只今上京中。「マハロな音楽」はSPECIAL OTHERSとtidanomiyuki


c0193396_1613775.jpgc0193396_16132487.jpg
只今上京中。
6日に羽田空港に着いて、そのまま馬場俊英くんのライブ@豊洲PITに行ってきた。
47都道府県ツアーも、あと数本を残すのみ。
この日の東京公演は、いつもと少し違った雰囲気。
本編のMCは極端に少なくて、なるべくたくさんの曲を新旧とりまぜて歌いたいという馬場くんの想いが伝わるライブだった。
「一瞬のトワイライト」「ラーメンのうた」という僕のフェイバリットのほか、なんと懐かしい「恋をするなら」や「センチメンタルシティマラソン」まで聴かせてくれた。

1曲1曲の言葉が、胸の中にどかんどかんと入ってくる瞬間が何度もあった。
馬場くんの歌に幾度となく力をもらってきたんだなと改めて感じた時間だった。




今日はこれからHYの東京公演@TOKYO DOME CITY HALLに行こうと思う。
台湾公演を終えたばかりのHY。どんなライブを見せてくれるのか、楽しみである。



「マハロな音楽」の11月後半分を転載します。
11/19は、SPECIAL OTHERS。
沖縄大好きオーラ全開の楽しいインタビューだった。
インタビューをしたのは、赤坂のTBSのスタジオにて。

c0193396_1682339.jpg







11/26は、tidanomiyukiさん。
穏やかな話し方と、醸し出すムードに話していてもとっても癒される女性。
歌の空気感とご本人の雰囲気が重なり溶け合っていく感じが心地よかったインタビューだった。
インタビューの場所は、レキオの会議室。
撮影したのは、近くの公園でした。

c0193396_169669.jpg

[PR]

# by mahalohilo | 2015-12-10 16:10 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(2)  

久しぶりの「マハロな音楽」は、西仲美咲さんと奥華子さん

c0193396_11353298.jpg
       ▲昨日ファル娘の散歩をしている時、虹がでました


またまたずいぶん 長いこと更新していなかったな。反省!
久しぶりにレキオ「マハロな音楽」をUpしようと思います。
11月分のpart-1。

11/5は、沖縄出身のフルーティスト「西仲美咲さん」に登場していただいた。
西仲さんは現在東京にお住まいだが、故郷を遠く離れている分だけ沖縄への想いが強い方だった。
その想いを作品化したのがニューアルバム『LEQUIO HISTORIA』。
「ちんぬくじゅうしい」や「西武門節」「月ぬ美しゃ」などの沖縄民謡を、まるでピアノとフルートが会話するように奏でられる作品だ。
オリジナル曲も含めて大人の音楽ファンにもぜひ聴いてほしい1枚である。
取材場所は、那覇新都心にあるバー「BAR 18 ARTIST GUILD」にて。

c0193396_11260271.jpg







続いて11/12は「奥華子さん」。ニューアルバム『プリズム』の話を訊いた。インディーズの頃からファンには人気の高かったバラード「楔ーくさびー」など、彼女らしい美しいメロディーラインの楽曲が印象的な作品だ。「大切なもの」を聴くと、いつもぐっとくる。素敵なアルバムである。取材場所は、虎ノ門のポニーキャニオン本社。
c0193396_11310876.jpg

[PR]

# by mahalohilo | 2015-12-01 11:39 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

離島の旅。初めての久米島と伊江島。素敵な島でした

今日も沖縄はとっても良い天気。
陽射しが強くて、少し動くだけで汗が出てきそう。

毎月上京していたが、今月は東京に行かないことにしました。
移住して11年半、1ヶ月まるまる沖縄で過ごすのは初めてです。
大好きなこの季節、沖縄を楽しもうと思ってます。


少し時間に余裕がある時に、今まで行けてない離島に行こうと決めて、実行し始めたところです。



まずは、久米島の旅へ。
初久米島。何も調べずに、島に着いてから何をしよう?という旅でした。
正直なんにもない島だったけど、それがかえって良かった。
きっと昔の沖縄本島もこんな感じだったんだろうなぁと思える、ゆったりと時間が流れている島でした。
地元で養殖する車海老を、ホテルの近くのお店で堪能しました。
車海老のおつくり、てんぷら、塩焼き…新鮮な車海老ずくしの料理に大満足!

なんにもしない旅もいいもんです。

c0193396_10414710.jpg
c0193396_10432855.jpg
c0193396_10442751.jpg



そして今週は、初の伊江島の旅へ。
美ら海水族館に行くたびに、海の向こうに見える伊江島。
いつか行こうと思っていながら、近いからこそなかなか行けなかった島でした。

c0193396_10465535.jpg
c0193396_10454091.jpg
本部港からフェリーで30分。快適な船旅。
島を自転車でまわるのもいいかなと急に思い立って、フェリーの船上からレンタサイクルを予約。
港のすぐ前で自転車を借りて、さぁどうしよう。
やっぱり、伊江島たっちゅーでしょ!ということで、いざ出発。
こぎだしたはいいけれど、たっちゅーまではだんだらの上り坂で、腿がぱんぱんに(泣)。
自転車はいつも使わない筋肉を使うんだな。
途中のローソンで水分&糖分を補給して、再度たっちゅーに向けて進むこと20分。
城山(ぐすくやま=たっちゅーのこと)南登山口に到着。
頂上を目指して、出発!
しかしそこからがまた…。
急な階段を、えっこら、よっこら。
今度は膝は笑うは、ふくらはぎがぱんぱんになるは…。
でもそんなことを忘れさせてくれる360度の絶景パノラマに大感激!
頂上から見る畑の緑や海の色に時間を忘れて、見入ってしまった。
c0193396_10481674.jpg

