坂井泉水 九回忌によせて

c0193396_1532856.jpg

このところずっと梅雨空が続いていた沖縄。
しかし今日は薄雲に覆われてはいるが、朝から青空がのぞいている。
思い返せば、あの日も青空が広がる1日だった。
8年前の今日、ZARD坂井泉水さんが天に召された。
その知らせを聞いたのは、友達のカフェで緩やかな時間を過ごしている時だった。
ボサノヴァの軽やかな音色で満たされた店内に、携帯の鋭い音が鳴り響いた。
サイレントモードにしていなかったことを後悔しながら、店の外に出て通話スイッチを押した。
知り合いの編集者からだった。
急に薄暗い店内からおもてに出たからか、強い陽射しが眩しかったことを覚えている。
しかし、そこからの会話は正直あまりはっきりとは覚えていない。
坂井さんが急逝した事実だけが心に突き刺さったまま、しばらく思考が停まっていたのだろう。
携帯の向こうで、僕の名前を呼び続ける声に、はっと我に返った記憶がある。
「?」だらけの頭の中を整理する時間が必要だった。
そのまま歩いて家に帰り、気がつくと夜になっていた。
TVのNewsの報道で、改めて現実と向き合う事になった。
坂井さんが亡くなられたという現実に…。

最後まで坂井さんに取材をしていたこともあって、その後、いくつかの番組でコメントを求められた。少しでもファンの方たちに彼女の生前の声を届けたいと思い、話をさせてもらった。
なかでもNHKの『クローズアップ現代』のスタッフは、沖縄の僕の自宅まで撮影にきてくれた。
どこまで伝えることができたかはわからないが、最後の最後まで自らの音楽と真摯に向き合っていた彼女の姿がわかってもらえたのではないかと思う。


c0193396_17264188.jpgここ何日か、ZARDのライブ音源を聴いている。
なかでも『Request Best〜beautiful memory〜』の後半に収められたライブ音源を聴きながら、ライブ会場でのことが蘇る。
1曲1曲を心をこめて丁寧に歌う姿。想像以上に声量があること。MCの時の照れた表情…。

ラストの「負けないで」を歌いきった後で彼女はこう言った。
「今日はどうもありがとうございました…
   …また会いましょう!」

あれから8年の時が流れた。
彼女のこの言葉は二度と実現することはないけれど、あの時の姿はこれから先もずっと僕の中で生き続けていく。
あの時、同じ空間を共有したZARDファンの方たちもきっと同じ気持ちだと思う。

坂井泉水九回忌。ZARDの歌とともに今日は1日過ごそうと思っている。

c0193396_15331642.jpg

[PR]

# by mahalohilo | 2015-05-27 15:25 | ZARD | Trackback | Comments(4)  

幸せの傘〜Happy Umbrellaが欲しいと思う今日この頃


c0193396_11571581.jpg

このところ聴き続けている音楽がある。
電車に乗りながら、歩きながら、仕事をしながら、ぼーっと空を眺めながら…。
いつでも、どこでも、シチュエーションにかかわらず聴いている。

その時々の心境によって、そのたびにグッとくるポイントが変わってくる魔法のような音楽。
それがシナリオアート1st.フルアルバム『Happy Umbrella』だ。



どれも希望や未来を感じるポジティブさとマジメに向き合って、紡いでいる曲たちに背中を押される。

“笑われ バカにされて それでも歌っていれるのは 救われた 僕がいる 信じてる魔法のミュージック”と歌う「ナイトフライング」。
ヘコんだ時に音楽に助けられた経験のある人なら、誰でも頷けるはず。音楽の力と音楽のありがたさを、改めて再確認した1曲だった。

この曲もだが、ドラムの紅一点、ハットリクミコ作詞の「トゥインクリンピーポー」も、前向きに上を目指そうという、今の彼らの立ち位置や意識を映しているような前向きさが心地よい。


最近のお気に入りが「ブロークン」。
“昔 昔 あるところにおじいさんとおばあさんが住んでました”と、童話のストーリーを思い浮かべていたら、このおじいさんがおばあさんと一緒にダンシングナイトをエンジョイするという展開。
最近、ちょっと常識にとらわれすぎてたなと気づかせてくれる曲だった。


