カテゴリ:マハロな音楽( 128 )

 

ハルカミライがおススメ

週刊レキオ『マハロな音楽』本日掲載の記事を転載します。登場してもらったのは、SIX LOUNGEに続き最近の僕のヘビロテバンド「ハルカミライ」。想いを激しく吐きだす音と歌にココロが昂ぶる音楽だ。ライブもぜひ体感してほしい!取材は、先月ライブの翌日、東京のEMI Recordsにて。


c0193396_12545372.jpeg

by mahalohilo | 2019-02-14 12:54 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

マハロな音楽@週刊レキオ

僕がページプロデュースしてる週刊レキオ『マハロな音楽』の最近の号を転載します。1/31号は、沖縄出身のシンガーソングライター、安慶名愛(まな)さん。モデルでもある彼女はスタイルも抜群でした。続く2/7は、KEYTALK。10月に『夜のLOUNGE TALK』で来県した時、ライブのリハ前に取材しました。感謝!

c0193396_21340580.jpeg

c0193396_21343356.jpeg

by mahalohilo | 2019-02-11 21:33 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

a Happy New Year 2019

2019年、明けましておめでとうございます。

今年も恒例の元旦初泳ぎをしました。

ここ数年は海の中から日の出を拝んでいましたが、今年は曇り空で、見られず。そのかわり、東の空の薄雲が徐々にオレンジに染まっていく景色が見れたので満足です。

本日、新年初の週刊レキオの発行日。「マハロな音楽」はwacciからスタート。今年もお気に入りのアーティストをたくさん紹介していきたいと思います。期待していてください。

2019年が皆様にとって素晴らしい年になりますように…

c0193396_19310408.jpeg

by mahalohilo | 2019-01-03 19:10 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

藤田麻衣子さん@マハロな音楽

c0193396_15384103.jpg

一昨日は、長袖T一枚でよかったのに、
昨日から急に沖縄にも寒気が押し寄せています。
風も強く吹いていて、体感温度は気温よりさらに2〜3度低いはず。
今朝、泳ぎに行ったら、波が高いこと高いこと。
海水の冷たさを我慢して、リーフの方へ少し泳いでいくと、
ふと海水が温かくなるところがあるので、そこで泳いでいました。
冬の遊泳はかなり厳しいけれど、その分、海は澄んでいて、
魚たちの姿を見ながら泳ぐ楽しさがあります。
今朝は、海の中から日の出が見れて、最高でした。



少し遅くなりましたが、週刊レキオ「マハロな音楽」の記事を転載します。

2/15に登場してくれたのは、藤田麻衣子さん。

取材を行ったのは、東京・渋谷のビクターレコードでした。

c0193396_15354867.jpg















by mahalohilo | 2018-02-12 15:39 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

伊藤銀次さんとマハロな音楽


c0193396_15212495.jpg

全国的な寒波の中、沖縄もその例外ではなく、
このところ毎日寒ーい日が続いています。
今日も現在13℃。昨日よりは1℃高いとはいっても正直寒い!
これじゃ泳ぎにも行けないし。
海浜公園にでもウォーキングしがてら、ベイスターズでも見に行こうかと思ってます。



週刊レキオ「マハロな音楽」の2/1号を転載します。
県外の方もご覧ください。

今回出ていただいたのは、ジャパニーズポップスのレジェンド伊藤銀次さん。

東京に住んでいる頃は、取材でお会いしたり、出張でグアムにご一緒させていただいたり…。
よくお会いしていたのですが、本当に久しぶりの再会でした。

以前、このブログでも取材時のことを書いたけれど、
積もる話がたくさんあって、ふと気づいたら2時間以上話していたという(笑)。
とても楽しい時間でした。

取材場所は、東京・渋谷のカフェで。
デビュー45周年のアニヴァーサリーアルバム『MAGIC TIME』についてお話をうかがいました。

c0193396_15205822.jpg











by mahalohilo | 2018-02-06 15:21 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

tidanomiyukiさんとの穏やかな時間


c0193396_15535899.jpg
    photo by mahalohilo

プロ野球のキャンプインの季節になりました。
どうして毎年、キャンプの時季はこんなに寒いんだろう。
さっきベイスターズがキャンプインする家の近くの宜野湾海浜公園に行ったら、
海風がひゅーひゅー吹いていて、凍えそうでした(苦)。
選手も、キャンプを観にきている観光客も、この寒さに驚いているんじゃないでしょうか。

先日、マハロな音楽の取材で、tidanomiyukiさんにお会いした。
久しぶりの再会だったが、いつものように、穂綿のようにほわほわした心地よい時間でした。
彼女と話していると、時間がゆっくり流れているような気分になる。
その時間の流れがとっても心地よくて、つい時間を忘れてしまう。
その日も取材後にライブリハーサルがあると知りながら、ついついリハが始まる時間ぎりぎりまで話してしまいました。

彼女のライブが今週土曜日、2/3に桜坂劇場ホールBで行われます。
18時開場、18時30分開演です。

僕も観に行こうと思っています。

c0193396_15521085.jpg















by mahalohilo | 2018-01-31 15:55 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

HY新里英之ソロツアー@マハロな音楽

c0193396_14124859.jpg
    ※photo by mahalohilo


沖縄に戻ってきました。
日本全土が大寒波に見舞われている中、
沖縄も寒くなっています。
陽射しがないこともあるけれど、海風がつめたい。
南の島もやはり冬なんだなと実感する今日この頃。