のんびり時間を過ごして、下山。
売店をのぞくと、「ケックン」が目に入った。
先日、Anlyにインタビューした時に、「伊江島に行ったら、おみやげはケックンがいいですよ」と言われていた、あの「ケックン」だ。
「塩味」と「黒糖シナモン味」の2種類。
「試食するといいさー」と売店のおばちゃんにすすめられるまま両方食べてみて、「私のおすすめは黒糖シナモン味」とAnlyがいう通り、確かにほのかに香るシナモンと黒糖の甘さが絶妙の「黒糖シナモン」にした。

c0193396_10523697.jpg
売店の二階で妻が、たっちゅーの絵を描き終えて、13時ちょっと前。
おなかもすいたし、戻りながらどこかで昼食をとろうよ、となった。

帰りの下り坂はすいすい。あっという間に街が近づいてくる。
最初に目に入った「すずらん食堂」でお昼を食べることにした。

平うち麺に、山盛りのソウキがのったソウキそばを堪能して、さぁ行こうか、と思ってふり返った時、ちょうど店に入ってきたお客さんとかおが合って、おたがいに、え、え、え、え!!!!!?????

なんと!!! 僕が沖縄に移住して初めて仕事をした情報誌の元編集長とばったり。5年ぶりの再会だった。しかも伊江島で。
たまたま本島から仕事で来ていたのだという。
おたがいにこの店に来なかったら、ちょっとでも時間がずれていたら、逢うことのなかった偶然の再会だった。
沖縄にいるとこういうことがよくあるんだよな〜。フシギです。

c0193396_10511368.jpg
c0193396_10515753.jpg
c0193396_10521389.jpg

これからも沖縄で暮らしている間に、行ったことのない離島に渡ってみようと思っています。
楽しみは、これから!!!!!















[PR]

# by mahalohilo | 2015-11-20 10:57 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

Sky's The Limitに北谷の雰囲気の良いBarで話を訊いた


c0193396_10511879.jpg
沖縄も日々秋が深まってきている。
朝夕、それに日陰を吹く風に涼しさを感じるようになってきた。
何度も書いているが、僕の中では今が沖縄で一番好きな季節。
夕方、涼しい風を全身に受けて、色が変わりゆく空を眺めながら飲むビールが最高なんだよね。
最近はオリオンの新銘柄「ORION STYLE」にちょっとハマってます。

ところで先日ベランダの枝切りをしていた時、枝葉が目に入り眼球を傷つけてからトロピでの朝遊泳ができなくて、最近はちょっと運動不足気味。
気持ちの良い朝にでも海浜公園までウォーキングに行こうと思っている今日この頃。


月イチで東京と沖縄を行き来していたが、今月は東京に行かないことにした。
沖縄に移住して11年半、1ヶ月まるまる沖縄で過ごすのは初めてかも。
大好きなこの季節を満喫しようと思ってます。



今月に入ってたくさんのアーティストの取材をしてきたが、昨日は「Sky's The Limit」に話を訊いた。
あのOne Directionを輩出したイギリスの著名なオーディション番組「X FACTOR」が2013年に沖縄で開催した「X FACTOR OKINAWA JAPAN」で初代グランプリに輝いた4人ボーカルグループだ。

4人の歌のうまさはもちろんのこと、それぞれ個性の異なる歌声がひとつになった時のケミストリーはSTLの最大の武器であり、魅力だと思う。


オリオンビールの3銘柄のCMソング&出演をしているので、県内では誰もが知る存在のSTL。
c0193396_11300488.jpg

そんな彼らのニューシングルが「We Don't Stop!!」。

3銘柄のCM曲に加えて、STLメンバーが作詞、作曲、アレンジまで手がけた初のオリジナル曲「Orion of Sky」の全4曲を収録。


ファンキーなアッパーチューンもあれば、三線の音色が沖縄の風景を呼び寄せるポップスからバラードまで、STLの音楽性の振れ幅の広さを感じさせる4曲を収めた、名刺代わりのシングルである。



沖縄・北谷から上質の音楽を発信するSky's The Limitに、Check it up!!!


c0193396_11195561.jpg


















[PR]

# by mahalohilo | 2015-11-12 11:23 | music | Trackback | Comments(0)  

山崎、イクマ、しゃかり、塩ノ谷、7!!@マハロな音楽一挙転載


c0193396_18445912.jpg

先ほど、Kのマネージャー氏からメールがあった。
昨夜10時からスタートしたKのアフターパーティー@那覇Pine Tree Blessは大盛況だったようだ。

桜坂劇場のライブ終了後の楽屋で、マイケル・ジャクソンの仮装グッズをつけて変装の練習をしていたKだけど、アフターパーティーではマイケルになったのか!? マイケルダンスを披露したのか!? 今度会ったら聞いてみようと思う(笑)。