疾走感のあるサウンドで空想空間へとワープできる「スペイシー」にワクワクしたり、四つ打ちビートで、すっと一緒に笑える日が続く事を願ってたんだ、と今は隣りにいない大切な人を思い歌う「チェーンスモーク」にグッときたり…。

何度も聴きたくなるアルバムなのである。



7/3に東京・恵比寿のLIQUIDROOMで行われる初の全国ワンマンツアーのファイナル公演に行きたいなと思っている今日この頃。

c0193396_115739100.jpg

[PR]

# by mahalohilo | 2015-05-26 11:59 | music | Trackback | Comments(0)  

引き潮の自然ビーチにて


c0193396_14563768.jpg
今日は読谷の自然ビーチに来ています。
青空に誘われてファル娘の海水浴のお付き合い。
今は引き潮だから、海に浸かったり、気がむいたらひと泳ぎして、疲れたらリーフの上で甲羅干し。
自由に海を楽しんでいるファル娘でした。

昨日は昼にイオン沖縄ライカム、残波岬で夕陽を眺め、今日はここで自然ビーチを堪能、と沖縄の自然を目一杯楽しんでいます。

この美しい自然がいつまでも残りますように…。
c0193396_14571231.jpg







[PR]

# by mahalohilo | 2015-05-16 12:45 | 沖縄 | Trackback | Comments(2)  

読谷から太陽にお疲れ様


c0193396_19335177.jpg
残波岬に来ている。
たった今、西の水平線にオレンジ色の太陽が沈んでいった。
海風が吹き抜けていく。
嗚呼、幸せな時間。
やっぱり西海岸から眺める景色はいいな。
太陽、明日も宜しく!
c0193396_19351048.jpg

c0193396_18254929.jpg
▲残波岬ロイヤルホテルにZANPAの文字が…














[PR]

# by mahalohilo | 2015-05-15 19:23 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

青空と風が心地よい日です

c0193396_10431836.jpg


二週間の東京ライフを過ごし、昨日沖縄に帰ってきた。
一昨日は台風が東京に迫っていたので、もしかすると飛行機に影響が出るかと心配していたが、途中で熱帯低気圧になり、まったく大丈夫だった。


今日は全国的に30℃近い暑さ。
沖縄はといえば、意外とそこまで気温が上がっていない。
青空が広がり、吹く風が心地よい日になっている。


今朝、さっそく久しぶりに朝遊泳に行ってきた。
引き潮で波もなく、透明度も高かった。
少し沖まで泳いでいくと、色とりどりの魚たちが優雅に朝食をとっていた。
エンゼルフィッシュが群れている。
この水中の景色に癒されて家に帰ってきた。

今日は、留守にしている間に迎えたファル娘の8歳の誕生日を祝ってあげようと思う。

あれから8年か。時の経つのは早いなぁ。

c0193396_1103912.jpg

[PR]

# by mahalohilo | 2015-05-14 10:50 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

OKINAWAまつり@代々木公園、来てます

c0193396_16071984.jpg
▲ライブ直後のポニーテールリボンズ


青空の下、東京渋谷、代々木公園はOKINAWAまつり、盛り上がってます!

たった今ライブが終わったポニーテールリボンズは、チョーウケて、初めてのアンコールもあった。

これから、しおり、green note coaster、Twin Cross、シベリアンスカンク、SAKISHIMA meetingのライブがある。
沖縄そば食べて、オリオンビール飲んで、最後まで楽しもうー










[PR]

# by mahalohilo | 2015-05-10 15:01 | その他 | Trackback | Comments(0)  

先月に続いてシシド・カフカ、そして石垣島の「やなわらばー」との再会

c0193396_19152555.jpg

東京にやってきて、今日でちょうど1週間。
東京もずいぶん暖かくなった。

c0193396_15112428.jpg
ORANGE RANGE@ZEPP DIVER CITYでアツくなった2日後、渡辺美里の「美里祭り」@日比谷野外大音楽堂で、超満員のファンたちとデビュー30周年を祝った。何年経っても音楽への情熱と歌い続けることへのたゆまぬ努力と感謝を感じたステージだった。
とにかく声の調子も素晴らしくて、最後の1曲まで伸びやかな歌声を聴かせてくれた。
これから47全都道府県をまわるライブツアーに出るという。脱帽だな。
もちろん沖縄にもやってくるから、その時は絶対に観に行こうと思う。


c0193396_19255691.jpg
今日は、シシド・カフカと、石垣島出身の女子2人の「やなわらばー」のインタビューをしてきた。

シシドさんは先月に続いて。
今回は、6/17にリリースされるセッション・ミニアルバム『K5(Kの累乗)』について話をうかがってきた。
4/29に配信で発表された「Don't be love-feat.斉藤和義」のほか、甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)、KenKen、常磐道ズ(TOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美とスペシャルゲストのユニット)、YO-KING(真心ブラザーズ)をフィーチャリングで迎えたセッション作品だ。

