<   2018年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

モンパチの壁画を発見‼︎



c0193396_15180292.jpeg

モンパチ キヨサクが教えてくれたウォールペインティングを探しに行ってきた。

「読谷 残波公園のどっかにあるよー」と言ってたので、目星をつけて歩くこと数分。
長細い建物を発見。

c0193396_15183539.jpeg

読谷美術部が描いたヘビの壁画の反対側に、ありました! 
「宝物」のジャケットを描いたイラストレーターと、モンパチメンバーが描いた壁画が!

みなさんも、探してみては…⁈

c0193396_15190463.jpeg




[PR]

by mahalohilo | 2018-02-14 15:05 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

藤田麻衣子さん@マハロな音楽

c0193396_15384103.jpg

一昨日は、長袖T一枚でよかったのに、
昨日から急に沖縄にも寒気が押し寄せています。
風も強く吹いていて、体感温度は気温よりさらに2〜3度低いはず。
今朝、泳ぎに行ったら、波が高いこと高いこと。
海水の冷たさを我慢して、リーフの方へ少し泳いでいくと、
ふと海水が温かくなるところがあるので、そこで泳いでいました。
冬の遊泳はかなり厳しいけれど、その分、海は澄んでいて、
魚たちの姿を見ながら泳ぐ楽しさがあります。
今朝は、海の中から日の出が見れて、最高でした。



少し遅くなりましたが、週刊レキオ「マハロな音楽」の記事を転載します。

2/15に登場してくれたのは、藤田麻衣子さん。

取材を行ったのは、東京・渋谷のビクターレコードでした。

c0193396_15354867.jpg















[PR]

by mahalohilo | 2018-02-12 15:39 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

ラミレス監督に遭遇!

c0193396_09542153.jpg


今朝は少し早起きして、ビーチまでウォーキングに行こう。
昨夜からそう決めていた。
2月は1年で一番寒い沖縄。
ここしばらくは、朝起きてからベッドから出られずにいたからだ。
意を決して暗いうちに起きて、朝食をとり、家を出た。
空が徐々に明るくなり始める。
空気も澄んでいる。

家から海に向かって歩くこと15分。
朝日を浴びた歓会門を抜けて、ビーチへ向かう。
ウォーキングをしている人もちらほらいる。
澄みきった大気を胸いっぱいに吸い込んで歩いていると、
ビーチに向かう十数人の一団がいた。

なんだろう?
よく見ると、その一団の中心にいるのは、ベイスターズのラミレス監督だった。
毎朝、ファンの人たちと一緒に朝ウォーキングをしている、と後で知った。
素晴らしいファンサービス。
ラミちゃん、と親しまれる監督の人柄を感じさせる朝のひとときだった。

c0193396_09550978.jpg

c0193396_09552202.jpg








[PR]

by mahalohilo | 2018-02-08 09:55 | 沖縄 | Trackback | Comments(0)  

伊藤銀次さんとマハロな音楽


c0193396_15212495.jpg

全国的な寒波の中、沖縄もその例外ではなく、
このところ毎日寒ーい日が続いています。
今日も現在13℃。昨日よりは1℃高いとはいっても正直寒い!
これじゃ泳ぎにも行けないし。
海浜公園にでもウォーキングしがてら、ベイスターズでも見に行こうかと思ってます。



週刊レキオ「マハロな音楽」の2/1号を転載します。
県外の方もご覧ください。

今回出ていただいたのは、ジャパニーズポップスのレジェンド伊藤銀次さん。

東京に住んでいる頃は、取材でお会いしたり、出張でグアムにご一緒させていただいたり…。
よくお会いしていたのですが、本当に久しぶりの再会でした。

以前、このブログでも取材時のことを書いたけれど、
積もる話がたくさんあって、ふと気づいたら2時間以上話していたという(笑)。
とても楽しい時間でした。

取材場所は、東京・渋谷のカフェで。
デビュー45周年のアニヴァーサリーアルバム『MAGIC TIME』についてお話をうかがいました。

c0193396_15205822.jpg











[PR]

by mahalohilo | 2018-02-06 15:21 | マハロな音楽 | Trackback | Comments(0)  

tidanomiyukiライブ@桜坂劇場

c0193396_18163668.jpeg

桜坂劇場に、tidanomiyukiさんのライブを観に行った。
穏やかな歌声と、控えめなバンドサウンドがとても心地よい空間を作っていました。
歌とイメージが重なる映像が加わることで、より歌の世界が広がっていく感じも素敵でした。
これからの彼女のライブスタイルに新たな1ページを開いたように思います。
次のライブが楽しみになったライブでした。






[PR]

by mahalohilo | 2018-02-05 16:04 | music | Trackback | Comments(0)