ところで、ここ最近「マハロな音楽」を転載していないことに気がついた。

いつからだろう…と調べてみると、10月の掲載分はまったく載せていないことが判明。
いやいや、大変失礼しましたぁ。



では、さっそく。
10月の一週から。
10/1は、山崎あおいさん。
ミニアルバム『ピンヒールベイビー』について話を訊いた。
女子から女性へ、というコンセプトの元、22歳の女の子の揺れ動く心を描いた作品だ。
同世代の子はぜひチェックしてみてほしい。
取材場所は、東京・半蔵門のFM東京の隣りのホテルのカフェにて。

c0193396_1843032.jpg






続いては、10/8のイクマあきらさん。
以前ブログにも書いたが、イクマ宅にて3時間超のゆんたくをしたあのインタビューだ。
『SPIRIT OF CARNIVAL』のタイトルどおり、カーニバルに特化したエイサー、よさこい大会で賞をとった時のオリジナル曲が満載のアルバムだ。

c0193396_18432338.jpg







10/15は、しゃかりのチアキさん。
ニューアルバム『Life』について話をうかがった。
インタビュー場所は、北谷の海沿いのカレーショップ「HORIZON CURRY WORKS OKINAWA」にて。
当日はお店がお休みだったにもかかわらず、取材のために開けていただいて、オーナーの佐藤さんには本当に感謝!
目の前が東シナ海という贅沢なロケーションのお店で、ゆっくりとお話しできた。

c0193396_18434369.jpg







そして10/22が、塩ノ谷早耶香さん。
EXILEファミリーの女性ボーカリストだ。
マハロに出てもらうのは、これがデビュー以来二度目。
デビュー時にはプロモーションで沖縄にも来て、国際通りの元OPA前(現ドンキホーテ)でストリートライブもやっていた。
今回は、コラボレーションミニアルバム『S with』についてのインタビューだった。
明るく元気な彼女に会うと、いつも元気をもらえる。
歌うことが大好きなオーラが全身から放たれている感じ。
『S with』はとても素敵なアルバムである。
取材場所は、キングレコード。

c0193396_184402.jpg







最終週の10/29は、沖縄出身、在住のポップロックバンド「7!!(セブンウップス)」に出てもらった。デビュー前からずーーっとあたためていたというニューシングル「センチメートル」について話を訊いた。
インタビュー当日は、前日リリースイベントのあった宮崎からNANAEだけが上京。ひとりでのインタビューだった。ちなみにほかのメンバーは、MAIKOは宮崎でラジオ出演、男子2人は宮崎から沖縄に帰る、というスケジュールだった。
前作「オレンジ」に続いて、この「センチメートル」もMICHIRUの作詞,作曲。彼が書くセンチメンタルなバラードは絶品だ。
NANAEいわく、「ウチは男子の方が女子力が高い!」とのこと(笑)。
ホント、いい曲です。
インタビュー場所は、EPICレコードジャパン。

c0193396_18441748.jpg

[PR]

# by mahalohilo | 2015-11-02 18:47 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

Kの沖縄ライブ@桜坂劇場を観てきました


c0193396_230695.jpg

沖縄もだいぶ凉しくなってきました。
朝夕の風が気持ち良くて、今が僕の一番好きな季節です。

今、Kのライブ@桜坂劇場から戻ってきました。
Kの気さくで人懐っこい性格が滲み出た温かくて楽しいライブでした。
途中には、Sky's The Limitの出演もあった。
沖縄のみの嬉しいサプライズでした。

ライブ後、「とっても温かいお客さんでしたね。またすぐに歌いに来たいです」と話していた。

今頃は、那覇のカフェで、アフターパーティーをやっていることだろう。








[PR]

# by mahalohilo | 2015-10-31 22:40 | music | Trackback | Comments(0)  

ずいぶんご無沙汰なので、近況から.......馬場俊英ほか取材してきました

c0193396_11233652.jpg

ブログの更新をずいぶんしていなかったな。反省。

その間に何をしていたのか、をつらつらと書いてみようと思います。
今月に入ってから二週間ほど東京に取材旅に行っていました。
三週間ぶりの東京は、確実に朝夕が涼しくなっていて、秋の気配を感じました。


c0193396_11304135.jpg最初にインタビューしたのが、奥華子さん。
前回レキオに出てもらったのが昨年4月だったので、約1年半ぶりにお会いした。
現在全国ツアー中。その合間の貴重な時に取材時間を出してもらって感謝です。
今回は、ニューアルバム『PRISM』(10/28発売)についてお話をうかがった。
取材場所は、ポニーキャニオン本社。




c0193396_1131218.jpg翌日は、SPECIAL OTHERS。
以前、MONGOL800キヨサクを迎えたコラボシングル「空っぽ」を発表するなど、沖縄大好きを公言する横浜出身のインストバンドだ。
3年ぶりとなるニューアルバム『WINDOW』(10/14)についてメンバー全員を迎えて話を訊くことができた。来年2/13(土)に全国ツアーのファイナル@那覇桜坂セントラルをとても楽しみにしていた。
取材場所は、赤坂のTBSのスタジオ。