とにかく甲本ヒロトとの「バネのうた」を聴いた方は、きっと“ビヨヨヨヨ〜ン”と月までぶっ飛ぶハズ。斬新な1枚になっているから、6/17を楽しみにしていてほしい。


c0193396_19272486.jpg
「やなわらばー」とは、約1年半ぶりの再会だった。
二人ともイイ感じに大人になっていた。落ち着いた雰囲気も醸し出しながらも、ココロは音楽を始めた頃の少女のままという感じ。ライブ前の大事な時間にもかかわらずインタビューを受けてくれたことに、まずは感謝したい。

4/8にリリースされたカバーアルバム『縁唄(えにしうた)〜フォークソングとやなわらばー〜』について話を聴いた。
このアルバムは、五十代半ば以降の方はきっと歌詞カードを見なくても歌えるであろう60〜70年代のフォークソングを、彼女たちがカバーした作品だ。

「恋人もいないのに」(シモンズ)、「悲しくてやりきれない」「あの素晴らしい愛をもう一度」(フォーククルセダーズ)、「妹」(かぐや姫)、「雨が空から降れば」(小室等)、「遠い世界に」(五つの赤い風船)、「青春の影」(チューリップ)、「この広い野原いっぱい」(森山良子)、「ささやかなこの人生」(風)、「「いちご白書」をもう一度」(バンバン)など…。
これらフォークソングのスタンダードを、オリジナルに忠実なアレンジでカバー。
なにより彼女たちの歌声とハーモニーがフォークソングの名曲たちに再び光を与えている素敵な作品になった。
このアルバムを聴いて、改めてあの時代のフォークソングはいい曲が多いなと思ったのだった。


明後日は、代々木公園で行われる「オキナワまつり」をのぞいてこようと思っている。CIVILIAN SKUNKに久しぶりに会ってこようと思う。楽しみである。

























[PR]

# by mahalohilo | 2015-05-07 19:16 | music | Trackback | Comments(0)  

GW、沖縄は晴れ。僕はこれから東京です

    今朝の沖縄は晴れ。
とても心地良い日になった。
風もなく、海も凪いでいる。
こんな日は、真栄田岬にでも行って、沢山の熱帯魚達と一緒に泳ぎたいなー。

そんな事を思いながら、那覇空港で搭乗時間が来るのを待っている(苦笑)。

c0193396_09391702.jpg
今月沖縄に帰って来てからインタビューしたのは、きいやま商店、D-51、さんご(Kiroro+HY仲宗根泉)。
ライブは、きいやま商店@桜坂セントラル、LIFriends@那覇Output、D-51のインストアライブ@宜野湾コンベンションシティ。

特に、さんごの取材は、仲宗根の母校、うるま市川崎小学校でのインタビューだった。
NHKの[SONGS]の撮影の合間で行なった。
忙しい中、時間を取ってくれたNマネージャーに感謝です。
c0193396_09402814.jpg

これから東京に向かいます。

東京では、シシド・カフカ、シナリオアート、サンドクロックのインタビュー。
ORANGE RANGE@ZEPP DIVER CITY、アルカラ@東京シネマ倶楽部、CIVELIAN SKUNK@オキナワ祭り 代々木公園、渡辺美里@日比谷野音などを観ようと思っている。

世の中はGW。
沖縄にも沢山の観光客の皆さんが来島されると思う。
綺麗な海と自然を満喫して、楽しんでください。

では、そろそろ搭乗時間になりました。
東京に行ってきまーーす。

























[PR]

# by mahalohilo | 2015-04-30 10:12 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

LIFriends沖縄公演@那覇Outputから今帰ってきました!