週刊レキオ「マハロな音楽」を転載します。

1/18号に登場してくれたのは、HYの新里英之。
現在続行中の初のソロライブツアー『Hide's Music Story〜Prologue〜』について訊いています。

取材したのは、沖縄のオフィスで。
東京での初日から3日後でした。
ツアーの合間の忙しい中で、取材時間を出してくれてありがとう。

今週末の1/27(土)には、沖縄公演が那覇のTopNoteで行われます。
ぜひ観に行ってください。
英之の語りによって、HYの楽曲が、さらに深く理解できるはずです。

c0193396_14105822.jpg









by mahalohilo | 2018-01-25 14:13 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

アイハベルなKiroro

c0193396_10571881.jpg
只今、上京中。
毎日、凍ってしまいそう。
雪の降り積もる地域の方々からしたら、何言ってるの!?と言われそうだけど(^^)、ほんと寒いんですよ。
毎年思うことだけど、沖縄と東京、1、2月は一番温度差があって、こたえます。

それはそうと、先週のマハロな音楽を転載します。
沖縄県外の方もご覧ください。


c0193396_10570389.jpg
1/11号は、Kiroro。
ニューアルバム『アイハベル』について、話を訊いた。
取材をしたのは、東京・渋谷のビクターレコードのアーティストルームにて。
世の中はクリスマス一色の時期だったので、オフィスの入り口ではビクターのマスコット『ニッパー君』が出迎えてくれました。

「私たち、アイハベルになれたかな!?」と言われて、もちろん!とうなづいたのでした。

c0193396_11450726.jpeg





by mahalohilo | 2018-01-17 11:19 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

読谷村のROCKER「ナオキ屋」


c0193396_18462622.jpg

沖縄には、興味深い人(ミュージシャン)が大勢いるな。
まだまだアマチュアレベルだけど、なんか持ってるなと思う若手もいるし、
十代なのにすでに実力もプロ意識もものすごく高い人もいる。
それは世代が上の人たちでも同じ。

最近とみに気になっていたのが、ナオキ屋という40代のロッカー。
実は、河口恭吾君から名前を聞くまでは、ナオキ屋のことを知らなかった。勉強不足ですみません。
それからしばらくして、なんの先入観もなくアルバムを聴いてみた。

はじめは、んん? で、おや!? そして、これはおもしろいぞ! に変わっていった。

歌詞はさておき、ロックを知ってる人が、かなりマニアックに、好き勝手に、やりたい放題やってる感が、おもしろいと思ったのだ。

ギターリフを聴きながら、これってもしかして…とロック好きなら誰もが知るバンド名が頭に浮かんできたりする。
ロックもあれば、ファンクもあれば、昭和歌謡もあれば、なんと創作落語もある。
その創造性に脱帽だな。

ロック好きに、聴いてほしいナオキ屋である。


週刊レキオ「マハロな音楽」12/21号で、このナオキ屋を紹介しているので、県外の方もYouTubeなどでチェックしてみてください。

c0193396_18445593.jpg






by mahalohilo | 2017-12-21 18:46 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

白井貴子 初沖縄ライブと、dream bamboo@マハロな音楽


c0193396_18215542.jpg

8日間の東京取材を終えて、沖縄に戻ってきました。
南の島、沖縄といえども、この季節は海風が冷たかった。
やはり12月も中旬。冬ですね。


帰ってきた日に、空港からそのまま白井貴子ちゃんのライブ会場の那覇D-Set Cafeに直行。
約10年ぶりの再会を果たしました。
ギターのほんち(本田君)とは、20年ぶりぐらいになるのかな。
もうはっきり覚えていないくらい、会ってなかったので、嬉しい再会でした。

c0193396_18230525.jpg

アコギを弾くほんちと、貴子ちゃんの弾くアコギやピアノを伴奏に、新作『涙河』収録のきたやまおさむ氏が作詞したジャパニーズスタンダードを中心に選曲。
「白い色は恋人の色」(ベッツィー&クリス)、「花嫁」「さらば恋人」、「戦争を知らない子供たち」、「あの素晴らしい愛をもう一度」、きたやま氏作詞、白井貴子作曲のオリジナル曲「『いるだけ』の幸せ」や「涙河」。
さらにロックの女王時代のヒットソング「Chance!」などを、お客さんにマイクを向けて一緒に歌ったりと、会場の人たちとの楽しいライブでした。


ライブ後に食事に誘ってもらったので、スタッフと一緒に、「茜霧島」とオリオンビールで、ありかんばーい。
懐かしい顔が揃った、まるで同窓会のような楽しい時間でした。

c0193396_18273056.jpg











c0193396_18234046.jpg

マハロな音楽@週刊レキオの12/14号に登場してもらったのが、「dream bamboo」(ドリームバンブー)。
貴子ちゃんのライブの会場となっていたD-Set Cafeの店長の伊波さんと、ユメノちゃんによる2人組。
ユメノちゃんの「ユメ」=dreamと、伊波さんのお名前:竹敏さんの「竹」=bambooから命名したツインヴォーカルユニットです。

取材場所は、D-Set Cafe。
お話が上手な伊波さんと、沖縄なまり全開!のユメノちゃんの2人のかけ合いに、笑いっぱなしの取材でした。

c0193396_18194653.jpg












by mahalohilo | 2017-12-15 18:25 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)