c0193396_11241745.jpg

その翌日は、馬場俊英くんのインタビュー。
こちらも全国ツアー中の合間のインタビューだった。
当初は事務所での取材だったが、マネージャー氏が、「たまには気分をかえてプライベートスタジオにしませんか?」ということで自宅におじゃました。
最新作『屋根裏部屋の歌』のレコーディングも行われたというログハウスのような木の香りのするスタジオでのインタビュー。
いつもライブやレコーディングに使われているアコースティックやエレキギターたちに囲まれた空間での、とってもリラックスした時間。
気づいたら3時間近く話をしていた。
馬場くんがいれてくれたコーヒーの良い薫りにつつまれた居心地のよいスタジオだった。





c0193396_11323118.jpg翌日は、アルカラのインタビュー。
自称「ロック界の奇行師」というアルカラ。
どんな人たちなのかなと思いながら会いに行ったら、ボーカル&ギターの稲村太佑くんはとても真面目な男だった。自分たちの音楽に対してまっすぐな姿勢が一言一言からにじみ出てくる感じ。
うかがったのはニューアルバム『ちぎれろ』(10/21発売)について。興味深い話がたくさん訊けたインタビューだった。場所は、稲村くんの友達がやっているという三軒茶屋のレトロな喫茶店。カフェではなく、いかにも喫茶店という言葉が似合うお店だった。




c0193396_11262613.jpg1日あいて、DEENの武道館ライブに行ってきた。
さすがに八回目ともなると余裕の武道館ライブ。
ファンの人たちも年に一度のこのお祭りを楽しみにしていた空気が会場に漂っていた。
DEENメンバーも最初から全開。3時間近いライブ中ずっとファンの気持ちを惹きつけていた。

もちろん、あの人、上海ロックスター!もGジャン、デニム姿で登場した。今回のテーマは浜田省吾!?
そしてこの日は、来年の武道館ライブの開催も宣言していたのだった。





c0193396_11331556.jpgそして1日あけて、7!!(セブンウップス)のインタビュー。
宮崎でのリリースイベントから直行、NANAEがそのまま取材にのぞんでくれた。感謝!
今回は、7!!がデビュー前からあたためていたという新曲「センチメートル」(10/21発売)について話を訊いた。
「センチメートル」は、告白したいけれど、なかなか言いだせない男女のもどかしい距離感を描いた切ないバラード。きっと同世代の子たちは共感できる歌だと思う。
取材場所は、エピックレコードにて。



c0193396_11273989.jpg沖縄に戻ってからは、MONGOL800のライブ@沖縄市民会館を観に行った。
この日がホールツアーのスタート。
がっつり聴かせる時は聴かせ、また時にモンパチの人柄を感じさせるよんなーよんなー(のんびり)したペースでライブは進んだ。
ただ歌う内容は、今の沖縄の現状をリアルに表現した曲だ。そんな彼らの姿勢にエールを送りたい。

何も言わなければ、何も始まらない。強行採決をはじめ、強引に物事を勧めようとする今の政府に対して、強いものにまかれろ、じゃなく、行動で示すことで少しでも現状が動けば、という想いが伝わってくる。素晴らしいライブだった。






c0193396_1125896.jpg

そして昨日までは、二泊三日で久米島に行ってきた。
あまり離島に行っていないので、これからは沖縄に暮らしている間に一ヶ所ずつ離島に行ってみようと思ったのだ。
久米島までは飛行機で30分。帰りはプロペラ機というかつてない旅だった。
何もない島けれど、それがかえって良かった。
時間がゆっくり流れている島。
ホント、リラックスできた旅だったなぁ。
[PR]

# by mahalohilo | 2015-10-23 11:43 | 沖縄 | Trackback | Comments(4)  

RYO from ORANGE RANGEと堂珍(CHEMISTRY)のソロ作品


c0193396_10183352.jpg

みなさん、昨夜のスーパームーンは見れましたか?
沖縄では、台風21号の影響で灰色の雲が夜空を覆っていたけれど、
流れる雲の間から時折、その姿を見ることができました。
ファル娘と夜散歩をしながら見上げる月は、とても神秘的でした。

台風一過の今日は、快晴。
気温も上昇して、30℃を超える夏日になりそうだ。
c0193396_1019516.jpg






少し遅れてしまったが、週刊レキオの「マハロな音楽」を転載しようと思います。

9/17に掲載されたアーティストは、「RYO from ORANGE RANGE」。

ORANGE RANGEのMC、RYOの初のソロアルバム『DELIGHT』(9/16発売)について話を訊いた。
ORANGE RANGEの初期のサウンドプロデューサーのシライシ紗トリ氏を迎えて制作したこのソロアルバムは、ヒップホップやダンスホールレゲエ、最近ハマってるというソウルファンクやロカビリーなど多種ジャンルに挑戦。
DJ KEINや元キマグレンのISEKIなどとのコラボにより、大人のエロティックな世界にも踏み込んだ斬新な作品だ。
RYOの今後のソロ活動にも注目である。

c0193396_10225129.jpg







9/24は、堂珍嘉邦(CHEMISTRY)のソロミニアルバム『VOWS』(10/21発売)についてのインタビューだ。
本作は、『北斗の拳』で知られる原哲夫氏減債の戦国大河コミック『義風堂々!!』とタッグを組んで制作された作品だ。収録の2曲「Hallo」「You & I」は、パチンコ『義風堂々!!』のフィーバー時に流れるとか。
アルバムは、堂珍の男気溢れるROCKな音に仕上がっている。

c0193396_10233680.jpg

[PR]