c0193396_20544068.jpg

LIFriendsの全県ツアー『47都道府県全部いっちゃうぜ TOUR 2015』の沖縄公演@那覇Outputから、今戻ってきた。

去年に続き二度目の沖縄でのライブだ。
前回は「きいやま商店」「GOLD RUSH」とのスリーマンだったが、今回は初の沖縄ワンマン。
正直、集客は思ったほどではなかった。しかも本土からやってきたリフレンジャーがほとんどで、ウチナーンチュのお客さんは、前日のメインプレイスでのインストアライブを見てチケットを買ってくれた3人。もっと沖縄の人たちにも見てほしかった、というのが僕の感想だ。

LIFriendsの魅力は、実際にライブを経験すればわかってもらえると思うからだ。
彼らの元気パワーを受けとめて、ライブが終わった時には思わず笑顔になっている。そんなリフレンズ効果に触れてほしかったなと思う。
ライブ中にしゅんくんは、「今は床が見えてるけど、この空間を埋められるように頑張っていきます」と宣言していた。

今回の沖縄ワンマンは、種まき。これからも水をまきに、沖縄へ来てほしいなと思う。
何度も水をまきに来るうちに、きっと大きく成長して、花が咲く日がくるはず。そう信じている。
その花を見るまで、僕は彼らのライブに通い続けるつもりだ。

ひとまず7月の渋谷公会堂へ行こうと思っている。

c0193396_20521137.jpg

[PR]

# by mahalohilo | 2015-04-26 20:56 | music | Trackback | Comments(0)  

イオンモール沖縄ライカム開店、そして本日LIFriendsの沖縄ワンマン!

c0193396_10171926.jpg


昨日、北中城に「イオンモール沖縄ライカム」がグランドオープンした。
かつては米軍のゴルフ場があった跡地に作られたリゾートショッピングモールだ。
グランドオープンにあたって、前夜から1万1千人が開店前から並んだという。
さすが、新しいものが大好きなウチナーンチュである(笑)。

今朝泳ぎに行った時、ウチナーンチュの遊泳仲間も、もちろん行って来たと言っていた。
ライカム交差点からの道が大渋滞で、駐車場に入るまで20分、さらに駐車場に車を止めるまで数十分かかったという。
「あまりに人が多くて、人酔いしたさー」と話していた。

今朝の新聞の一面を飾ったモール内の写真を見ても、その混雑ぶりと、人酔いしちゃう気持ちがわかる。
この混雑はしばらく続くはず。
人ごみが苦手な僕らは(笑)ちょっと一段落してから行こうと思ってます。



現在全都道府県ツアー中のLIFriendsが、昨日、この「イオンモール沖縄ライカム」でインストアライブをやったという。
僕は行かなかったが、きっとグランドオープンで賑わう大勢の人たちを彼らの歌で笑顔にしたことだろう。

今日4/26に、彼らの沖縄公演が那覇Outputで行われる。
二度目の沖縄公演、そして初の沖縄ワンマン。
どんなライブになるのか、観に行ってこようと思う。
ついでに昨日のライカムはどんなだったのか聞いてこよう。

LIFriendsのメンバーに会うと元気をもらえるから、楽しみです。








[PR]

# by mahalohilo | 2015-04-26 10:13 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

これから沖縄に帰ります

あらら、東京に来る那覇空港で書いてから、まったく更新していなかった。
なんかバタバタしていたな、今回の東京は。

シシドカフカさんに会ったり、遊佐未森さんのインタビューで横浜に行ったり、井上侑さんのライブに昭和記念公園に久しぶりに行ったり。
特に昭和記念公園は、家から歩いてもすぐなのに、二回しか行ったことがなかった。
近くにあるからいつでも行けると思っていると、なかなか行かないものだ。
こういう機会がないと、きっと行くことがなかったから、井上さんありがとうね。
桜や色とりどりの花が咲く広い公園で聴く彼女の歌声が心地よくて、幸せな時間だった。

今、羽田空港。
あと20分ほどで那覇空港に向かいます。

c0193396_1102132.jpg


c0193396_1103970.jpg


c0193396_1105398.jpg





























[PR]

