<   2017年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

トレモノとThe ManRay@Output

今、那覇のライブハウスOutputにいる。
トレモノとThe ManRayの2MANに来ている。
トロピカルな空気感を発散していたトレモノ。
都会の路地裏の湿った空気や匂いが漂うThe ManRay。
まったく匂いの異なる2バンドに、会場に集まったたくさんの人たちが揺れる。

今はThe ManRayのアンコールを求める声が上がっている。

c0193396_23252003.jpg
▲トレモノ
c0193396_21063539.jpg
▲The ManRay

[PR]

by mahalohilo | 2017-08-25 20:56 | Trackback | Comments(0)  

The ManRay@マハロな音楽。8/25(金)那覇Outputで2MANライブ


c0193396_10564007.jpg


今朝も虹を見た。
一瞬、ざーっと強い雨が降った後、雲間から太陽が姿を見せた時に、
海の上に大きな虹が半円を描いていた。
しかも、しばらくすると二重にかかるダブルレインボーになった。
写真に撮れなかったのが、残念!と思いながら、心の中にしっかり焼き付けた。
きれいな虹だった。


先週の週刊レキオ「マハロな音楽」を転載します。

8/17掲載号は、The ManRay。
沖縄県出身の3人を含む5人組。
大人の空気感が漂う音楽に惹かれるのロックバンドだ。
デビューEP『You will be mine』について話をうかがった。
インタビュー場所は、東京・渋谷駅前のビル内にあるカフェで。

彼らは、明後日8/25(金)に、沖縄でライブを行う。
石垣島出身の「トレモノ」とのツーマン。
ウチナーンチュのみなさん、そして観光で来られている方、もし時間があったら那覇のOutputへ、ぜひ。
素敵な時間になると思いますよ。
開演は19時。


c0193396_10553826.jpg





[PR]

by mahalohilo | 2017-08-23 10:57 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

虹との遭遇、そしてオモイトランス初インタビュー


c0193396_15150367.jpg


今朝、西の空に虹を見た。
ぱらぱらと小雨が降った後、薄日がさした直後だった。

水平線の上に湧き上がる白い雲と青空の中に、いくつかに分かれた半円形の大きな虹が急に現れたのだ。
久しく見ていなかったが、やはり虹を見ると、今日1日、なにかいいことがありそうが気がしてくるから不思議だ。

ビーチにいる時も、海面に浮いている時も、大きな虹は目の上にあった。
いつもより大きく感じた。いつもより、すごく近く感じた。
海からの風が強くて、それもまた気持ちよく感じた。

マクマオウの木の下を、たくさんのトンボが飛んでいる。
おじさんに、台風トンボかな?と訊くと、「そうだよ、何日か前からたくさん飛んでると思ったら、やはり台風が発生したよ」と言われた。
台風13号発生。台風トンボはやっぱり正確だな。



先週のあれこれ。

c0193396_15163074.jpg


まずは18日(金)、沖縄発ガールズ3ピースバンド「オモイトランス」のマハロ取材。
インタビューは、レキオの会議室。撮影は、安謝新港の駐車場にて。
バンド結成までの経緯や、ファーストミニアルバム『縁』、そしてファーストシングル「HELLO」(8/23発売)について、話を訊いた。
三人それぞれに個性が立っていて、楽しいインタビューだった。
「音楽をやってなかったら、絶対に友達にはならないタイプ」と笑う3人は、とても素直で、可愛かったな。

「2MAN武者修行ライブ」を行うとか。
9月30日(土)は、Civilian Skunkと那覇cyber-boxにて。
11月25日(土)は、ポニーテールリボンズを迎えて、那覇Outputにて。
来年2月24日(土)は、ひぁあふぉうとの2MANを、那覇桜坂セントラルで行う。

さらに、来年3月21日(水・祝)には、桜坂セントラルで、セカンドワンマンライブが決定した!