# by mahalohilo | 2015-09-29 10:24 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

やっぱり台風トンボだった


c0193396_958672.jpg

本日午前3時、台風21号が発生した。
先日、ビーチにトンボの大群が飛び交っていると書いたが、
やはりあれは台風トンボだったようだ。
今までの経験からすると、台風トンボの台風発生予報は、ほぼ100%に近いな。
自然界には不思議なことがあるなと改めて思う。

シルバーウィークも今日まで。
全国的に天気も良さそうだし、みなさん、休日最後の日を楽しんでください。

c0193396_9582871.jpg

[PR]

# by mahalohilo | 2015-09-23 09:59 | 沖縄 | Trackback | Comments(2)  

あっという間の3時間、イクマさん夫妻との楽しいゆんたくタイム


c0193396_10372040.jpg

今朝も朝遊泳に行ってきた。
引き潮の海はリーフが出ていて泳ぎずらいので、少し沖まで出てゆっくりと海の香りを満喫して帰ってきたところだ。
ちょっと気になったのが、日陰を作る木々のまわりを飛び交う多数のトンボたち。
前にも書いたが、海辺にトンボが飛ぶと4〜5日後に台風が発生する。
ただ今回のトンボたちが、台風トンボなのか、秋のトンボなのかは不明だけれど、台風情報を気にしていようと思う。


c0193396_10411154.jpg沖縄に帰ってきて5日。その間にAnlyの『Bye-Bye』レコ発ライブ@那覇D-Set Cafe、と、ポニーテールリボンズのライブ@那覇Outputを観た。
Anlyは前回のライブから数ヶ月、元々歌のうまさとアコギのテクニックのあるシンガーソングライターだが、声量、力強さが加わったのと、音域が広がった印象だ。
高いポテンシャルを感じさせるパフォーマンスだった。
この春高校を卒業してプロとして生きる意識が生まれた結果なのかもしれない。
今後が期待できる沖縄出身のシンガーソングライターのひとりであることはまちがいないだろう。





c0193396_103866.jpg



c0193396_10394316.jpgそして一昨日は、イクマあきらさんのインタビュー(週刊レキオ「マハロな音楽」)でお宅におじゃました。
9/30にリリースされるニューアルバム『SPIRIT OF CARNIVAL』についてお話をうかがうためだ。
今やエイサー楽曲、よさこい楽曲の作者の第一人者であるイクマさん。
今回の新作では、数々のエイサー大賞やよさこい大賞を受賞した曲を一同に会した、まさに“祭りの精神”を踏襲したアルバムだ。
雅楽からバラード、いやーさっさとお囃子が入ったと思えば、いきなりファンクへとなだれ込むという意外な展開の曲も。イクマさんのルーツであるファンクやR&Bやロックを大胆に取り入れながら、極上のエイサー曲やよさこい曲に完結させるダイナミックなアイデアとプロデュース力に脱帽だ。

取材を終えて、ゆんたくした。
いろいろな話をして、気がついたら3時間が過ぎていた。
楽しい時はあっという間に流れるんだな、と思った素敵な時間だった。
イクマさん、みどりさんに感謝です。

P.S.イクマさんのマハロな音楽は、10/8に掲載。
















[PR]

# by mahalohilo | 2015-09-21 10:47 | music | Trackback | Comments(0)  

塩ノ谷早耶香、堂珍嘉邦、山崎あおい、マハロな日々は続く…

只今上京中。
今日で1週間になる。
その間に暖かくなったり寒くなったり。
東京でも大きな地震があったり。大雨が降ったり。
東日本ではこの大雨で大変な被害にあわれた方たちが大勢いらっしゃって。
こんな事態の中で平然と安保法案の強行採決へ向けて着々と歩を進めている安倍総理。
すぐにでも被災地へ行って現状を視察して、対処策を発表すべきなのに。
まずは国民ありきの政治家ではないかと思うのだが。


今回の上京では、塩ノ谷早耶香、堂珍嘉邦(CHEMISTRY)、そして明日山崎あおいのインタビューをして沖縄に戻る予定だ。
EXILEファミリーの塩ノ谷にはコラボアルバム『S with』の話を。
また堂珍には『北斗の拳』の原哲夫氏原作の『義風堂々!!』とタッグを組んだEP『VOWS』の話を聞いた。
出演中のミュージカル『RENT』の合間に時間をとってくれた堂珍に感謝だ。
また山崎あおいは、アルバム『アオイロ』に次いで二度目のマハロ取材。新作ミニアルバム『ピンヒールベイビー』について話を聞こうと思っている。



ここで先週9/10の「マハロな音楽」を転載します。
登場してくれたのは、かりゆし58。
シングル「かりゆしの風」について全員のインタビューを行った。
取材場所は、FM沖縄の会議室。
番組出演の後に時間をもらった。

c0193396_10472866.jpg

[PR]

# by mahalohilo | 2015-09-14 10:48 | music | Trackback | Comments(0)  

馬場俊英の美音とフリッパーの美味、どちらも最高です!