# by mahalohilo | 2015-04-12 08:07 | Trackback | Comments(0)  

これから東京に向かいます


c0193396_18133543.jpg

青空の沖縄。
今日も気持ちの良い日だ。
今僕は那覇空港にいる。
旅客機が次々と滑走路に滑りこみ、その度にターミナルは大勢の観光客の方々が笑顔でいっぱいになる。
天気に恵まれるといいなって思う。
沖縄はやっぱり青空が似合うから。
空の色で海の美しさも全然違ってくるから。
たくさんの自然を感じて、沖縄の素晴らしさを体感して欲しい。

そして、こんな豊かな自然と美しい辺野古の海を、米軍基地のために県民の意思を無視して破壊し続けている政府の横暴さを考えて欲しいと思う。

一度壊してしまった自然は二度ともとには戻らないのだから。

これから東京に向かいます。












[PR]

# by mahalohilo | 2015-03-31 09:44 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

杉山清貴&沢田知可子の沖縄公演@マハロな音楽

今日の沖縄は曇り。
昨日からトロピカルビーチでは沖縄国際映画祭が行われている。
その影響で海浜公園の駐車場は関係者用の駐車スペースを確保するために、三分の二をロックアウト。残りの三分の一のスペースしか使えない状態に。
住民のための駐車場なのに使えないというおかしなことになっている。
以前はそんなことはなかったのに、最近はこのやり方が平気でやられるようになった。
はじまりは、公園内広場で小学生のサッカー試合が行われた時に父兄たちが自分たちのために駐車場を確保し始めたことからだった。
そこで思いだされるのが、今の季節、花見のために桜の下に青シートを敷いて場所取りをする、あの行為だ。自分たちのためなら何をしてもいいという考えはどうなのかと思う。
みんなのための共有スペースなのだから、最初から強引に確保するのではなく、そこがいっぱいで使えなければ、他を探せばいいと思うのだが…。
ガラガラに空いている三分の二のスペースを見て、ちょっと不愉快な気持ちになった。
自分はそうしないようにしようと思った朝散歩だった。



c0193396_10161851.jpg
   ▲L⇒R きゃんひとみ、杉山清貴、沢田知可子

今日は木曜日。
週刊レキオの配達日なので、転載します。

c0193396_10175368.jpg今週登場してくれたのは、沢田知可子さんと、きゃんひとみさん。
4月12日に浦添てだこホールで行われるコンサート『杉山清貴&沢田知可子「美ら魂や(ちゅらまぶやー)コンサート〜今、時を超えて…琉歌と流行歌で織り成す愛の物語〜』のインタビュー。

取材したのは、杉山清貴さんの東京・中野サンプラザホールのコンサートの日。
沢田さんときゃんさんと中野で待ち合わせて、近くの喫茶店で取材。
その後、コンサート会場の楽屋でスリーショットを撮影した。

杉山さんと会うのは約20年数年ぶりのこと。彼がソロになった当時はよくインタビューをしていた。彼がハワイで暮らしていた時は、オアフ島まで取材に行った事もある。(嗚呼、なんてバブルな時代だろう(笑))
長い歳月も、会えば一瞬にして縮まるものだ。
「杉山さんの取材で初めてハワイに行ってから、南の島にハマって、結局今は沖縄で暮らしてますよ…」とか、お互いの近況を話して笑顔で別れたのだった。

c0193396_1013435.jpg

[PR]

# by mahalohilo | 2015-03-26 10:19 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

KOKIAさんに初めてのインタビュー

c0193396_17382543.jpg

昨日沖縄に帰ってきました。
最近は東京も暖かかったけど、あったかい、というより暑い!、オキナワ。
今日の日中は26℃ありました。
すっかり夏日ですね。


今回の東京滞在中に、KOKIAさんにインタビューをした。
これまでCDはずっと聴いていたし、何度かライブも観させてもらっていたけれど、インタビューというかたちでちゃんとお話するのは今回が初めてだった。


初めてお話をした印象は、なんてやわらかい方なんだろう、ということだった。
抽象的なんだけど、彼女から発せられる声のトーンとか、話してくれた内容とか、醸しだす空気感が、なんともぽにょぽにょしてて(笑)、話していてとっても心地よい時間だったからだ。


辛い時期があったこと、ロンドンでの生活のこと、ロンドンの環境の中でゆっくりと元気になり、さらに大切な人生の伴侶と出逢ったこと、そして今が幸せなこと……たくさんのことをまっすぐな視線とやわらかな話し声で、ぽにょぽにょと話してくれたKOKIAさんだった。


ロンドンで曲が産まれたニューアルバム『I FOUND YOU』(3/18発売)についてのこのインタビューは、本日の週刊レキオの「マハロな音楽」に掲載されているので、沖縄にお住まいの方は見てください。

沖縄以外の方に、ここで転載しましょうね。


c0193396_17343294.jpg

[PR]

# by mahalohilo | 2015-03-19 17:39 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

これから沖縄に帰ります!

