Hide's Music Story初日

c0193396_22075065.jpeg

まだ狭い空間に舞う歌詞が、身体の中で踊っている。
アコギだけの弾き語りだからこそ、より一層言葉の一つ一つがはっきりと塊となって心に飛び込んできた。
あの空間にいた時も、中央線で揺られる今も、その印象は全く変わらない。

HY新里英之の初めてのソロツアー『Hide's Music Story〜prologueー』の初日@原宿ストロボカフェを観た、それが今の素直な感想だ。


HYの曲が生まれた時のことやエピソードを、新里は想いを込めて言葉にしていく。曲の背景やストーリーを聞いた上で、改めて聴くと、その曲がさらに深く理解できる。新たなストーリーも見えてくる。
それが、この弾き語りライブの意味であり、狙いなのだろう。

新里の歌声も伸びやかで、天空を突き抜けるようだ。


明日は新潟でのライブ。
来年1月には東京での追加公演も決まった。

新里英之の新たな旅が始まった。





[PR]

by mahalohilo | 2017-12-09 21:45 | music | Trackback | Comments(0)  

トラックバックURL : https://mahalo39.exblog.jp/tb/28532291
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 白井貴子 初沖縄ライブと、dr... 銀次さんとの幸せな“MAGIC... >>