c0193396_11422240.jpg


今日の沖縄は、晴れ。
昨日に続き、曇りのち雨の天気予報に反して、暑い日になりました。
それにしても島の天気は、ホントに予想がつかない。沖縄の気象予報士の方も大変ですね(笑)。


昨日は美ら海水族館に行ってきた。
年間パスポートの更新のため。
そして美ら海水族館に行くもうひとつの楽しみ。
そう、途中の名護にある「フリッパー」でステーキを食べること(笑)。
ここのステーキは、とにかくめちゃ美味しい。
少し冷えても肉の柔らかさが変わらない。今まで食べたことのない美味しさなのだ。
それに目の前の海を眺めながらの食事も最高だしね。

着いたのは11時少し過ぎなのに、すでにお客さんで半数の席は埋まっていた。
しかも駐車場には「わナンバー」(観光客)が1台もいなかった。




大満足で、美ら海へ。
夏休みも終わったし、空いているかな?と思ったら、考えがアマかった。
人、人、人。言語もいろいろ。
ま、こういうこともありで楽しんだ1日だった。
久しぶりに観た「おきちゃん劇場」は楽しかったなぁ。
ショーの最後には、客席のみんなをプール前に呼び込んで…オキゴンドウがお客さんに水を浴びせる。さらにジャンプして水しぶきでプール前の人たちはずぶ濡れ。これも濡れてもすぐに乾いちゃう、沖縄の夏だからこそのスペシャルな出来事!?

c0193396_1143412.jpg







ところで昨日は木曜日。沖縄の情報紙、週刊レキオの配達日でした。
県外の方にも見て欲しいので、ここで掲載します。
ご覧ください。

今週登場してくれたのは、シンガーソングライターの馬場俊英。

取材したのは、8/12(水)。都内にある馬場君のオフィスにて。
以前このブログにも書いたが、とても暑い日だったのとリリースイベントの合間の日だったためか、とてもリラックスした服装で、麦茶を飲みながらのゆったりしたインタビューでした。

ニューアルバム『屋根裏部屋の歌〜ACOUSTIC SELF COVER COLLECTION』についてはもちろん、沖縄公演も含めた全47都道府県ツアーの話、そして近況&プライベートな話まで、いろんな話をした。記事になっているのは、新作の話だけだけれど…。

デビュー20周年を迎える来年には、オリジナルアルバムのほか、いろいろなことを考えていると話してくれた。馬場ヘッズのみなさん、楽しみにしていてください!


c0193396_11414415.jpg

[PR]

# by mahalohilo | 2015-09-04 11:45 | 馬場俊英 | Trackback | Comments(2)  

RYO fron ORANGE RANGEの初のソロアルバム『DELIGHT』


c0193396_18294675.jpg

8/30は、ORANGE RANGEが主催する「テレビズナイト015」を観に沖縄市のミュージックタウン音市場に行ってきた。
毎年開催されるこのイベントは、とにかく盛りだくさんだ。
僕は観れなかったが、今年は音市場1Fの広場で琉球ゴールデンキングスの選手を呼んで、出演メンバーたちとフリースロー大会を行ったようだ。D-51のYasuがライブのMCで言っていたが、このフリースロー大会では、なんとがYasuがキングスの選手に勝つ、という一幕もあったようだ。

当日の出演メンバーは、Civilian Skunk、夏川りみ、D-51、そしてORANGE RANGEと、それぞれ違った音楽カラーの人たちが、ライブを披露していた。
なかでも、最初の一声で会場内の空気を星空の下に導いてくれるような夏川りみの爽やかで透明感のある歌声に魅了された。

もちろん他のメンバーも、この日を楽しみにしている様子が伝わってくる。
全力で会場をアツくした一番手のCivilian Skunkの若さ溢れるパフォーマンス。
昔からの仲間のORANGE RANGEに「やっと呼んでもらった(笑)」と話して会場の笑いを誘っていたD-51の歌のうまさとハーモニーに、思わず引き込まれた。
そしてORANGE RANGEの圧倒的なパワーとエネルギーに満ちあふれたバンドパフォーマンスに、会場の熱気はピークに達した。
毎年観に行っているが、来年も絶対に来ようと思った夜だった。





c0193396_18301378.jpg

そして1日あけた9/1、RYOのソロプロジェクト「RYO from ORANGE RANGE」のインタビューのため、イオンモール沖縄ライカムに行ってきた。
この夜、同場所でライブを行うということで、その前の時間で取材をさせてもらった。

c0193396_820356.jpg9/16にリリースされる初のソロアルバム『DELIGHT』について話を訊いた。

昨年8/27に配信限定で「Tim Don!-Don!」がリリースされた時から、アルバムが出る時は絶対にインタビューをさせてもらおうと思っていた。
それがついに実現したというわけだ。

このアルバムは、ハッピーなパーティーチューンもあれば、「GLAMOROUS RIDDIM」や、元キマグレンのISEKIとコラボした「Whisper」など大人のRYOを感じさせる曲もある。それにプロポーズソングとしても使えそうな(笑)「My Love」など全13曲が収められた力作だ。

踊れて、笑顔になれて、自然について考えさせられて、ラブな気分になれる素敵なアルバムである。


9/16までしばしおあずけだが、ぜひ聴いて欲しいと思う。

9/19には代官山UNIT & SALOONで、アルバムのリリースパーティーがあるので、オフィシャルサイト http://orangerange.com/ryoを、Check it!!!

c0193396_814285.jpg




















[PR]

# by mahalohilo | 2015-09-02 18:30 | music | Trackback | Comments(0)  

MONGOL800「800だヨ 全員集合!!」に酔いしれた夜

c0193396_12413229.jpg

昨日、モンパチの『800だヨ 全員集合!!』が、宜野湾市海浜公園屋外劇場で行われた。
3年前は台風のため中止。で、今回は…雨も降らず、太陽もいい感じに雲から出たり入ったりするちょうど良い天候だった。
それにしても1週前の開催なら台風でNGだったはず。ラッキーでした!