今、羽田空港です。
20日間の東京LIFEを終え、これから沖縄に帰ります。
東京も暖かくなったけど、どうやら沖縄は25℃の夏日らしい。
もう半袖Tの季節かな。

この暖かい季節をゆっくり味わいたいけど、
来週末にはまた東京に行くことになりそう。

沖縄でゆっくりできるのは、いつになるやら………。

c0193396_11375425.jpg

[PR]

# by mahalohilo | 2015-03-18 12:28 | その他 | Trackback | Comments(0)  

渡辺美里、KOKIA、LIFriends、テスラは泣かない。取材しました

まだ上京中です。
3/1からだから今日で12日目になる。
暖かくなったり、急に寒くなったりと、気温の変化が激しい毎日だ。

上京してからのインタビューは、デビュー当時から数えきれないほど会ってきたアーティストもいれば、初めてのアーティストもいた。

c0193396_18530576.jpg
前者が、今年デビュー30周年を迎える渡辺美里。
音楽雑誌「B-PASS」の別誌「B-PASS ALL AREA」のインタビュー。
美里のCDジャケット写真を数多く手がけるカメラマンの大川直人さんのスタジオで撮影の後に話を訊いた。
写真を含め、計20ページにも及ぶロングインタビューだ。
読んでみてください。

c0193396_18542610.jpg
また、後者の初めて会ったのは、鹿児島で結成されたロックバンド「テスラは泣かない。」。
ニューアルバム『ONE』についてボーカルの村上に話を訊いた。
今回の上京時に彼らのライブも観たが、疾走感のあるバンドサウンドは実にかっこよかった。

c0193396_18553674.jpg
他にも、東京都羽村市出身のメロディーラップバンド「LIFriends」にファーストアルバム『リフレンズ』について。
またロンドン暮らしの中で生まれた曲で完成したニューアルバム『I Found You』をリリースするKOKIAにインタビューした。


c0193396_18561278.jpg


そして、今日はサザンオールスターズの10年ぶりのニューアルバム『葡萄』のマスコミ試聴会に行ってきた。海辺の景色が似合う曲あり、メッセージソングあり、どの曲にもサザンの旨味が詰まったアルバムだった。


東京ライフはあと1週間、楽しもうと思う。






















[PR]

# by mahalohilo | 2015-03-12 18:36 | music | Trackback | Comments(0)  

馬場俊英の47都道府県ツアーの沖縄公演とインタビュー


c0193396_10353981.jpg
















ただ今上京中です。
上京の前日、2月28日(土)に、馬場俊英君の全47都道府県ツアーの2ヵ所目となる沖縄公演を、那覇の桜坂セントラルへ観に行った。
c0193396_16255994.jpg

8年ぶりの沖縄公演ということで、馬場君自身もどれだけの人が集まってくれるのだろうと心配していたが、30分前に着くと、会場前は長蛇の列。結局、満席の状態だった。

弾き語りならではのゆったりとした自由な雰囲気と、アコースティックギターのみの演奏のよるライブは一層“歌”が伝わってくるもので、歌詞のワンシーン、ワンシーンが心の中に映し出されていく感じだった。

まだツアーが始まったばかりなので詳しいことは避けるが、30周年の足跡を歌で辿れるファンにはうれしい内容のライブだった。

終演後に会った彼の笑顔が、この夜のライブの内容を物語っていた。
沖縄で、しかも妻と一緒に見た想い出に残るライブになった。

そして馬場君が気にしていた沖縄で唯一のファンクラブ会員は……
ちゃんと来場していましたよ。ライブ中のMCで馬場君は何度も感謝の気持ちを伝えていたのでした。





そして先月東京でインタビューした馬場君の記事が、26日の週刊レキオに掲載された。
県外の人にも読んでほしいので、ここに転載します。
取材は、東京の彼の事務所にて。
30周年の想いやライブDVD、全都道府県ツアーのことなどを話してくれた。

c0193396_10334540.jpg



























[PR]