2MANライブではガチでぶつかり合って、ガチで楽しんで、さらに上を目指して大きくなってほしいと願っている。
新曲も聴きたいね。

c0193396_15170979.jpg






翌19日(土)は、Anlyのレコ発イベントを観に、那覇サンエーメインプレイスに行ってきた。
暑い中、たくさんの人が集まっていた。
デビュー前から何度も沖縄で歌ってきた「北斗七星」。
シングルとして、いつかはリリースしたいと思い続けてきた彼女の願いが叶った、念願のシングル。
その曲をリリース後の沖縄で歌うことの意味。すべてはこの日の彼女の想いのこもった歌声に現れていたと思う。

10月29日(日)桜坂セントラルで行われるツアーファイナルが楽しみだ。

c0193396_15252075.jpg














[PR]

by mahalohilo | 2017-08-21 15:26 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

近況と、「マハロな音楽」(Anly、wacci)

c0193396_18321811.jpg
今日も晴天の沖縄です。
台風以降、海はずっと濁っていたが、今日は割と澄んでいて、魚たちが自由に泳ぎ回っている姿を見ることができた。

海に入るたびに、いつも新しい発見がある。
この時季になると、ミジュンが大群で泳いでいることもそのひとつ。
帯のように連なって、いつまでも途切れないミジュンの群れの中に入ってしまった時は、実に神秘的だ。
僕の身体をぎりぎりかすめながら泳ぎ去るミジュンたちと、たまに目が合ったりして。
そんな経験はなかなかできるものではない。

入水したら目の前で泳ぐハブクラゲに遭遇した時は驚いた。もう一歩後で海に入っていたら、ハブクラゲと接触して大変なことになっていたはず。すれすれセーフだった。
あとは僕の近くをエイが猛スピードで泳いで行ったり。
槍のように長いダツや、縞しまの海ヘビと出逢ったり…。

なんと言っても、驚いたのは、タツノオトシゴをビーチ近くの海底で見かけた時。
今まで水族館でしか見たことのなかったタツノオトシゴが、海底から生える草のようにゆらゆら揺れている姿を見た時は、正直感激した。

今日は、新たに大きなイソギンチャクを発見した。
5匹の親子のカクレクマノミと一緒に。



近況。
沖縄県出身のシンガーソングライター、Maicoのインタビューをした。
イクマあきらサンがプロデュースしたミニアルバム『Beautiful World』について話を訊いた。
「悲しみをのりこえて」に、胸が熱くなった。いい曲だ。




ポニーテールリボンズにも会ってきた。
ほかのアーティストのライブ会場などで、プライベートのユイチンにばったり出逢うことはあるが、ポニーテールリボンズのポカ=ユイチンと取材で会うと、なんか照れくさい(笑)。
扁桃腺が腫れてて、熱っぽい中、時間をとってくれて、ありがとうね。







c0193396_18334481.jpg
8/11は、沖縄発のガールズ・スリーピースロックバンド「オモイトランス」のファーストワンマンライブを、那覇Outputに観に行ってきた。
オールスタンディングの会場は、ほぼ満員。
おもいおもいにオモトラの音楽を楽しんでいた。
3人体制になって、まだそれほど時間が経っていないオモトラ。
ギターが減った分、ボーカル&ギターのりーこの負担が増えて、かなり大変なはず。
アレンジも3人用に組み立て直さなければならないだろうし。
実際、ギターのリズムやセクションは粗さが目立った。
でもそのラフさを吹き飛ばすほどのパワフルなボーカルや、メンバーのパフォーマンスに魅力を感じた。
アンコールで歌った新曲「HELLO」も良かったので、速攻、会場でCDをゲットした。


c0193396_17155730.jpg
c0193396_17161004.jpg




8月に入ってからの週刊レキオ「マハロな音楽」を転載します。
県外の方もご覧ください。


c0193396_15522150.jpg
8/3掲載は、Anly。
ニューシングル「北斗七星」について話を訊いた。
亡き兄についての歌。これまで語ってこなかった曲に込めた想いを、「北斗七星」では語っている。
僕は、彼女が17歳の時、インディーズで発表した『Sixteen』のライナーを書くためのインタビューで、お兄さんの話は訊いていたが、いつか「北斗七星」がリリースされるまで心の中にとどめておこうと思っていた。
今、やっと公開できてうれしく思う。
取材場所は、東京・市ヶ谷のソニーミュージックの六番町ビルにて。






c0193396_15524190.jpg
8/10掲載は、wacci。
セカンドフルアルバム『感情百景』についてのインタビューだった。
とにかくポップなだけじゃない、ロックで、フォークで、ジャジーなwacciの新たな一面も見事に表現したアルバムになっている。
ぜひ聴いてほしいと思う。
取材場所は、東京・恵比寿のオフィスにて。