午後1時からスタート。
KACHINBA1551から始まり、子供たちにも大人気のきいやま商店が続く。

そしてI-VANからU-Do & PLATYへとウチナーレゲエのヴァイブスに酔い、沖縄女子の底力を見せつけてくれるFLiPへ。

さらにアンコールの時にキヨサクが「本日のピーク!」と絶賛していたDA PUMPのライブへとなだれ込んでいく。ISSAを中心に他のパフォーマーたちとの息の合ったパフォーマンス、そして懐かしい曲を新たな見せ方で披露したステージに観客たちも酔いしれていた。

その後にはベテランのSAKISHIMA meetingが登場するというラインナップの妙も楽しめた。



そしてそして、トリはMONGOL800。

お馴染みのナンバーで超満員の会場の人たちの心を一気に引き寄せる。
途中には、ニューアルバム『People People』から、たった70年前‼️に沖縄で起きた事実を真摯に歌い上げる「himeyuri〜ひめゆりの詩〜」が披露される。
沖縄に生まれ、育ち、おじぃ、おばぁに当時の話を聞いてきた彼らならではの感性で歌われる曲に、客席は水をうったように静まり返った。
その歌声を聴きながら、ステージの上空に輝くまんまるな月が印象に残った。


アンコールでは出演者全員が「8時だよ 全員集合」のテーマ曲を、各自近況も含めて歌い回して楽しい一夜は幕を閉じた。


c0193396_12415647.jpg

[PR]

# by mahalohilo | 2015-08-30 12:43 | music | Trackback | Comments(0)  

Kの新作『Ear Food』は音の耳薬のようなアルバム!

c0193396_21593310.jpg

台風15号が去ってからは、沖縄も少しだけ秋が感じられる瞬間があります。
木陰にいる時に吹く風が涼しかったり、朝遊泳の時に見上げた空が秋の雲だったり…。
とはいえ、相変わらず陽射しは強烈ですが(笑)。

今週も週刊レキオ「マハロな音楽」を転載します。

今回登場してくれたのは「K」。

デビュー10周年を迎えて発表した『Ear Food』について話をうかがった。
取材場所は、恵比寿のオフィス。
よみうりホールでのライブの翌日にもかかわらず時間をとってくれて感謝!
アコースティックアレンジによるアルバムは、いつ聴いても癒されて、元気をもらえる。
まるで音の耳薬(みみぐすい)のような作品だ。
年末には父親になるというK。その日を楽しみ!と話してくれた幸せそうな笑顔が忘れられない。

c0193396_21595169.jpg



明日8/29(土)は、MONGOL800の『800だヨ!!全員集合!!!』が宜野湾市海浜公園屋外劇場で行われる。13時から楽しんでこようと思う。
[PR]

# by mahalohilo | 2015-08-28 22:00 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

かりゆし58の新曲「かりゆしの風」はウチナーンチュの心の歌



c0193396_22365253.jpg

台風15号が沖縄本島をかすめて北上する午後7時、「かりゆし58」の取材のため、FM沖縄に向かった。
風はだいぶ弱まったとはいえ、国道58号線の陸橋を通過する時は、時折強く吹く風でハンドルをとられそうになる。いつもなら車の多い時間帯だが、やはり台風の影響で休みになった会社も多いのだろう、ラジオ局まで自宅から10分ほどで着いてしまった。

かりゆし58に会うのは、約2年ぶり。
その時はボーカルの真悟だけだったので、メンバー全員での取材は本当に久しぶりだ。

番組出演の後、ラジオ局の応接室をお借りしてのインタビュー。
8/5にリリースしたばかりのニューシングル「かりゆしの風」について話を訊いた。

結成10年、そしてデビュー10周年イヤーに入ったかりゆし58が、今この曲で伝えたかったこととは…。

c0193396_22374967.jpgこれまでの曲のように、“ひとり”に向けてというよりは、もっと広い視野で生まれ島を俯瞰で綴った作品になった。
それはウチナーンチュの心と向き合った歌。
悲しみも痛みも歓び知った上での前向きさや希望を感じる歌。

10周年を迎えて、次の次元へと向かうために今伝えておきたい想いを託した歌が「かりゆしの風」だ。

たくさんの方に聴いてほしい歌である。






そして今日は、午後から台風一過の青空が見え隠れする読谷の自然ビーチに、ファル娘を泳がせに行った。
とはいえ、波が高くて、泳がせるどころではなかったが…。
それでも波打ち際ではしゃぎまくる娘でした。
c0193396_22381045.jpg

[PR]

# by mahalohilo | 2015-08-25 22:40 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

台風15号の足音が聞こえる

c0193396_13570342.jpg

台風15号が八重山から沖縄本島に向かっている。
今朝から青空も見えたりしていたが、今は時折スコールのような強い雨が降っている。

明日昼過ぎの接近に伴う暴風雨に備えて、ベランダの鉢植えを風の吹き込まない所に避難させた。
それに数年前の強風で吹き飛ばされた教訓として網戸も撤去。
これで台風対策は、ひと息ついた。
あとは何もないことを祈るのみ。

明日の最接近時に予定していた「かりゆし58」の取材は、夜からに変更してもらった。

沖縄の台風は、ホントに強烈だからね!

















