しい自然がいつまでも残りますように…。
c0193396_14571231.jpg







[PR]

by mahalohilo | 2015-05-16 12:45 | 沖縄 | Trackback | Comments(2)  

読谷から太陽にお疲れ様


c0193396_19335177.jpg
残波岬に来ている。
たった今、西の水平線にオレンジ色の太陽が沈んでいった。
海風が吹き抜けていく。
嗚呼、幸せな時間。
やっぱり西海岸から眺める景色はいいな。
太陽、明日も宜しく!
c0193396_19351048.jpg

c0193396_18254929.jpg
▲残波岬ロイヤルホテルにZANPAの文字が…














[PR]

by mahalohilo | 2015-05-15 19:23 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

青空と風が心地よい日です

c0193396_10431836.jpg


二週間の東京ライフを過ごし、昨日沖縄に帰ってきた。
一昨日は台風が東京に迫っていたので、もしかすると飛行機に影響が出るかと心配していたが、途中で熱帯低気圧になり、まったく大丈夫だった。


今日は全国的に30℃近い暑さ。
沖縄はといえば、意外とそこまで気温が上がっていない。
青空が広がり、吹く風が心地よい日になっている。


今朝、さっそく久しぶりに朝遊泳に行ってきた。
引き潮で波もなく、透明度も高かった。
少し沖まで泳いでいくと、色とりどりの魚たちが優雅に朝食をとっていた。
エンゼルフィッシュが群れている。
この水中の景色に癒されて家に帰ってきた。

今日は、留守にしている間に迎えたファル娘の8歳の誕生日を祝ってあげようと思う。

あれから8年か。時の経つのは早いなぁ。

c0193396_1103912.jpg

[PR]

by mahalohilo | 2015-05-14 10:50 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

OKINAWAまつり@代々木公園、来てます

c0193396_16071984.jpg
▲ライブ直後のポニーテールリボンズ


青空の下、東京渋谷、代々木公園はOKINAWAまつり、盛り上がってます!

たった今ライブが終わったポニーテールリボンズは、チョーウケて、初めてのアンコールもあった。

これから、しおり、green note coaster、Twin Cross、シベリアンスカンク、SAKISHIMA meetingのライブがある。
沖縄そば食べて、オリオンビール飲んで、最後まで楽しもうー










[PR]

by mahalohilo | 2015-05-10 15:01 | その他 | Trackback | Comments(0)  

先月に続いてシシド・カフカ、そして石垣島の「やなわらばー」との再会

c0193396_19152555.jpg

東京にやってきて、今日でちょうど1週間。
東京もずいぶん暖かくなった。

c0193396_15112428.jpg
ORANGE RANGE@ZEPP DIVER CITYでアツくなった2日後、渡辺美里の「美里祭り」@日比谷野外大音楽堂で、超満員のファンたちとデビュー30周年を祝った。何年経っても音楽への情熱と歌い続けることへのたゆまぬ努力と感謝を感じたステージだった。
とにかく声の調子も素晴らしくて、最後の1曲まで伸びやかな歌声を聴かせてくれた。
これから47全都道府県をまわるライブツアーに出るという。脱帽だな。
もちろん沖縄にもやってくるから、その時は絶対に観に行こうと思う。


c0193396_19255691.jpg
今日は、シシド・カフカと、石垣島出身の女子2人の「やなわらばー」のインタビューをしてきた。

シシドさんは先月に続いて。
今回は、6/17にリリースされるセッション・ミニアルバム『K5(Kの累乗)』について話をうかがってきた。
4/29に配信で発表された「Don't be love-feat.斉藤和義」のほか、甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)、KenKen、常磐道ズ(TOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美とスペシャルゲストのユニット)、YO-KING(真心ブラザーズ)をフィーチャリングで迎えたセッション作品だ。

とにかく甲本ヒロトとの「バネのうた」を聴いた方は、きっと“ビヨヨヨヨ〜ン”と月までぶっ飛ぶハズ。斬新な1枚になっているから、6/17を楽しみにしていてほしい。


c0193396_19272486.jpg
「やなわらばー」とは、約1年半ぶりの再会だった。
二人ともイイ感じに大人になっていた。落ち着いた雰囲気も醸し出しながらも、ココロは音楽を始めた頃の少女のままという感じ。ライブ前の大事な時間にもかかわらずインタビューを受けてくれたことに、まずは感謝したい。

4/8にリリースされたカバーアルバム『縁唄(えにしうた)〜フォークソングとやなわらばー〜』について話を聴いた。
このアルバムは、五十代半ば以降の方はきっと歌詞カードを見なくても歌えるであろう60〜70年代のフォークソングを、彼女たちがカバーした作品だ。

「恋人もいないのに」(シモンズ)、「悲しくてやりきれない」「あの素晴らしい愛をもう一度」(フォーククルセダーズ)、「妹」(かぐや姫)、「雨が空から降れば」(小室等)、「遠い世界に」(五つの赤い風船)、「青春の影」(チューリップ)、「この広い野原いっぱい」(森山良子)、「ささやかなこの人生」(風)、「「いちご白書」をもう一度」(バンバン)など…。
これらフォークソングのスタンダードを、オリジナルに忠実なアレンジでカバー。
なにより彼女たちの歌声とハーモニーがフォークソングの名曲たちに再び光を与えている素敵な作品になった。
このアルバムを聴いて、改めてあの時代のフォークソングはいい曲が多いなと思ったのだった。


明後日は、代々木公園で行われる「オキナワまつり」をのぞいてこようと思っている。CIVILIAN SKUNKに久しぶりに会ってこようと思う。楽しみである。

























[PR]

by mahalohilo | 2015-05-07 19:16 | music | Trackback | Comments(0)