[PR]

by mahalohilo | 2017-08-14 15:53 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

VAMPSの音が海風にのって

c0193396_09053286.jpg

c0193396_09061384.jpg

昨夕の海浜公園の風景。

台風5号接近の影響で、風が強く吹いている。
駐車場に車を停めて、ビーチに向かって歩いていると、海風に乗って爆音が流れてくる。
VAMPSが屋外劇場でリハーサル中。
台風の進路が沖縄からそれたため、どうやら土日の公演は行なわれるようだ。

屋外劇場隣りのいつもの丘の上で、ファルと一緒にhideの歌を聴きながら、まったりしていた夕暮れ時でした。

c0193396_09063560.jpg

c0193396_09065538.jpg



[PR]

by mahalohilo | 2017-08-05 08:25 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

多和田えみ、岩瀬敬吾、久しぶりに再会した二人


c0193396_19471573.jpg

沖縄に帰ってきて、ちょうど1週間。
日中は強烈な陽射しを実感し、夕方は水平線に沈む夕陽を堪能しています。
時間の流れが緩やかで、のんびりしています。

週末は2日間、ケツメイシが宜野湾市海浜公園屋外劇場でライブを行った。
朝遊泳の時から、開場の順番待ちで並ぶファンの人たちを見て、いくら木陰とはいえ、こんなに朝早くから暑い中で待つとは、ファン心理ってすごいな、すごいパワーだなと…。

僕は家の窓から見えるライブ終了時の花火を2日間楽しませてもらいました。
ありがとう、ケツメイシ。

そして会場前の広場には、昨日から「VAMPS」のツアートラックが停まっている。
週末8/5、6に屋外劇場でライブがある。
怪しい動きをしている台風5号が接近しないことを祈っています!




琉球新報の副読紙「週刊レキオ」に毎週掲載している「マハロな音楽」を転載します。
県外の方もご覧ください。(転載禁止)


c0193396_19413841.jpg
7/20号は、多和田えみさん。

僕が暮らす宜野湾市出身のシンガーソングライター。
デビュー前から、もう何度も取材してきた音楽性も人柄も僕の大好きなアーティストだ。

インタビューは、元ウルルのユタカ兄が経営する「窯焼&バル マルミヤクラフター」で行った。
久々に会ったこともあるし、彼女もよく知っているユタカのお店だったこともあり、楽しいインタビューでした。ていうか、話が尽きなくて、結局、取材後には僕の家で飲み会となりました(笑)。
ユタカもお店がひけた後に奥さんと来てくれて、いっぱい話せた楽しい時間でした。
えみちゃん、ユタカ夫妻、ありがとう!!!!!

c0193396_19501181.jpg
c0193396_19503245.jpg






c0193396_19433244.jpg
7/27号は、元19(ジューク)の岩瀬敬吾くん。

ずっと再会したくて、人を介して、敬吾くんの携帯を教えてもらい、ついに実現しました。
諦めずに、願い続けていれば、想いは届くんだなぁ、と改めて実感した取材でした。
インタビュー場所は、渋谷の駅前のカフェ。
取材中には、突然の大雨が降ったようで、話し終えて、外に出てみたら道路はびしょ濡れ。
店内にいたから、まったく気づかなかったけど。
やんでくれたので、外(駅前の交差点)で撮影しました。
ちなみに最近作『象になった君の夢』のCDジャケットのデザインをしたのが、僕の沖縄時代からの友人のカッサイが手がけていることを後で知り、速攻カッサイにも連絡して、今度東京で再会の祝杯をあげることを約束したという後日談も(笑)。
なんか繋がっているなぁ〜。

c0193396_19511057.jpg






c0193396_19453914.jpg

明日、8/3号は、Anly。
伊江島が生んだシンガーソングライターの登場です。
ニューシングル「北斗七星」について話を訊きました。
掲載後に、また転載したいと思っています。
お楽しみに!!


c0193396_19464816.jpg


























[PR]

by mahalohilo | 2017-08-02 19:51 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)