[PR]

# by mahalohilo | 2015-08-23 17:29 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

沖縄最強エンタメユニット「ポニーテールリボンズ」登場!!!

c0193396_11561269.jpg
     ▲photo by mahalohilo


東京ライフも二週間、明日沖縄に帰ります。

で、今日は木曜日。週刊レキオの発行日なのて「マハロな音楽」を転載します。

今週登場してくれたのは、沖縄が誇る最強エンタメユニット「ポニーテールリボンズ」。
ここ何年かは県外にも進出。
あちこちでピンク帽のぽっちゃりユイチンと、クールな伊達男コフスキーが話題になりつつある、今注目のユニットだ。

撮りおろしのフォトと一緒にご覧ください。

c0193396_11540152.jpg





















[PR]

# by mahalohilo | 2015-08-20 11:59 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

夏の日の馬場俊英と、BANJO AI


c0193396_10363275.jpg
   photo by mahalohilo

深夜から降っていた雨もやんで、曇り空が広がる東京。
雨が降ったからか、今朝は幾分涼しく感じます。

昨日は、馬場俊英君に昨年末以来にインタビューをしてきた。
2月の沖縄公演や、先月の東京公演終了後の楽屋で立ち話はしたが、20周年を迎えた今の心境や、47都道府県ツアーの話、そしてリリースされたばかりのアコースティック・セルフカバーアルバム『屋根裏部屋の歌』についてじっくり話を訊くことができた。

リリースタイミングのフリーライブの間の日だったからか、黒Tに黒の短パンというとてもリラックスしたスタイルでのインタビューだった。

まだ発表できないが、彼の頭の中では来年にやりたいことがたくさんある様子。
ファンの皆さんは楽しみに待っていてください。

c0193396_10371049.jpg




そして今日は木曜日。
沖縄の情報紙「週刊レキオ」が琉球新報と一緒に配達される日だ。

今週号の「マハロな音楽」は、沖縄出身のバンジョーシンガーソングライター「BANJO AI」さん。
先日このブログでも紹介したが、色々な繋がりの中でやっと出逢えた方でもある。

転載します。県外の方もご覧ください。

c0193396_10340462.jpg
























[PR]

# by mahalohilo | 2015-08-13 10:43 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(2)  

Mrs. GREEN APPLEとwacci、どっちも僕のフェイバリットバンド!

c0193396_12570022.jpg
只今、上京中。
先週末に東京に着いた日は37℃超えの猛暑。あれから少しは猛暑が緩んだとはいえ、暑い日はまだ続いている。

上京してから、しおりちゃんの8周年ライブ@代官山・晴れた空に豆まいて、や、スターダスト・レビューのライブ@日比谷野外音楽堂、K君のライブ@よみうりホールとライブを観まくり、昨日はK君のインタビューをしてきた。

K君は現在47都道府県ツアーのまっさい中。
そんな忙しい中で、しかもライブの翌日にもかかわらず、取材時間をとってくれて本当に感謝です。

10周年を迎えて、公私ともに充実していることが、言葉の端々から伝わってきたインタビューだった。




しばらく「マハロの音楽」を載せていなかったので、転載しようと思います。

まずは7/30掲載の「マハロな音楽」は、男女5人バンド「Mrs. GREEN APPLE」。
7/8にリリースされたメジャーデビューアルバム『Variety』について話を訊いた。

18歳のボーカル&全曲作詞作曲を手がける大森元貴の才能と、卓越したバンドアンサンブルに惹かれる僕の今イチオシのバンドである。

c0193396_17014194.jpg
c0193396_17060272.jpg





8/6は、wacci。
以前から注目している5人バンドのニューシングル「大丈夫」(TBSテレビ系木曜ドラマ『37.5℃の涙』の主題歌)についてインタビューした。
取材は、Shibuya duo MUSIC EXCHANGEで行われたツーマンライブの直前に楽屋にて。

c0193396_17023143.jpg
c0193396_17051560.jpg
c0193396_17053444.jpg


これからの予定としては、明日、馬場俊英君のインタビューと、Rakeのライブ@Shibuyaduo MUSIC EXCHANGE、18日は柳原陽一郎さんのライブ@Shibuyaduo MUSIC EXCHANGE、21日が川嶋あいさんのライブ@渋谷公会堂に行く予定。

それに、あと何本かインタビューをして沖縄に戻るつもりだ。暑い東京を満喫しようと思っている(苦笑)。














[PR]

# by mahalohilo | 2015-08-11 17:12 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)