# by mahalohilo | 2015-03-03 10:44 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(9)  

『HY Kana-yo Premium TOUR 2015』Final@ミュージックタウン音市場

c0193396_18493835.jpg
   ▲終演後のステージから

昨夜は、『HY Kana-yo Premium TOUR 2015』のファイナル@ミュージックタウン音市場に行ってきた。
3日前に観た渋谷クラブクアトロでのライブとは別メニューだと聞いたので、ぜひとも見たいと思ったのだ。

音市場の一曲目はポップな「流れ星」。バラードの「結」から始まったクアトロは、それもある意味チャレンジで良かったが、最初から勢いのある音市場はファイナルにふさわしいライブだった。
めりはりのある選曲、おなじみイズコーナーでの楽しいトークなど、集まった1100名は最後まで笑顔、笑顔。

アンコールのステージでは、7/15にニューアルバムをリリースすること、さらにホールツアーがあることも発表。超満員の会場に大きな歓声が湧きあがったのだった。

c0193396_18495141.jpg
      ▲楽屋前には、あの方が……
[PR]

# by mahalohilo | 2015-02-22 18:43 | music | Trackback | Comments(0)  

偶然が呼んだ風味堂との嬉しい再会と新作のインタビュー

c0193396_16025401.jpg


まだまだ東京にいます。
今日も雪が降ってきそうな寒さだ。
どうやら夜半から降り始めるという予報も出ている。
今夜はHYのライブ@渋谷クラブクアトロに行くつもりなので、降らなければいなと思っているのだけど。

昨日は「風味堂」のインタビューをしてきた。
一昨年の11月以来だから、1年3ヶ月ぶりの取材ということになる。

今回の取材は、先日宜野湾野外で行われたイベント『うみ そら おきなわ』を観に行った際に、風味堂のキーボード&ボーカルの渡くんと、会場で偶然会ったことがきっかけだった。
渡くんはレキシのサポートで来県していたのだけど、その時に彼から風味堂の新譜が出ると聞いて、「レキオに出てくれない?」とお願いしたことが今回の取材に繋がったというわけだ。
ほんとうに嬉しい偶然と嬉しい再会だった。

風味堂の通算6枚目のオリジナルアルバム『風味堂6』は、3月4日にリリースされる!

デビュー11年目に突入して、また新たな挑戦もしている意欲作だ。
「SPACE TRAVELERS」でのプログレ観、「“TIME”」でのロック観、そしてちゃんと風味堂らしさもおさえた「帰り道」や「記憶の朝」など、いろんな旨味が詰まったアルバム。

僕は「帰り道」のこんな歌詞にぐっときた。

君の待つ部屋へ この道は今日も続いてる
 優しい顔で微笑む君を 思い浮かべれば ほらもうすぐさ
  僕はいつもの声で“ただいま”を
   君はいつもの声で“おかえり”を
    次の言葉は心の中で そっと囁くんだ
      ありがとう 幸せだよ 
いつまでも 離さないよ…




ぜひ聴いてほしいアルバムだ。











[PR]

# by mahalohilo | 2015-02-18 16:13 | music | Trackback | Comments(0)  

マハロな音楽 コラボCD『さかいゆうといっしょ』はお薦め!


c0193396_14054329.jpg
▲イラストは、リリーフランキー氏が描いたもの



まだまだ上京中。
今朝は、雪でした。
東京もあと2日、この寒さを堪能しようと思ってます。

今月は馬場俊英君、風味堂、沢田知可子さん&きゃんひとみさんのインタビュー。
またライブは、Suzuのデビュー1周年ライブ(7!!がゲスト)@渋谷eggman、高橋優@NHKホール、杉山清貴@中野サンプラザ、遊佐未森@井の頭公演彫刻館を観てきた。



ちょっと遅くなったけど、先週木標日のマハロな音楽@週刊レキオを転載します。
登場してくれたアーティストは、さかいゆう。
取材場所は、彼の所属事務所オフィスオーガスタにて。
コラボレーションアルバム『さかいゆうといっしょ』についてアツく語ってくれたのでした。

c0193396_14062926.jpg





















[PR]

# by mahalohilo | 2015-02-17 14:10 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)